10/13 G∀LMET Presents Metal Diva Festival 2012 <東京の陣>@吉祥寺club SEATA(HEAD PHONES PRESIDENT編)

| EDIT

順番は違うけど、次はHEAD PHONES PRESIDENT(HPP)の感想を書く。
新宿タワレコのアコースティックライブは数ヶ月前に見たけど、HPPのライブハウスでのライブはもう一年以上ぶりかな。
正直、出演バンドの中で一番楽しみにしてました。

○HEAD PHONES PRESIDENT
Set List: 1.Stand In The World 2.My Name Is 3.Rise And Shine 4.Enter The Sky 5.Labyrinth 6.Where Are You
※頭譜音(HPPファンサイト)参照しました。ありがとうございます。

冒頭、ANZAさんの、吉祥寺〜!これからみんなで盛り上がってGALMETに繋げるぞー的なMCにビビった(笑)。
昔のANZAさんと言えば、ライブの最初から最後までMC無しがほとんどだったし、あったとしても最後にちょっと喋ったりとかそういう感じだったのに、今は全然喋るよね(笑)。
でも良い意味でカラッとしてて気持ちがストレートに伝わるし、今の方が良いかもね。


そしてその後の展開は怒濤のANZAワールド!!HPPクオリティ!!

メンバー全員女子のギャルバンももちろん魅力的だけど、やっぱり男性にしか出せない迫力の演奏とANZAさんの魂のこもった圧倒的な歌唱力にはただただひれ伏すしかない。
初めて見た人は心底ビビったと思う。ちなみにHPPの楽器隊のカッコ良さ、男前さだけで、あと400字以上書けると思う(笑)。

そしてANZAさんは叩き付けるように、荒々しく、そして艶やかに、時にはちゃめっけも出しつつ、ステージ狭しと激しく歌い踊ったかと思うと、曲終わりには静かにステージのライティングの位置も計算に入れてピタッとした決めポーズを決めてみせる。

(冗談ではなく一流の俳優さんは、カメラ前やステージで、一センチ単位の狂いもなく足下も見ずにピタッとした立ち位置を決める事が出来る。一流のミュージカル女優でもあるANZAさんなら雑作もない事)

表情や体で全ての感情を表現し、お客さんの目と耳を含む全ての五感を鷲掴みにするANZAさんはやっぱり凄すぎると思う。

技術的な事を言いたいのではなくて、ANZAさんのライブはただただ魂にびんびん伝わる、ちょっと普通じゃない、いわゆるラウドロックに興味がない人にも感動を与えるに違いないライブだと思っている。

ただ、そんないっけん敷居の高そうなライブも、ANZAさんの気さくなMCで随分親しみやすい、普通のロックファンやギャルバンファンにも受け入れやすいものになったのかもしれない。

ただただ素晴らしい感動のHPPのライブでした。
たぶん一ミリもその素晴らしさを伝える事の出来ない自分の文章力が残念すぎる。

ひたすら一度見てみろとしかいいようのない、逆にこれから初めて見る人があの衝撃を味わえるのかと思うと羨ましくもある、そんなライブでした。
もうとっくにHPPのライブだけでチケット代の元は取れてしまっているんだよね(笑)。
堪能しました!☆


続きはまた後日…

スポンサーサイト

COMMENT

POST COMMENT


TRACKBACK

TRACKBACK URL

↑
<!-- [FC2 Analyzer] -->
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。