1/23 HMV presents IRON ANGEL LIVE(2日目)@吉祥寺CLUB SEATA(感想その一)

| EDIT

HMV presents IRON ANGEL LIVE
[Sun]
ALDIOUS  exist†trace  Wistaria  Los Child  ANCIENT MYTH  GUARDIAN HACKER  RAMPANT 
OPEN/START 16:00/16:30

●二日目。ゆっくり飯食ってたら到着が遅くなって、最初の数分間見れなかった…

●Wistaria
見るのは二回目。黒い衣装でアダルトな雰囲気を醸し出してるけど、なんか初々しい感じのバンド。色んな意味でゆるくて隙がある感じ。まあ、そういう隙があるバンドってファンが付きやすいし、それはそれで良いんじゃないかな。
ベーシストが病欠とのことで(長期離脱だが残りのメンバーでライブは続けるとのこと)、それが理由かどうか知らないけど、曲数は少なめ。
いろいろ大変そうだけど、頑張っていただきたいですね☆

●Los Child
急遽活動停止により出演がキャンセルされたe:choに代わって、ピンチヒッターで出演が決まったLos Child。
前からファンだった自分にとっては願ったり叶ったりで、出演はめちゃ嬉しかった☆

二日前のブログでも、期待を込めて、イベント二日目の出演バンドの本命にさせていただきました。
が、正直、知名度も他のバンドに比べたら低い方かもしれない…

しかしですよ!まさか、こんな期待以上のパフォーマンスを演じてくれるとは!!

正直二日間のイベントを通しての(俺的)MVP、勇者とも言える働きをしたと思います!☆

この日初めてライブを見たお客さんにもLos Childの名は深く刻まれた事でしょう。
事実、ライブ後、音源も飛ぶように売れていたようです。

さてさて、Los Childは当イベントで何をしたのか。

●当イベントで唯一のモッシュ発生!!

前日、1/22のイベントでもモッシュは発生しませんでした。
別に盛り上がってなかった訳じゃ無いですよ。
ただ、ある意味、この時期もしくはこういうイベントでのモッシュは起こりにくいものなのです。

理由は幾つかあります。
1.冬はモッシュが発生しにくい。
寒い時期はみんな体を動かしたくない(or動かない)のです(笑)。
2.メタル系のイベントではモッシュよりヘドバン。
これもほぼお決まりみたいです。
3.アイドル的な人気のバンドが出演していて、なおかつ満員の場合、モッシュは起こりにくい。
バンドをじっくり見たい&前列を確保したファンがそこから動いてくれない。

●さて、Los Childのボーカル亜衣子さん、一曲目か二曲目終わりのMCでこう言いました。
「皆さん、私はモッシュが見たいんですよ。(満員の会場を見て)ここにぎゅうぎゅうになりに来たんじゃないよね?満員電車じゃないんだから。(モッシュを起こす)元気あるよね!」
的なMCがあって、激しい次の曲に入ります。

モッシュじゃなくてヘドバンで消化されそうな雰囲気もあったけど、前の方にいた女性グループ(たぶんお客さんとして見に来てたギャルバンのメンバーじゃないかな?)が、モッシュスタート!(ある意味この人たちもMVP)

この時にそれに続けとばかり、ガーッ!てモッシュが始まりました。
気がつけばその中に自分もいましたね(笑)。

もう一度言うけど、メタル系のイベントでモッシュはほんと珍しいです。いやあ、でも気持ちよかったなあ☆

●Los Childを当イベントのMVPに推したい理由がもう一つあります。

「ボーカル亜衣子さんが、上半身ゴールドのビキニの水着で登場!★」

(正確には薄いベストみたいなのを羽織り、腕にカバーみたいなの(アームカバーでいいのかな?)は着けていたが)

亜衣子さん、スタイルめっちゃええわ!☆



勇者でしょ?MVPっしょ?(結局そっち系の理由なのか…笑)

もちろん表現力豊かなボーカル、ヘヴィでいかついバンドプレイも最高でした!!

Los Childありがとう!ありがとうLos Child!(←ただの倒置法やん!笑)

●もちろん、モッシュが起こったからバンドとして上とか、起こらなかったからバンドとして下とかは思ってないですよ。
ただその勇気とか、イベントを盛り上げたいっていう心意気は買いたいじゃないですか!☆

●現にこの後に出て来るバンドも、皆素晴らしかったです!!

いやあ、ほんといいイベントだった…

●ではその感想の続きは明日にでも★
ではでは!!


 

スポンサーサイト

COMMENT

POST COMMENT


TRACKBACK

TRACKBACK URL

↑
<!-- [FC2 Analyzer] -->
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。