11/5 Unlucky Morpheus@大塚RED-ZONE

| EDIT

東方ライブイベント『冬の味覚食べ歩き2010→2011』 ACT1:200名限定・2周年記念ライブ~Limited Zone~
開催日時 2010年11月05日(OPEN 18:00 / START 19:00)
大塚RED-ZONE

【出演】
猫吟希少(O.A)
Icarus'cry
Unlucky Morpheus

●「Unlucky Morpheus(以下あんきも)が満を持して開催する二度目のライブにして、三ヶ月連続ライブイベントの第一回! 」という事で、200名限定のチケットをゲットし、いざ、大塚レッドゾーンへ!
ちなみにチケットは一週間くらいでソールドアウト。危ない、危ない( ̄◇ ̄;)

● 大塚レッドゾーンに200人も入ってるの初めて見た(笑)。ていうか200人良く入れたなと。
HP見たら、200から300入れるって書いてたけど、いやいや200でかなりパンパンでしたよ(笑)。あそこに300はちょっときついんじゃないかな。

●猫吟希少(O.A)
謎のユニットだけど、結局、あんきもの変名ユニットっていう事で良いのかな?
ボーカルフッキーはこの時は髪型はストレートの金髪ショート、白っぽい長袖を着ていたのを覚えている。
楽曲はあんきもの新譜、「猫吟鬼嘯 [ びょうぎんきしょう ]
」から…って事で良いのかな?(違ったらごめん)

という事で最初っから、かなりの盛り上がりでした!

ところで前にも書いたけど、ラブリー(LIGHT BRINGER)やあんきもの現場って、メタルの現場にも関わらず、ヘドバンがほとんど起こらない。圧縮もモッシュもほとんどないよね。
終始右手を振り上げるだけ。何かね、普段ネットで音楽や動画を楽しんでらっしゃる今時のお客さんだなって感じ。年齢は若いし、あと、ヤジは上手(笑)。基本的にお行儀が良い人たち。ただ歓声とかは凄かったし、めちゃ盛り上がったけどね。

● Icarus'cry
Unlucky Morpheus(あんきも)、Icarus'cry(いくら)、あと、Undead Corporation(あんこう)は、いずれも平野幸村氏(バンドではギター担当)が中心にアレンジに携わっている、東方Pのメタルアレンジの姉妹ユニットになる訳ですが(違いはボーカルやバンドメンバーの違い。あと、あんきもといくらはメロスピ色が強くて、あんこうはメロデス系ですね)、いくらは今回が初ライブ。出だしをミスるというチョンボがありつつも、初ライブとは思えないなかなかの良いライブだったんじゃないかな。
俺が男性ボーカリストと東方Pの世界観にもう少し関心があれば、もっと入り込めたのかも知れないけど、まあ普通に楽しかったです☆

●Unlucky Morpheus
今回の主役(再び)登場!!
という事で、別にその前のいくらと比べてどうこうという訳じゃないけど、やっぱりフッキーじゃなかった天外冬黄さんのボーカルの迫力と表現力、あとバンドの音が粒立っているというか立体的というか、やっぱりなんか圧倒的だった。
天外冬黄氏は今度はふわっとしたパーマの金髪に、アリスのコスプレで登場!!
「みんな、私たち(=あんきも)を観にきたんだよね!… Icarus'cryゴメンね!(笑)」みたいな、相変わらずのツンデレMCでお客さんを楽しませておりました。
アンコールも入れて5~6曲やったのかな?個人的にはもう一曲くらい聴きたかったかな(まあ、猫吟希少を入れたらかなりの曲数やってる訳だが。笑)。
いや、それだけ、もっともっと聴きたかったって事ね。ほんと素晴らしかったです。
自分はどっちかというとメタルでもデス系が好きなんだけど、それでもメロスピ系の音楽性で、これだけ素晴らしいものを見せてくれたら言う事ないです。また是非是非あんきも観に行きたいと思います。ていうか、次回のチケットももう買っちゃいましたf^_^;)
次回はもうちょっと前の方で見れるかな☆

●帰りの物版では休憩中に流れてたメロデス系のあんこうのCDを購入(笑)。

という事で、ああ、楽しかった!(^○^)

スポンサーサイト

COMMENT

POST COMMENT


TRACKBACK

TRACKBACK URL

↑
<!-- [FC2 Analyzer] -->