Gacharic Spin(6/11@タワレコ秋葉原店イベント、6/26@六本木morph)

| EDIT

■2010年06月11日@タワーレコード秋葉原店(店内特設会場)

DVD「ゼッタイ弾ける!スラップ・ベース超入門」FチョッパーKOGA ベース・クリニック & Gacharic Spin 2nd single 「ハンティングサマー」CD発売記念トークショー
19:00~

●前半30分が、KOGAちゃんのベース実演付きのベース・クリニックコーナー、後半がGacharic Spin(以下ガチャピン)メンバーによるトークショー。
ベースクリニックはこの前渋谷のイケベ楽器でやった時と同じような内容。
DVDの発売元のアトス・インターナショナルの男性スタッフがMC役で、KOGAちゃんもスタッフさんももうすっかり喋りがこなれてましたね(笑)。
この前半と後半も含めてKOGAちゃんがまあ喋ること喋ること。60分間の中の40分はKOGAちゃんが喋っていた印象有り(笑)。
前半の最後にDVDにも出演しているガチャピンのドラムのはなさんが登場。
DVDの撮影裏話とかを話してました。はなさんもお喋りは結構上手だよなあと思いましたね。

●後半は、ボーカルArmmy、ギターTOMO-ZOを加えてのガチャピンメンバートークショー。
物凄い密度で喋りまくってたんで(主にKOGAちゃん。笑)、内容は全然思い出せないんだけど、尊敬する(影響を受けた)ミュージシャンは?という質問に、KOGAちゃんはKISSと共演したい(前も言ってましたね)、あと、レッチリのフリーのベースが好きだって言ってましたね。
はなさんがPANTERA、で、スマイレージとももいろクローバー(笑。TOMO-ZOが言ってたんだっけ?で二人で取り合いになってた気がする)。
で、Armmyがマドンナとレディー・ガガとルー大柴(笑)。ルー大柴は神って言ってましたね(笑)。

●で、サイン会&握手会&撮影会。今回も冗談抜きに50人以上集まってたかな?DVDもCDもバンバン売れておりましたね。

メンバーとのお喋りはなんかうまく行かなかったという事だけ覚えてる。なんかすいませんという感じで(笑)。
ファン層はねえ、なんかアダルト層が多かった感じ(笑)。あんまり普段ライブハウスとかに来そうな感じがしない人が多かった気がする…(スーツ姿が多かったからそう思っただけかな?)あと若い女性も結構いましたね。たまたま通りがかって、興味を持ってその場で買ったって人もチラホラいたみたいです。うむ、やっぱりイベントって大事だよなあ~。

全体を通したイベントの感想は、なんかガチャピン、勢いあるな、キテるなって感じがしましたね(笑)。とにかくとても楽しいイベントでした☆

×  ×  ×

■6/26 Gacharic Spin@六本木morph tokyo

2010/6/26(土)@六本木morph tokyo
~Elephant Girl New Single Release Party!!~
『epop-making』
出 演 :Elephant Girl/幸美AMP/Gacharic Spin/AZURE/MUSIQUA/free mi color
OPEN/16:30 START/17:00

●久々にライブレポ書くわよ!SEXY~!!Fu~~☆☆(早速Armmy口調で。笑)

●6/11のタワーレコード秋葉原店のイベントや、その前の2月の渋谷イケベ楽器でのチョッパー単独のベースクリニックのイベントで、「今度ライブにも遊びに行くんで」とチョッパーやメンバーに言っていたにも関わらず、全然行けてなかったもんで、じゃあ、久々に行ってみるかと、六本木morphまで足を運んでみました。

ちなみに、ガチャピンのライブは結成間もない頃の、去年10月の原宿アストロホールのファーストワンマンライブ以来(まだギターがEITAさんだったころ)。
ずいぶん間が空いてしまったのはそれなりに訳がありまして…まあ、それは後で書きますね。

●今回、ガチャピンは意外にもイベントの二番目で登場!
もしのんびり遅れて行ってたら見れなかったなあ。危ない危ない(笑)。

●はい、ということで、この日、自分的にはまた新たに素晴しい、そして大好きなバンドを発見してしまいました!
そのバンドの名は…Gacharic Spin!(←いや、話の流れ的にはそうだろうけど、え、今更?笑)

いや、今までも嫌いだった訳ではないし、前バンドの頃からチョッパーもはなさんも応援していた事は間違いないんだけど…今現在、自分がめちゃくちゃ大好きなバンドが五つあるとして(その五つが何かは勝手に想像して下さいな。笑)、まあそこまでには行っていなかったというか…

いや、あのねえ、去年の10月に見たときより、格段に進歩してた!!!

特に、「あ、この人、確変したなあ」と思ったのは…ボーカルArmmy。

すいません、もうこの際なんでぶっちゃけますけど…正直ですねえ、Armmyのボーカルは今までちょっと苦手でした。
声質と言うか、ちょっと引いた感じの歌い方と言うかなんというか…良い悪いじゃなくて、ちょっと好みじゃなかったんです。

…声質自体はもちろん大幅に変わる事はないんですけど、ただ、良い意味でズケズケと前に出てくる感じになりましたね。ちなみに自分はそういう歌い手さんが基本的に好きです。

お客さんを引き込もうとするんじゃなくて、押し出しが強い感じ。正直、ガチャピンの音楽性からするとこっちのが合ってるし、そしてもしかしたら、ガチャピンの音楽のほとんどを作っているドラムのはなさんが良い意味でArmmyの個性を活かした曲作りをやってるのかも知れないですね。

で、歌い方もそうですが、ステージに向かう姿勢とか、キャラの出し方とか、お客さんとの絡みとか、Armmy自身がめちゃ努力したんだなというのを物凄く感じました。

もちろんその方向性が自分の好みとずれてたらアレなんですけどね。とりあえず、言いましょうか?
Armmyのキャラですが、私、今までいろんな女性ボーカルバンドをそれなりに見てますけど、正直言いますけど、ぶっちぎりのバカですよね?(笑)。

あ、バカっていうのは知識が足りないとかのそっちのバカじゃなくて…こんなに中身のない事ばっかり喋ってる人って、高田純次以来ですよね?(笑)
「六本木SEXY~!!」、「二回目の六本木morph。二回目だけにモフモフよ~!Fu~!」
(正直、ヒドい、ヒド過ぎるよね。笑)
とりあえず、レイザーラモンHGがほとんどテレビに出なくなった昨今、「Fu~!」の正しい継承者がこのバンドにいましたよ!(笑)
共通点としては、ちゃんと露出の高い服を着て、プロポーションもトレーニングかなにかでちゃんと維持している感じ?その辺もエロキャラ担当として非常に頑張ってると思います。

タレントの杉本彩がエロを語る時って、うんちくが欠かせないじゃないですか。
うんちくなしでただSEXY~!Fu~!を連呼するだけのエロキャラってある意味凄くないですか?(笑)、

そういう突き抜けてる人が自分は大好きだし、そういう芸人さんが大好きなんですよね(ん?芸人?笑)。

…いや、褒めてないように見えるかも知れないけど、めちゃくちゃ褒めてます。絶賛と取っていただいて結構ですよ☆

●そう、良い意味で、ガチャピンってメンバー全員がはっちゃけているというか、ライブ自体が良い意味でのバカ騒ぎなんですよね。お祭り騒ぎと言うか(笑)。

世の中の大多数のバンドさんが、良い子ちゃんか、極端にワルぶった感じか、カッコつけたり、かわいこぶったり、しっとりした感じやさわやかな感じを一生懸命にやろうとしてる中、この前の日本VSデンマーク戦の時の日本サポーターの騒ぎ方にも似たあのアッパーな感じ?(笑)
ギャルバンとしての派手さと華やかさに加えて、開き直ったバカカッコ良さがこのバンドの魅力だと思います。

曲の途中で、チョッパーのベースやTOMO-ZOの海賊帽や、メンバーのコスチュームが電飾でピカピカ光るんですよ。スゴいよね、この無駄な派手さ(←いや、だから褒めてるんだって!笑)。

でもやっぱりね、これくらいの狂ったような元気さ、派手さが今の世の中に必要なんじゃないかな?
少なくとも、自分はこのバンド(そのしてこのバンドのリーダーKOGAちゃん)の本気っぷりに拍手を差し上げたいですね。

●でね、これで音楽性の部分でそれを支えられなかったらむしろ逆に自分が嫌いなタイプのバンドになるんですけど(そして、結成当初のガチャピンのライブをみて、弱冠不安に感じていた部分)、曲自体も以前より作り込んでると言うか、非常に良くなってるんだよね。で、KOGAちゃんの超絶ベースプレイに、はなさんのパワフルなドラムでしょ?(TOMO-ZOのギターも意外と悪くない)で、さっき言ったArmmyの振り切れたセクシーキャラっぷり(笑)。
チョッパーの言う、「ギャルバンの中で一番になりたい」という姿勢が貫かれてて、見てて非常に気持ちがいいですね。

●だからこその「(自分の中の)大好きなバンド」への昇格。
ガチャピンの今後にがぜん興味が沸いて来たし、そして、ライブも積極的に見に行こうと思います。

●あ、ちなみに、彼女たち、7/4のNHKの番組「ミュージックジャパン」に登場するのでそちらもお楽しみに!(NHKのプロデューサーがたまたまYouTubeで彼女たちの演奏をみて、出演が決まったんだってさ!インディーズバンドにしては快挙だよね!)

●10月には今回の会場六本木morphで、ワンマン2デイズも決まっていて(他に予定がなければ是非見に行きたい!)勢いが止まらない感じですね。

教則DVDを大ヒットさせ、NHKへの出演も決まり、ライブでもガンガンファンを増やしているKOGAちゃん率いるガチャピンは、本当に今年の注目株だと思います。

サッカー日本代表の本田選手じゃないけど、今年のKOGAちゃんは「(何か運のようなものを)持っている」人だと思う。ちょっとその持っているものにあやかりたいなと思う所存でございます(笑)。

●ガチャピン以外のバンド
◇free mi color~男性キーボードと女性ボーカルのテクノポップユニットかな?
ネットで試聴した時は、もうちょっとクラブ系寄りというか、テクノポップ好きをおっ、と思わせるようないい感じの音源だなと思ってたんだけど、ライブという形で見ると、もうちょっとアイドル系に寄っていたかな?まあボーカルの子も可愛らしかったし、音源が気に入った人は、一度チェックしてみても良いんじゃないかしら。

◇AZURE
六本木morphって今まで5回くらい来てるんだけど、そのうちの3回くらいこの人たちを見てる(笑)。
ここも男性キーボードと女性ボーカルのポップス系のユニットなんだけど、いつのまにか、サポートだか正式メンバーだか分からないけど、イケメンヴァイオリニストが加わっていたので驚いた(笑)。出番は少なめだったけど、この人のヴァイオリンプレイは結構嫌いではなかったです。
そしてボーカルJURIさんはとても可愛らしい人だと思います☆
今までのアイドルっぽいコスチューム&ヘアスタイルからちょっと落ち着いた感じに変わってましたね。

で、別に悪いバンドじゃないし、ボーカルも魅力的だし、頑張って欲しいなと思ってる割に、今まであんまり気にしてなかったんですけど(笑)、今回やってたカバー曲、ブラックビスケッツの「タイミング」はなかなか良かったなあと思いました☆

◇幸美AMP
~1~2回見た事あるかな?健康的で爽やかなギターロックやギターポップ好きで、ちょっと大人っぽいキレイ目の女性ギターボーカル好きにはバッチリはまるバンドだと思います。なんだかんだいって、こういう堅実なバンドが長く生き残っていくのかもしれないですよね。

●諸事情により、その次のバンドの途中くらいで、帰りましたとさ。
ガチャピンは物販席で、KOGAちゃん(あとTOMO-ZO)とちょっと絡めたので、まあ、自分的には満足(笑)。
はなさんに挨拶だけでもしときたかったかな?Armmyは今回のライブでファンになったので、次回はちょっと長めに絡んでみたいなあと思いました(笑)。

以上!☆

スポンサーサイト

COMMENT

POST COMMENT


TRACKBACK

TRACKBACK URL

↑
<!-- [FC2 Analyzer] -->