3/13&20 LIGHT BRINGER@音龍門(日本テレビ系)DRAGON PUSH ARTISTコーナー(第二回目&三回目)

| EDIT

●日本テレビ系の深夜の音楽番組「音龍門」にて、3/6放送分に引き続き、LIGHT BRINGERが、DRAGON PUSH ARTISTのコーナーに登場。
新世代の注目の嬢メタルバンド(=女性ボーカルメタルバンド)として三週に渡って紹介されているのですが、その第二回目(3/13)と第三回目(3/20)の感想を書かせていただきます☆(だいぶ遅くなりましたが。笑)。

●第二回目(3/13)~メンバー個人の紹介。
キーボードMao(最年少。コンピューター音楽等を学ぶ音大生生活の傍らにバンド活動)
ギターSeiya(ダンス教室の先生)
ボーカルFuki(紅一点のフロントウーマンながらバンドのまとめ役。バンドのヴィジュアルのディレクション(CDジャケット、グッズ、HP、衣装デザイン等)をほぼ全て自分でやっている!!)

プロのデザイナーとの交渉やCDプレス会社への細かい発注のメールなども全部自分でやっているとFukiさん。
Fuki「こういう仕様でこういうインク使って、こういうモノをセットにしてパッケージ込みで送料込みで『いくらか見積もりお願いします』って言うのもメールするところから全部ですね」
(笑)

番組内では「ビジネスウーマン」的な紹介をされていたけど、これ見て思ったのは、やっぱいわゆるアニメの同人系の活動をやっている人のスタイルだよなと(←これは邪推でもなんでもなくて、実際、Fukiさんはそっち系の活動もやっている人←ていうか、LIGHT BRINGERのバンド活動自体が、広い意味で、その延長線上にあるようです)。

インタビューもなんかめちゃくちゃ頭が良さそうな受け答えで(学校の勉強ができるとかのたぐいじゃなくて、頭の回転が速そう)、これでお歌もお上手でルックスもよろしい(絶世の美女!ではなくちょっと庶民的なところも個人的にツボ)という事で、どんだけやねん!という感想を拭えません☆(笑)。

プロフィールを見ると、Fukiさんは双子座…ああ、自分も双子座ですけど、「デキる方の双子座」ですね(自分は「ちゃらんぽらんな方の双子座」なんで…笑)。
という事で、Fukiさん、ええわあ~という感想しか出てきません(笑)。以上が第二回目の感想。

●第三回目(3/13)~既存の枠にハマらないレコーディングスタイル
ライブハウスではライブ感の強いライブバンドなスタイルにも関わらず、レコーディングはメンバー各自が自宅で録音(宅録)し、その音源のデジタルデータをメールやインターネットでやりとりし、音源を重ねていって最後にスタジオでボーカルの声を乗っけて最終調整をするというスタイル。
じっくり作れるし、各自が自分のペースで出来るので、メンバーのライフスタイルにも合ってるとの事(プロのレコーディングエンジニアから見ても、今までにないスタイルで、そしてクオリティーにもまったく問題はないとの発言あり)。

そしてバンドのもう一つの顔、LIGHT BRINGERメンバーによるアニメソングをカバーするプロジェクトバンド「らぶり~」の紹介(自分もこの前観に行った、先日2/28の渋谷サイクロンでのライブ映像もあり)。

既存の枠に捕らわれない部分に反発される方もいるかもしれませんが、色んなジャンルからいいところを吸収して、それをLIGHT BRINGERとして発信する。バンドとして芯がぶれているように思われる方もいらっしゃるかも知れませんがそんな事は全然ないですと堂々と発言するFukiさん。

いや、これで出来上がった物がブレブレだったらお話しにならないんだけど(笑)、(少なくとも自分は)ライブも良かったし、音源を聴いてもちょっと今までの既存の物と違って面白いなあと思ってるので、やっぱりちょっとこれからも注目せざるを得ないんだよなあ~。

という事で、新しい物好き&(ベーシックな部分をきっちり押さえつつも)ジャンルの枠を超えているバンド好きな自分のツボを刺激し続けているLIGHT BRINGER。次のライブも是非、楽しみにしております☆
(ちなみに「音龍門」の番組のダイジェストは番組HPで見れる筈)

以上、番組の感想でした!☆

スポンサーサイト

COMMENT

POST COMMENT


TRACKBACK

TRACKBACK URL

↑
<!-- [FC2 Analyzer] -->
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。