12/9 かとう唯@新馬場六行会ホール(ミュージカル座「スペリング・ビー」)

| EDIT

ミュージカル座「スペリング・ビー」
(以下HPより抜粋)
■トニー賞受賞作品 ブロードウェイ・ミュージカル「スペリング・ビー」上演決定!
アメリカではおなじみの、英単語の綴りを正確に言い当てる大会“SPELLING BEE(スペリング・ビー)”。全米から小・中学生が参加して行われ、全国大会ではなんとテレビ中継もされてしまうほど。このスペリング・ビーの地方大会をテーマにし、2004年にオフ・ブロードウェイ初演、翌年にはブロードウェイへ進出。さらにその年の演劇界で権威ある賞“トニー賞”の2005年度・6部門にノミネートされ、最優秀脚本賞&助演男優賞を受賞した。
【ストーリー】 舞台は架空の地パットナム郡の体育館で開催される、英単語のスペルをつづる「スペリング・ビー」大会。この大会に優勝してワシントンの全国大会を目指す出場者たち。出場者は昨年の優勝者のチップ、ゲイの夫婦に育てられた最年少出場者のシュワージー、脚でスペルを浮かび上がらせる“マジック・フット”の持ち主のバーフェイ、昨年の全国大会で優秀な成績を修めた転校生マーシー、いつも孤独で辞書だけが友達のオリーブ、繰り上がり当選で夢が叶ったコニーベアーの母親は安全ヘルメットをかぶらせて送り出した。6人の個性的な子供たちは極度の緊張のなか、大会に挑んでいく。そして彼らを見守るのは、毎年司会を務める不動産業を営むロナ。出題者で痛風持ちのパンチ副校長。敗退したこどもたちを慰めるカウンセラーのミッチー。果たして一位の座は誰が勝ち取るのか!?そして彼らが本当に手にするものとは!?
 
◯元平成琴姫かとう唯主演ミュージカル「スペリング・ビー」@新馬場六行会ホール。
子供の頃にミュージカル出演経験があるとはいえ、アイドル活動でブランクがありつつも、オーディションで見事に掴んだ主役を堂々と務めあげてた。
観客参加型の楽しい舞台。
今回少女役だったが次は大人の女性役も是非見たい♪
◯ステージ後も、ロビーでお客さんと歓談する唯さん。自分もちょろっとだけ喋れましたね。
ファン一同との記念写真もどこかにUPされてるのかな。
次回のミュージカル出演もも楽しみにしてます!

スポンサーサイト

COMMENT

POST COMMENT


TRACKBACK

TRACKBACK URL

↑
<!-- [FC2 Analyzer] -->
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。