ライブDVD「ピストルバルブ EARLY YEARS!」感想(ライブ編:その3)

| EDIT

「あたいのバリでスカッとけ、オラ!」
ヨーコBrooklyn「バリスカ」
(バリ=バリトンサックス)

「あたいのアルでスカッとけ、オラ!」
cotton「アルスカ」
(アル=アルトサックス)

「あたいのテナでスカッとけ、オラ!」
アンドー!「テナスカ」
(テナ=テナーサックス)

「あたいのユーでスカッとけ、オラ!」
とみぃ「ユースカ」
(ユー=ユーフォニウム)

「あたいのヴァイでスカッとけ、オラ!」
ジェニ7000「ヴァイスカ」
(ヴァイ=ヴァイオリン)

「あたいのトロでスカッとけ、オラ!」
ラム・アスカ「トロスカ」
(トロ=トロンボーン)

「あたいのバルでスカッとけ、オラ!」
コリーナ「バルスカ」
(バル=バルブトロンボーン)

「あたいのトラでスカッとけ、オラ!」
M-chan「トラスカ」
(トラ=トランペット)

「あたいのターンでスカッとけ、オラ!」
DJリリア「タンスカ」
(ターン=ターンテーブル)


ということで「ブロスカ」のkei-chanです。
(ブロ=ブログ→楽器ちゃうやん!)


え?Misatyがいないって?

Misatyは自分の事を「あたい」なんて言いません!(笑)


(…分かってます。もちろんMisatyも「トラスカ」ですね)

さて、悪ふざけも終わったところで、DVDの感想(ライブ編その3)です!

(激しくネタバレしてます。ご注意ください!)



■ 10.Fo-Fo
さてライブで盛り上がる曲の筆頭と言えばこの曲、「Fo-Fo」。

前にも書いた事があるんですが、ピスバルのストリートとか、ミニライブとかを見に行った時に、セットリストに「Fo-Fo」があるなしで、個人的にはかなりテンションが変わります。ライブで聴くと楽しい曲の一位と言ってもいいんじゃないでしょうか。

このDVDのライブの時の、「Fo-Fo」、もちろん、アンドー!さんの魅力爆発で、とても素晴らしいのですが…

結構、このライブの時の「Fo-Fo」(ていうかアンドー!さん)、
いつもより、力強くてクールな「Fo-Fo」って感じしません?

あと、テンポがね、いつもより、ちょっと早いんですよ。
「Fo-Fo」に関しては、もうちょっとテンポ遅い方、タメがある方が良いですね。
ズッチャズッチャじゃなくて、ズンチャッ!ズンチャッ!な感じ。

あと、アンドー!さん自身が、もうちょっと力抜けてる方(もしくはやる気があまりない感じの方)が、個人的には好みです(笑)。

あと、このDVD、点滅する照明のせいもあるけど、「Are you nuts?」 の肩をすくめるポーズの映像が、あまりちゃんと押さえられてないんですよね。あれ、大事ですよね?
(ジェニさんのアップのそれが映るが、それだけじゃ物足りんですよ)
まあ、それはメンバーのせいではないんですが…

…ええ、「Fo-Fo」にはうるさいですよ、私(笑)。
だってほんとに好きな楽曲なもんで…

アンドー!さんの煽りを、嬉しそうに見ているcottonとか、いい画もあるんですけどね。
ちょっと、「Fo-Fo」マニアとしては、色々と言いたい事が出て来てしまいますね。

余談ですが、最近、iPodで一番リピートして聴いてるのも、CD版の「Fo-Fo」です。
CD版は、アンドー!さんの声がめっちゃ可愛いんですよね(笑)。
アンドー!ファンはたまらんと思いますよ。はい。

■ 11.The Best House
同DVDのインタビューコーナーで、メンバーが、一番見て欲しいと言っていた曲の上位がこの「The Best House」で、私も、思いっきりそれに同意します!
ホント、何回見てもいいです!知らない人に一ヶ所だけ見て貰うとしたら、やっぱりここでしょうね。

メンバー紹介の時のソロは大きな見所かつ、このDVDの中の大きな見せ場だと思います!
ソロプレイのあとの「The Best House!」の一言も、個性が出てていいですね。

ちなみに、熱狂的ジェニファンまさやんは、このDVDを実家でご家族と一緒に見たそうですが、この時のソロプレイも含めて、家族満場一致で「このアルトサックスの娘、うまいねー」と、cotton大絶賛だったとの事。

確かに、このDVDの中では、一番、演奏がブレずに安定していたのはcottonでしたね。
音色もcottonの尊敬するケニー・Gに似たまろやかな音が出ていたと思います。

あと、サポートメンバーのギターの男性が、あの永田“zelly”健志氏だと、このライブDVDを見て、初めて気付いた私…

永田“zelly”健志さん…そう、ピスバルのほとんどの楽曲の作曲や編曲をされているのがこの方ですね。
正直、ピスバルファンはこの人に足を向けて寝られないんじゃないでしょうか。
私、めちゃくちゃ尊敬しております!
ピスバル以外にも多くのアーティストの方に楽曲を提供したり、サポートや自らのバンドなどで数多くの音楽活動をされている方です。今度、ピスバル以外の人に提供している曲も聴いてみようかな。

■ 12.シッタコッチャネー
アンコール。「The Best House」に続いて、「シッタコッチャネー」と個人的に大好きな曲が続きます。
このライブの時の「シッタコッチャネー」はまだ新曲で、棚おろしして間もない時期というか、まだ演奏がこなれてない時期の演奏なんですよね。それがちょっと残念。生で聴くとめちゃくちゃかっこ良い曲なんですけどね。

■ 13.I will go
アンコール2曲目。ラップの部分が多い変わった感じの曲ですが、明るく元気が出る素直な感じの曲だと思います。会場と演奏者が一体になれる、アンコール向きの良い曲ですよね。もちろんこの時は私も会場で右手を大きく左右に振って、一緒に盛り上がりましたねえ~。

で、この曲の中に、cottonのソロパートがありますが、

悶絶する程かっこいいです!
そしてうまい!無茶苦茶しびれます!
cotton素敵~!!(〃▽〃)


で、演奏が終わり、最後に
アンドー!「Keep Real~ Bye!」
cotton「バイバイ!」
でライブ終了と、いうことになります。



あー、何回見ても、やっぱり面白いなあ、このDVD。

…ということで、DVD感想(ライブ編)は、以上です。いかがでしたでしょうか。

で、まだ、DVD感想(特典映像編)がありますね。それはまた明日以降で。

ではでは、おやすみなさいませ~。

スポンサーサイト

COMMENT

POST COMMENT


TRACKBACK

TRACKBACK URL

↑
<!-- [FC2 Analyzer] -->
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。