12/1 Gacharic Spin、フォーフォーリア at 新宿RUIDO K4

| EDIT

2013.12.01(sun) 新宿 RUIDO K4
「JUICY GIRLS Vol.5」 OPEN: 14:00 / START: 15:00
出演:Gacharic Spin / フォーフォーリア / HERe:NE /東木瞳 / リンクス / 合法幼女症候群 / O.A. ナマコプリ

IMG_1589.jpg

○Gacharic Spin主催 女子だけの出演者イベント JUICY GIRLS @新宿 RUIDO K4でした。クソ面白かったし楽しかったし感動的なイベントでした。ほんとお腹いっぱいです(^〇^)

○ナマコプリ
マコ・プリンシパルとナマコラブによる芸術家アイドルユニット「ナマコプリ」。
Gacharic Spin NEWアルバム『Delicious』のジャケットを手掛けたのがマコ・プリンシパルでその縁でこのイベントに出演したようです。

俺さあ、ナマコプリの二人は過去何回か見た事あるんだよね。
まずナマコラブさんは及川なまこ時代にデザインフェスタで最初に会ってる。
その時はなまこをモチーフにした小物を売ったり、なまこのキャラクターGIFアニメの上映とかしてた記憶がありますね。
そして『インディーズ・アイドル名鑑』のイベント(会場@btf)では、及川なまこ&マコ・プリンシバルで既にアイドル寄りの路線でなんかエロいコスプレしてたのを思い出す。
ほぼ今の活動スタイルだよね。コンビ名はこの後改めたんだろうか。

で、今回「お遊戯会」と言う名の彼女達のパフォーマンスをまともに見たのは初めてだったんだけど、いやあ、笑撃的だったね(笑)。

まず、♪A-ah~ナマコがトラブル~(SHAMPOOのTROUBLEの替え歌)とか、♪やめられない やめられない とまらない とまらない とまらない x 2 ナマコプリのタトゥー~(タトゥーの替え歌)を歌いながらのライブペインティング(でっかい画用紙に可愛い系のキャラクターを落書き)ね。
SHAMPOOやタトゥーの替え歌はテクノ仕様でテクノとして普通にカッコいい良い曲なんだよなあ。
この時書いたでっかい絵は後で物販で5千円で売ってた(笑)。アートなんで後々価値が出ると思いますって言ってましたね(笑)。

あとステージに設置されたモニターに映し出されたアニメ(彼女達が描いたイラストの絵を、スクロールやカット割りで動かしただけの、安っぽい脱力系のGIFアニメ)に彼女達がその場でアフレコやナレーションをする「活弁」とか、大いに笑わせて頂きました。

ピンク系のズラにエロっぽいミニスカサンタ姿で語尾にナマコプリ~と付けて喋ったり歌ってる彼女達を見てたら、なんか色んな事がどうでも良くなるよね(笑)。

彼女らの出番の時に物販席でそのパフォーマンスを見ていたガチャピンのメンバーもバカウケしてました。
いやあ、面白かったわ。
物販でも色々絡ませて貰い、過去に会った事があるって話をしたり、チェキを購入したりしました。
めちゃ楽しかった☆

○HERe:NE
見るのは二回目。仙台発ガールズ・ビジュアルバンド。マツコ・デラックス似のVo.和鬼子さんが中心のコミカル系のギャルバンで、前回はみんなでラジオ体操をやった記憶があるけど(笑)、今回も爆笑のステージ。

まず、転換中にステージのカーテンが開くと、何も置いていない空のステージ。
そこに楽器を持ったHERe:NEのメンバーがバタバタと入ってきて準備をし始める。
で、和鬼子さんも入ってきて一言。「転換中よ」(笑)。

和鬼子さんの説明によると、前日に秋田でワンマンを行ってから、今回のイベントの為にそのまま東京に直行。
で、ギリギリついさっき前に会場に着いたらしい。
なのでリハーサルもまだやってないとの事。

で、和鬼子さんの絶妙な解説付きで生でセッティングとリハーサルを見させられるお客達(笑)。

マイクテストでそれぞれの楽器パートの音量調整の後、和鬼子さん以外のメンバーがP.Aさんに「ボーカルマイク全部落としちゃっていいんで」(笑)
それを聞いた和鬼子さん「(呆然)…」

で、一度ステージから捌けてスタートとか。どこまでネタなんだ(笑)。

で、ライブ中には和鬼子さんから秋田土産のお菓子が配られたり、しゃもじが配られたり、タオル無い人用に希望者向けに貸しタオルが配られたりしました。銭湯か!(笑)
DSC_0047_201312032243281ae.jpg
これがその貸しタオル。 後で丁重にお返ししました(笑)。

ちなみに一曲目の曲名は秋田のワンマン用に作った「ナマハゲきりたんぽ」との事。
フリ付きで踊りました。終始笑い過ぎて腹痛かったです(笑)。また見たいっすね。ああ、面白かった♪

HERe:NEが終わって、一回転換中にKOGAちゃんのイベント進行のMCが入ったんだったかな。
和鬼子さんはああ見えてステージ裏ではすごく腰の低い良い人って言ってました。
で、みんなからおかんと呼ばれていると(笑)。
この後、物販席やラストのセッションでもおかん人気凄かったですね。いやあインパクト強かったなあ~。

○リンクス
今回のイベント唯一の正統派アイドルグループ枠。
明るく元気な楽曲を笑顔でキビキビ歌いながら踊る系。好きか嫌いかで言うと結構好きです。
若い娘達で初々しさも残しつつ、良い意味でプロっぽかったですね。
アイドルグループも今、全国に腐る程いると思うけど、ルックスも可愛い娘多いし、充分これから人気が出そうなパワーとポテンシャルがあると思います。頑張って欲しいですね★

○合法幼女症候群(合法ロリータシンドローム)
出た!アイドル界の異端児かつアイドル界とエモ&ハードコア界との架け橋。
今年一番の衝撃かつ、来年の一番の注目のアーティストだと思ってます。
見るのは二回目。前回見たときは、迷彩柄のジャケット系の衣装だったんだけど、今回はアイドルチックな可愛い系の衣装でしたね。
でも、ステージ上では相変わらずデス声全開で、ハードにお客さんを煽り立てるカッコいい系のパフォーマンス。
フロアはモッシュ、ウィンドミル、ダイブ、テコンドーモッシュ、ウォールオブデスで激しくお客さんが暴れ、そしてアイドル系ライブのケチャとか掛け声が入り混じる超カオス空間(笑)。

熱い!熱過ぎるよ!(笑)。
ていうかやっぱやってる楽曲とかパフォーマンスが格好良過ぎ★
だから逆にちょっとハマるとヤバいなと思って(充分ハマってるがw)、物販席にも近づいてません(笑)。
今後も大注目だと思う。
合法ロリータシンドローム、略してロリシン、一度ライブを見る事をお薦めします♪

○東木瞳
(サポートバンドメンバー~G:社 Ba:Fin Key:nao Dr:MARI)
去年ガチャピンが、前ボーカル脱退のピンチをサポートボーカルで乗り切った時に、サポートでお助けしたボーカリストの中の一人。

KOGAちゃんとはKOGAちゃんの前バンド(THE PINK☆PANDA)の頃からの知り合いで、去年のサポートボーカル以来、ガチャピンとの正式なタイバンは初めてだって言ってましたね。
ちなみに私は今回が見るのが初めて。まず、ルックスがタイプです(笑)。年齢も20代中盤くらい?気さくで壁がなさそうだし、まあ、学生時代とかモテただろうなあ~。

女性の等身大の恋心や恋愛観を女性らしい感性で歌うシンガーソングライター。関西出身なのね。
明るくて髪の毛ショートの可愛らしい系なんだけど、たまにステージ上でグッと色っぽい眼をするんだよね。
アレにやられたかも知れない(笑)。
歌も力が良い感じに抜けててフラットだけど、歌声はパキッとキレイに聴こえる感じで非常に好きです。

個人的には女性のソロシンガーに偏見があって、歌の世界観を押し付けてくる「ドヤ顔系」や、自己陶酔しきって歌う「陶酔系」とか多くないっすか?
その点バンド系ボーカリストは協調性があるというか、バランスのいい人が多いよなあって個人的に思っているのだが、東木さんはずっとバンドやってただけあってその辺が非常にいいなと。

物販では他のアーティストさんとのコンピ系のアルバムをまず買わせて頂きました。前にやってたバンドってなんてバンドですか?って聞いたらHONEY SACって言ってて、聞いた事あるわってなりましたね。
その時の対応も優しい感じで良かったなあ。シンガーソングライター系では珍しくファンになっちゃいました(笑)。今後ともよろしくお願いいたします★

○古賀美智生
転換中に現れたFチョッパーKOGA先生が演ずる衝撃的な新キャラクター。
全身ガチャグッズに黒ぶち眼鏡、猫背でボソボソ喋りながら、ガチャマンやガチャピンメンバーを弄り倒すガチャヲタキャラ。「タイバンさんも見てるしやりにくいよー」「帰りてえよー」とか言っててワロタ。
ガチャピンのファンクラブイベントとかにはこのキャラで何回か登場してるみたい。
ファンがメンバーを弄るのは良くあるけど、逆はあんまりないよね(笑)。
でもガチャピンはほんとメンバーとファンの間が近いしファンへの愛情が強いから、ちょっとドキッとするキャラ設定だけど、安心して笑って見てられる。
TOMO-ZOファンなのに浮気してたよねーみたいな感じで弄られていたガチャマン、嬉しそうだったよなー(笑)。
その古賀美智生が、タイバンのロリシンのRinaとリンクスのありちゃんがタイプと言ってたが、めっちゃ分かるわー(あれKOGAちゃんの本心でしょ?笑)
二人ともショートカットの快活そうな美少女だよなあ。
分かるわー。美智生と趣味被るわー(笑)。
って思いながら見てましたとさ☆

○フォーフォーリア
セットリスト
1.Valentine Jealousy
2.Struggle
3.Ride On
4.Hey!
5.With Bright Eyes
6.シングルベッド(シャ乱Qカヴァー)

前回厚木でやったイベント「JUICY GIRLS Vol.4」では、ガチャピンメンバーで元ユーフォーリアのメンバーでもあるTOMO-ZOとオレオレオナによる「ツーフォーリア」というユニットが結成され、ユーフォーリア時代の楽曲を二曲披露してた訳なんだけど、それが好評(?)だったのか、今回、他の元ユーフォーリアのメンバーにもお声がけをしたらしく、ドラムのSAWA2以外のメンバーが集結。
TOMO-ZO(TOMO2)とオレオレオナ(REONA)以外にSHOCO(Vo.)とAYAKA(Ba.)も集結し、ユーフォーリア5人中4人が集まって今回結成されたのが「フォーフォーリア」。

ちなみにドラムサポートはガチャピンのはなさんで、古賀美智生曰く、「5人中3人がガチャピンメンバーでしょ?ほとんどガチャピンじゃん!」(笑)。

4年ぶりの再結成だそうで、ボーカルSHOCOさんは緊張を隠せない様子。
そして何回も感極まってましたね。
自分は過去にユーフォーリアは二回程見ていて、その時はメンバーは可愛いし、カッコいいけど楽曲自体はどうかな的な感じで見てたんですけど、今回の再結成で楽曲も悪くないし、バンドも良い感じで、ああ、ちゃんと見てなくてすいませんって思いましたね(笑)。

余談だけど、ユーフォーリアって一時期結構人気あったし、メジャーデビューしてドラマの主題歌歌ったり、歌番組にも出てたりしてて、ガールズバンドの中ではそこそこ知名度もあったりしたので、今回の再結成もナタリーとかGIRLS ROCK MAGAZINEとかでニュースや記事になってもおかしくね?とか思いながら見てました(なってたらゴメン)。

ファンも盛り上がってたし、一年に一度くらいまたやろうってSHOCOさんも言ってたので、今回の再結成は大成功だったんじゃないかなと思います。
ステキな再結成ライブを見れて嬉しかったです♪

○Gacharic Spin
<セットリスト>
1. ハンティングサマー
2. More Power
~ まい、けん玉成功!
3. 連星(新曲)
4. 向かい風
5. I’m Sexy
6. 爆弾娘
7. BROKEN LOVER
<ガチャダン背中> ジュ−シー・ガールズ

もうここまで色々書いてると、ガチャピンのライブ自体の感想はもういいじゃんって思ったりもする(笑)。
ていうか、一番踊ったり跳ねたり暴れてるから、あんまり記憶がないんだよね。
もう楽しかった!!×10で良くね?っていう…(笑)。
それでも特記事項として書くとするならば、

連星 っていう新曲を初披露したという事(カッコいいマジメな曲)。
メンバーがいつもにまして最高だったという事★☆

あと、開場間もない時に見たKOGAちゃんの私服が「セーターを着たウサギ柄」のセーターだった事(可愛いけどさあ…10代の子でもそれ着なくね?みたいな)
かな?(笑)

○ (encore session) 恋人がサンタクロース(松任谷由実)
ガチャピンライブ終了後は、出演者全員を再度紹介し、ボーカルメンバー全員で恋人がサンタクロースを歌って終了。
12/1、今年最初に聴いた恋人がサンタクロースでしたね(笑)。

○という訳で、6時間以上新宿の地下にずっといて立ちっぱなしだった訳だけど(笑)、それほど疲れは感じず、楽しかったという記憶しか無いです。
あ、あと、開演直後の物販で、TOMO-ZOとガチャダンのマイちゃんがいたので、あまりにも普通の女子高生っぽいマイちゃんに「学校帰り感が凄いね!」とか、並んだ二人に向かって「(年下なのにマイちゃんの方が)お姉さん感が凄い!」とか喋った記憶ですね。
そんなどうでもいい弄りもニコニコ聞いてくれるTOMO-ZOはやっぱええ子やなあと思いましたっていう、どうでもいい記憶(笑)。

○ちなみにイベ終了後の物販は混みまくってたので、立ち寄らずまっすぐ帰りましたとさ。

とにかく最高に熱くて楽しいイベントでした。関係者の皆様お疲れさまでした♪

スポンサーサイト

COMMENT

POST COMMENT


TRACKBACK

TRACKBACK URL

↑
<!-- [FC2 Analyzer] -->