9/28「Fuse The Soul」at 新宿BLAZE(HEAD PHONES PRESIDENT編)

| EDIT

(※9/28「Fuse The Soul」at 新宿BLAZE(exist†trace、他バンド編)はこちら
  9/28「Fuse The Soul」at 新宿BLAZE(LIGHT BRINGER編)はこちら
  9/28「Fuse The Soul」at 新宿BLAZE(Gacharic Spin編)はこちら

○HEAD PHONES PRESIDENT

Set List(ファンサイトからのコピペ。ありがとうございます!)
1 Stand In The World
2 My Name Is
3 Just A Human
4 Rainy Stars
5 Rise And Shine
6 Dive
7 Where Are You
EN1 In Scrying”

○この前に出て来たGacharic Spinという(もちろんいい意味で)何でもありでハチャメチャな暴風のようなバンドが、すっかり散らかした場内をしっかり立て直してから、更に超暴風で根こそぎ吹き飛ばしたのがこの日のHEAD PHONES PRESIDENTじゃないかな。

今回のイベントの主催で大トリな訳だが、もちろんそれに相応しいパフォーマンスを見せてくれたと思います☆
超絶素晴らしいバンドだよね!

○ANZAさんは長丁場で疲れが見える場内をガンガン煽り立て、縦横無尽にステージとランウェイを駆け回る。

時には女豹のように妖しげに、時には大型四足獣の俊敏さでランウェイに飛び出し、お客さんの眼を一時も飽きさせない。

のべつまくなしで動き回る訳ではなく、静と動の緩急もバッチリで、時には眼の動き、時には指先だけで、愁いや怒り、喜び、悲しみと言った感情を表現してみせる。

そして、その感情を歌声で叩きつけ、お客さんの感情を鷲掴みにする…

自分がもし役者ならANZAさんの超絶的な表現力を見て、号泣してると思う。

そしてそんなANZAさんの歌声をバックアップし、また時にはゴリゴリに前に出てくるバンド陣。
くっそカッケーよなあ〜〜。HPPはほんとヘヴィロック界の至宝だと思う。

○アンコールでは「皆に笑顔になって貰いたい」とANZAさんはIn Scryingを熱唱。
ファンならずともこのIn Scryingでは笑顔になれたのではないか。
めちゃくちゃこのラストが印象的でした。
明るいハッピーな終わり方をするHPPのライブって昔ではあまり考えられなかったよね…

ここ最近のHPPのライブの中でもベストの出来だった思うし、ブルーレイで是非発売して欲しいなと思っちゃいました。いやー、いいライブだった〜♪

○そして最後にバンドのボーカル陣とモデルさん全員が揃ってのご挨拶。

ANZAさんはこのイベントを武道館まで持って行きたいと言ってましたね(笑)。
で、出演者への労いの言葉だったり、お客さんに、バンドもファッションも融合しあってそれぞれを楽しもうというメッセージだったりとか。

その後、当日売り出された当イベント限定Tシャツを買った人の中から抽選で五名に、全バンドメンバーのサインが入った色紙をプレゼントする抽選会を実施。

名残惜しくも楽しい雰囲気の中、イベントは終了していったのでありました。

○という事で、「Fuse The Soul」、個人的にはお得感しかない、とても楽しいイベントでした!

また、更にパワーアップした内容で、このイベントが開かれる日を楽しみにしてます♪

関係者の皆様、お疲れ様でした!☆

スポンサーサイト

COMMENT

POST COMMENT


TRACKBACK

TRACKBACK URL

↑
<!-- [FC2 Analyzer] -->
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。