3/27 NEW STRIKE ZIPPER@池袋MANHOLE

| EDIT

ニュースト100327_1

ニュースト100327_2

3/27(SAT)@池袋MANHOLE
Kensmile presents【Smile sprinkler!! vol.1】
OPEN/18:00 START/18:30
★STUDS
★NO SWEAT REWORLD
★NEW STRIKE ZIPPER
★Dear.Goriller
★HOT APPLE PIE
★5exit

○NEW STRIKE ZIPPER セットリスト(Naoさん、thanks!)
READY TO GO
It's up me to change
Promise
early autumn
If
Nothing wasted
GO ALL OUT

●NEW STRIKE ZIPPER(以下ニュースト)のライブはもう何度も見に行ってるけど、ボーカルNAOさんのMCは、いつも大体以下のような内容の事を言っている。

今日という日はもう二度と来ない。今日この時間、この場所にここにいる皆が集まったのも二度とない事。
二度とない時間を音楽を通してみんなと共有したい。明日死んでしまったとしても悔いのないように、今日という日を全力で生きていきたい。

か、下ネタの場合が多い(今回は下ネタなしの真面目バージョンでした。笑)。

いや、茶化してるわけでもなんでもなくて、NAOさんの言葉に嘘偽りは無く、今回も池袋マンホールの狭いホール内を、彼女たちの繰り出す音の圧とエネルギーがホールの隅の隅まで満ち満ちて膨張し、お客さんに向かってその爆風が四方八方から叩き付けられるような、文字通りエモーショナルなライブだったなあと思います。

ワンマンでもなく、彼女たちの企画でもないし、ライブ時間もそう長かった訳でもないけど、ここ最近の彼女たちのライブの中でも、ベストの出来だったんじゃなかったと思える程の素晴しいライブだったと思います。

なので、彼女たちのライブ後、あまり長居する事なく早々に会場を後にしたのは、週末の仕事終わりで疲れが溜まってたせいもあるけど、この素晴しいライブを見た後に他のバンドのライブを見て、その記憶を薄れさせてしまうのもなんかやだなあと思ったのも理由の一つでもあったのかなあと思ってます(帰る前にメンバーのMIKAさんとちょっと喋った時に、「えっ?あたしたちのライブ、見てて疲れさせちゃったの?」とからかわれたりもしましたが。笑)。

という事で、ニューストの皆さん、すいません~。ちょっとしか絡まなかったし、早めに帰りましたが、決して他意はないので。
今回も素晴らしいライブだったし、これからももちろん応援し続けます☆
ニュースト最高!ニューストLOVEでやんす!!☆★☆(←だから全然ライブレポになってないやん!笑)

スポンサーサイト

3/13&20 LIGHT BRINGER@音龍門(日本テレビ系)DRAGON PUSH ARTISTコーナー(第二回目&三回目)

| EDIT

●日本テレビ系の深夜の音楽番組「音龍門」にて、3/6放送分に引き続き、LIGHT BRINGERが、DRAGON PUSH ARTISTのコーナーに登場。
新世代の注目の嬢メタルバンド(=女性ボーカルメタルバンド)として三週に渡って紹介されているのですが、その第二回目(3/13)と第三回目(3/20)の感想を書かせていただきます☆(だいぶ遅くなりましたが。笑)。

●第二回目(3/13)~メンバー個人の紹介。
キーボードMao(最年少。コンピューター音楽等を学ぶ音大生生活の傍らにバンド活動)
ギターSeiya(ダンス教室の先生)
ボーカルFuki(紅一点のフロントウーマンながらバンドのまとめ役。バンドのヴィジュアルのディレクション(CDジャケット、グッズ、HP、衣装デザイン等)をほぼ全て自分でやっている!!)

プロのデザイナーとの交渉やCDプレス会社への細かい発注のメールなども全部自分でやっているとFukiさん。
Fuki「こういう仕様でこういうインク使って、こういうモノをセットにしてパッケージ込みで送料込みで『いくらか見積もりお願いします』って言うのもメールするところから全部ですね」
(笑)

番組内では「ビジネスウーマン」的な紹介をされていたけど、これ見て思ったのは、やっぱいわゆるアニメの同人系の活動をやっている人のスタイルだよなと(←これは邪推でもなんでもなくて、実際、Fukiさんはそっち系の活動もやっている人←ていうか、LIGHT BRINGERのバンド活動自体が、広い意味で、その延長線上にあるようです)。

インタビューもなんかめちゃくちゃ頭が良さそうな受け答えで(学校の勉強ができるとかのたぐいじゃなくて、頭の回転が速そう)、これでお歌もお上手でルックスもよろしい(絶世の美女!ではなくちょっと庶民的なところも個人的にツボ)という事で、どんだけやねん!という感想を拭えません☆(笑)。

プロフィールを見ると、Fukiさんは双子座…ああ、自分も双子座ですけど、「デキる方の双子座」ですね(自分は「ちゃらんぽらんな方の双子座」なんで…笑)。
という事で、Fukiさん、ええわあ~という感想しか出てきません(笑)。以上が第二回目の感想。

●第三回目(3/13)~既存の枠にハマらないレコーディングスタイル
ライブハウスではライブ感の強いライブバンドなスタイルにも関わらず、レコーディングはメンバー各自が自宅で録音(宅録)し、その音源のデジタルデータをメールやインターネットでやりとりし、音源を重ねていって最後にスタジオでボーカルの声を乗っけて最終調整をするというスタイル。
じっくり作れるし、各自が自分のペースで出来るので、メンバーのライフスタイルにも合ってるとの事(プロのレコーディングエンジニアから見ても、今までにないスタイルで、そしてクオリティーにもまったく問題はないとの発言あり)。

そしてバンドのもう一つの顔、LIGHT BRINGERメンバーによるアニメソングをカバーするプロジェクトバンド「らぶり~」の紹介(自分もこの前観に行った、先日2/28の渋谷サイクロンでのライブ映像もあり)。

既存の枠に捕らわれない部分に反発される方もいるかもしれませんが、色んなジャンルからいいところを吸収して、それをLIGHT BRINGERとして発信する。バンドとして芯がぶれているように思われる方もいらっしゃるかも知れませんがそんな事は全然ないですと堂々と発言するFukiさん。

いや、これで出来上がった物がブレブレだったらお話しにならないんだけど(笑)、(少なくとも自分は)ライブも良かったし、音源を聴いてもちょっと今までの既存の物と違って面白いなあと思ってるので、やっぱりちょっとこれからも注目せざるを得ないんだよなあ~。

という事で、新しい物好き&(ベーシックな部分をきっちり押さえつつも)ジャンルの枠を超えているバンド好きな自分のツボを刺激し続けているLIGHT BRINGER。次のライブも是非、楽しみにしております☆
(ちなみに「音龍門」の番組のダイジェストは番組HPで見れる筈)

以上、番組の感想でした!☆

ピストルバルブ、5/1にタイの音楽祭に出演!!

| EDIT

●ピストルバルブライブ情報!(公式HPよりコピペ↓)
-------------------------------------------------------------------------
フアヒン・タキアップビーチにて開催される音楽祭“HONDA SUMMER FESTIVAL @ HUA HIN”に出演決定!!

一年を通じて温暖な気候と、豊かな自然、そして澄んだ空気に囲まれたタイ有数のリゾート地、
タイ王室の避暑地としても名高い「フアヒン (ホアヒン)」。
2008年以降、毎年フアヒン・タキアップビーチで開催されるHONDA SUMMER FESTIVAL @ HUA HIN、
タイ国内アーティストの他、海外からのアーティストも多数参加する音楽祭にピストルバルブが
出演します!!

HONDA SUMMER FESTIVAL @ HUA HIN
開催日時:2010年5月1日(土)
http://thailand-huahin.com/honda-summer-festival.htm
----------------------------------------------------------------

●ということで、アメリカ、ヨーロッパ、中国に続いて、今度はタイでピスバルのライブがあるそうです。
タイ料理食べまくりですな!(←いやいや、違うから。笑)

5/1、GW、お時間とお金のあるファンの方は、是非タイへ足を運んでみて下さいな!☆(笑)
以上です!☆

3/15 cossami(Support Bass:shioRi)@SHIBUYA-AX(100日劇場(日本テレビ系)公開収録)

| EDIT

img6133445564402052814.jpg

3月15日(月)@SHIBUYA-AX
OPEN 18:00 START 19:00
日本テレビ「100日劇場」運命のライブ
あなたの投票でメジャーデビューが決まる!
司会:有吉宏行・古市幸子(日本テレビアナウンサー)
出演:cossami / 秋風センチメンタル / ムーディー勝山 ※前座(猿まわし)
1Fスタンディング 入場無料

日本テレビ系「100日劇場」HP

●二組のインディーズミュージシャンが、番組から渡されたわずかな資金で全国を旅しながら曲を作り、100日後の3/15の渋谷AXで運命の一曲を披露。観客・視聴者の心をつかんだ一組だけがメジャーデビューを手に入れるという(細かい番組の内容は番組のHPを読んでみてくださいな)、日本テレビ系列の100日劇場というバラエティ番組の公開収録を見に行ってきました。

●実はこの番組自体それまでまったく見た事なかったんだけど(笑)、とあるきっかけで、今回急遽、渋谷AXに足を運ぶことになったわけです。

そのきっかけとは…

今回出場する二組のインディーズアーティストの中の一組、女性デュオcossamiのサポートバンドの一員として、ベーシストshioRiさん(mimika with Jelly Beans(サポート)、ex.メスワルツ)が出演することになったから☆(笑)

shioRiさん(以下しおりん)が現在のバンドサポートになってからは、ずいぶん長い間ライブに足を運んでいなかったもので、たまには顔を出して置かんといかんなあと思い(それに記念すべき地上波のテレビ出演&渋谷AXという大きなハコでのライブでもあるし☆)、まあ、ほんとしばらくぶりに、しおりんチェックに行ってきた訳です(笑)。

●入場無料ということもあって、会場には2~3千人(以上?)のお客さんが集まっていて、寒い日だったにも関わらず、会場内の熱気が凄かったですね。

●開演時間ちょい過ぎくらいに、番組司会の有吉宏行・日テレビ古市アナコンビが登場!(有吉は好きなんで、生有吉はちょっと嬉しかった☆)

で、もう一つの番組企画、芸人再生の主役でもある、ムーディー勝山も登場。芸人再生をかけて取り組んだ猿回しの芸を生で披露!

…する筈が、相方の猿の生太郎(せいたろう)君が、「急遽、営業が入ったため」、出演をキャンセル(笑)。

渋谷AXのステージの大スクリーンには、前日の3/14に放送された「笑点」で「ムーディー&生太郎」として出演した時のVTR(番組内ではカットされた部分も含めたノーカット版)が流され、VTRにも関わらず、会場はなかなかの盛り上がりを見せておりました。

●で、いよいよ次のコーナー「一曲誕生 ~秋センVS.コッサミ 目指せメジャー~」。

番組のダイジェストを見ながら、cossamiと秋風センチメンタルの二組に、100日間の旅の間のエピソードを聞いたりしつつ、いよいよメジャーデビューをかけた二組のライブが行われた訳です(彼らのライブの模様は番組HPからも見られるので、そちらで確認してみてくださいな☆)。

まあ、自分的にお目当てだったcossamiのサポートベースのしおりんのベースプレイを、フロアの結構遠目の後方から授業参観の親のような生暖かい目線で見つめつつ(笑)、

(しおりんも良い意味でたくましく、しっかりしてきたよなあ~、でも元気そうで良かった、良かった☆)

みたいな感想を、頭に浮かべておりましたね(笑)。

●で、二組のライブ後の決戦投票&休憩時間に、cossamiに丸をつけた投票用紙を投票箱に入れ、諸事情により決戦結果を見ないまま、会場を後にしてきました。

決戦の結果は…cossamiがメジャーデビューを決めたとの事(おめでとうございます☆)。

●ちなみにその時の模様は、3/20の「100日劇場」の中でも放送されたのですが、私、そのオンエアの日にちを間違えて、録画チェックしそびれてしまいました(なにやってんだか…苦笑)。

●…とまあ、なんやかんやありましたが、若くて才能のある女性ベーシストshioRiさんを、これからも応援させていただこうと思います。ではでは、shioRiさん、おつかれさまでした!♪

3/18はMisatyのお誕生日!おめでとう☆

| EDIT

●3/18はピストルバルブのトランペット担当Misatyのお誕生日です。Misaty、お誕生日おめでとう!☆★☆

Misatyは本業のトランペットがもちろんいちばん大事なんだけれども、特技のイラストやトーク(Misatyに大喜利とかやらせたいわ~。笑)、あと、カメラの前に立つお仕事(女優さん的な…島谷ひとみ「Neva Eva」のPVに出演した時の自然なお芝居が印象的)とかもやって欲しいわあ~☆
これからもMisaty、頑張って下さいね♪

これで、メンバー全員、23歳以上になったんだっけかな。これから4月以降にお誕生日を迎えるメンバーは24歳以上になるという事で(笑)。
「平均年齢19歳、女性だけのブラスバンド。衝撃デビュー!」って言われてた時期がついこないだだった気がするんだが…(笑)。

という事で、Misatyの活躍をこれからも期待してます!☆
良いお誕生日をお過ごしくださいませ!☆★☆

3/14 ピストルバルブ@渋谷eggman(細かめの感想)

| EDIT

●渋谷駅からeggmanに向かう途中にまたあの人に会った(またもや「渋谷を歩けば○○○に当たる」の法則。笑)。
向こうも笑ってましたね。
「え?すぐ戻るんですよね」
「はい(笑)」
「行ってらっしゃい」
みたいな(笑)。
うーん、自由過ぎる…(笑)
もうなんかねえ、会ってももう、そんなにびっくりしなくなった(笑)。
でも、もちろんお会い出来て嬉しかったですけどね☆

●今回のイベントは3マンライブ。激しめでロックな楽曲が個人的にはいい感じだったMASAO、バンド自体はシンプルな感じだったけど、正直、声の感じとキャラクターが自分のツボど真ん中で、またライブ行きたいなあと素直に思った中ノ森文子さんのライブが終わり(楽しかった~★)、いよいよ一ヶ月ぶりのピスバルのライブです!☆

●まずはセットリスト。
(※DJリリアの出囃子は無し)
LOVE GUN
サルスカ
Pull The TRIGGER!
NEW DAYS ?
Good-looking dreamer
OEDO-808
パイこそはすべて~All You Need Is Pie~
Fo-Fo
ワルスカ
くちばしにチェリー ~Our Favorite Song by EGO-WRAPPIN’~
THE BEST HOUSE

アンコール
Rock This Town
Zutto-Zutto

●正直、ロックっぽさを意識した、なかなかいい感じのセトリだったと思う。あんまり新旧関係なく、うまく散らばってるというか。

●MCは少なめで、MC好きの自分としてはちょっと残念だったけど(笑)、ピスバルのライブの良さがぎゅっと濃縮された良い感じのライブでした。テンポも非常に良かったよね☆

●とみぃの本気宣言はノーマルバージョンで(笑)。
ジェニさんも「盛り上がってくぜ~!」(だっけ?)と珍しくノリノリで(笑)。

●Pull The TRIGGER!のcottonの「♪Show me、Tell me」とか「♪もうだめかも」辺りのくだり、めっちゃ好きやわ~(笑)。ていうかPull The TRIGGER!好き~☆

●パイこそはすべて、cottonがShinji takeda バージョンでサックスを吹いてた気がする。ここの曲に限らずだけど、cottonのアルトサックスソロ、ほんと、もっともっと聴きたいんだが…

●ジェニさんは終始、調子が良かったと思う☆お元気そうで何よりです♪

●今回のコリーナ VS Misatyは、ややMisatyの勝ちかな?

●くちばしにチェリー、モッシュに行きたかったが、率先して行けなかった自分に反省。

なんかねえ、「最後だし、もっと暴れちゃえ」的なMCがあると、モッシュ行きやすいなあと思った。あと、くちばしにチェリー以外にもモッシュに行けそうな曲、出来れば増やして欲しいなあ…
(よく考えたら、ワルスカはヘドバン系だし、君だけなんだっ!はジャンプ系(?)で、あとスカダンが踊れそうな曲が何曲かと、やっぱ、ピスバルってノリノリ系の曲だけでも、ジャンルが幅広いわ。もちろん良い意味でね)

●アンコールの時のcottonのMC、
「それにしても熱いよねえ…じゃあ、みんな、もっともっと熱くなっちゃえ!」的な内容だったんだけど、
「それにしても熱いよねえ」
と聞いて、
「え?脱ぐの!?」
とチラッと思った私はただのスケベ(←どう考えても脱がんわっ!笑)。

●「もっともっと熱くなれるよね!次はこの曲」的な紹介の後、リリアがスタートをトチって「ごめ~ん、もう一回」みたいな(笑)。

アンドー!「(cottonの曲紹介MCが)せっかくいい感じだったのにね~」(的な)
cotton「さっきのテンションでまた出来るかな?」(みたいな)

とか何とか言いつつ、仕切り直しはばっちり決まって、ほっとひと安心。

●Rock This Townをアンコールに持って来るのはシブくて良いよね。
ていうか、ピスバルの皆さん、Rock This Town演るの好きみたいね。なんか演ってて気持ちいいポイントとかがあるのかな?

●次回のライブ予告がなかったのがちょっと残念…。
まあ、春から夏にかけて、全国各地でフェスとかやるだろうし、その中のどれかにピスバルも出るんじゃないかなと思ってみたりとか…(もちろん、フェスじゃなくて普通のライブでも全然構わんが…)

●cottonは明らかに喋り足りなさそうな雰囲気だった(笑)。もちろん自分も物足りなかったです☆(笑)

●ホワイトデー&Misatyの誕生日が近かったにも関わらず、プレゼント的な物を何も持っていかなかった自分…次回は久々になんか持っていこうかな☆

× × ×
ということで、ああ、楽しかった!!☆★☆

3/14 ピストルバルブ@渋谷eggman(細かい感想は後日。とりあえずおつかれさまのご挨拶)

| EDIT

「Girl's UP!!! vol.50 shibuya eggman 29th anniversary Special」 
日程:2010年3月14日(日)
時間:18:00開場 18:30開演
会場:shibuya eggman
出演:ピストルバルブ/中ノ森文子/masao

(セットリストは後日)

●どーも、おつかれさまでした!☆
MCほとんどなしのほぼノンストップのライブ(アンコールも入れて一時間くらい?)。
なので、感想も「楽しかった!!」のひと言だけで済ませても良いですか?(笑)

…ウソ。もうちょっとちゃんとした感想を後日書かせていただきます☆

とりあえず、めちゃくちゃ楽しいライブでした!♪
やっぱピスバルのライブはいいっすね☆
他の出演者のライブもなかなか良かったです。その辺の感想もまた後日で…
ではではおやすみなさい~☆

3/13 →Pia-no-jaC←@川崎ラチッタデラ(川崎噴水広場ステージ)

| EDIT

ピアノジャック100313
本番前のステージ(ライブ中は撮影禁止)

2010/3/13(土)
『→Pia-no-jaC← ミニライブ&サイン会』
川崎ラチッタデラ(川崎噴水広場ステージ)
14:30~/16:30~
入場無料

●久々にギャルバンでも女性ボーカルでもない、男性アーティストのライブを見に行って参りました(笑)。

ヴィレッジヴァンガードにたまに遊びに行ったりなんかすると、CDコーナーでやたら彼らのPVとかが流れていて、以前からなかなかかっこいいなあと思って気になっていたんですが、そんな彼らの名前を、川崎ラチッタデラ噴水広場(一ヶ月前のバレンタインデーにピストルバルブもライブをやってましたね)のイベントスケジュールを覗いたらたまたま見つけたもんで、興味本位でひょこひょこと観に行って参りました(笑)。

ピアノとカホンの男性二人組のインストゥルメンタルユニット、→Pia-no-jaC←(ピアノジャック)。
ちなみにこのユニット名、左から読むとPiano(ピアノ)、右から読むとCajon(カホン)って読めるようになってるんですよね。オフィシャルホームページのプロフィール欄を見て、ついさっき初めて知りました(笑)。

ちなみにピスバル絡みで言うと、ピストルバルブのトランぺッターM-chanが彼らのファンなんですよね(2009年10月8日のM-chanのブログより)。ピスバルファンの皆さん知ってました?

●さて、14時頃に現場についたら、リハーサルをやっていて、その時はメンバー二人ともオシャレな感じの私服での演奏でした。
リハの時から演奏はめちゃカッコ良かったんですけど、最初自分はオシャレな感じと雰囲気で見せるような、ちょっと斜に構えた感じのグループなのかなって勝手に思ってたんですよね。

で、本番。
さっきとは打って変わって、二人ともそれぞれPとJというイニシャルが入った、派手な真っ赤なツナギでの登場!(笑)
で、噴水広場の丸いステージをグルグル回りながら、大きな手拍子で、お客さんを煽り出したり、いざライブが始まってみると、めちゃくちゃフレンドリーで、時には笑えるパフォーマンスもあったりで、めちゃお客さん参加型で距離感の近いライブでしたね。
オシャレ系というよりエンタティメント系じゃん!!と思いながら、一気にその世界に引き込まれてしまいました☆

ピアノのHAYATOさんのキーボードプレイもすごかったし(ほんとカッコいい!!)、カホンのHIROさんが、細いサングラスで長髪を振り乱し、時折、雄叫びや掛け声をかけながらカホンを叩く姿は、一見とんがっててワイルドな感じにも見えるんだけど、笑顔でお客さんを手拍子で盛り上げたり、MCやパフォーマンスで笑わせたりで、あ、実は(二人とも)サービス精神旺盛で、腰の低い好青年なんじゃん!みたいな(笑)。
ちなみにHIROさんはカホン以外の楽器もどんどん使いこなしてて、見てるだけでもほんと楽しかったなあ~。

お客さんもめちゃ盛り上がってたし、2ステージ目はアンコールで更にもう一盛り上がりあったりで、ほんと彼らのライブを堪能しましたね☆

●物販でのCD即売会(メンバー本人がその場で握手とサイン)も長い行列が出来ていて、CDやDVDが飛ぶように売れておりました。

ちなみに、次のワンマンライブのチケットは前売りはソールドアウトだそうです(急遽当日券を弱冠出すみたいな事をMCでは言ってましたが)。
一度ちゃんとしたワンマンも見てみたいな~☆

ということで、以上です!☆

3/11ザ・イロモネア「早ボケハウス123(第二回)」(先週に引き続き、ニセピストルバルブ登場!)

| EDIT

●先週に引き続き、TBSのザ・イロモネアで、「早ボケハウス123」というザ・○ストハウスのパロディ企画をやってました(企画の内容は前回の3/4放送分の日記をご参照下さい)。

今週もセットのバルコニーの2階に、楽器を持った例の人たちが現われました(笑)。

●解答者たちのシンキングタイム中、ピストルバルブの曲「TREASURES ~世界が終わっても~」が流れる中、後ろのセットのバルコニーで楽器を持って踊ってる人たちに、カメラが揺れながらだんだんと寄っていきます。

01二階
オアシズ光浦「あっ、すげえ!…あ、吹いてねえ、あいつら」(笑)

そして、三人の楽団の皆さん(ウッドベース、アルトサックス、トランペット←よく見ると、皆さんそこそこ可愛い☆)がアップになって、例のひと言、

02ワンツースリー
アルトサックスの人「123!」
※注:2だけ上にあがる(→↑→)

03違う
内村「違う!!」(笑)
内村「違う!!何遍言ったら分かるんだ!ダ~メッ、それを言っちゃダメ」

04苦笑
ニセピスバルの皆さん「(苦笑)」

05ワンツースリーだよ!
内村「(左手のジェスチャー付きで、テンポ良く)1!2!3!(↑↑↑)だよ!」
(笑)

06パクってはない
画面にも「×♪123(→↑→)」と「○1!2!3!」の違いが分かりやすく表記されております。

オアシズ光浦「パクリではない、パクってはないってやつね」(笑)

07もうしわけ
内村「(深々と一礼)申し訳ございません」
出水アナ「(深々と一礼)すいません」(笑)

●余談~本編の中で、個人的に地味に好きだったボケ:トータルテンボス藤田の、銭湯で大浴場に入ってすぐかけ湯を飲み干す(笑)。
あと庄司の「イスの背中を流す」もちょっと好きだったなあ(笑)。

●ということで、番組中は先週に引き続き、ピストルバルブの楽曲、The Best House、TREASURES ~世界が終わっても~、君だけなんだっ!、OEDO-808、あとSHOUT FOR JOY !辺りがガンガン流れておりました。

どの曲もカッコいい曲だし、イロモネアを見ていて気になった人は、レンタルショップやCDショップで、ピストルバルブのアルバムを借りたり、買ったりしてみてくださいな(ファーストアルバムの 「RATATATTAT!」にほとんど入ってまっせ☆)。

●宣伝ついでに、明日(3/14)の夕方に、渋谷eggmanでピスバルのライブがあるので、気になる人は観に行けばいいさ☆(笑)
出番も後半だし、当日券でも入れるんじゃないかな。
で、一緒に123!をやったらいいさ。
※注:こっちは1!2!3!(↑↑↑)じゃなくて123!(→↑→)ね。笑)

と、宣伝も終ったところで、以上です☆
1!2!3!(←そっちかよ!笑)

3/6 LIGHT BRINGER@「音龍門」(日本テレビ系)のDRAGON PUSH ARTISTのコーナーに三週連続で登場!(第一回目)

| EDIT

●日本テレビ系で、土曜の深夜に放送されている音楽番組、「音龍門」のDRAGON PUSH ARTISTのコーナーに、LIGHT BRINGERが出演するという事で、録画してチェックしてみた。
※ちなみに、「第2日本テレビ」で、第一回放送のさわりの部分だけ、ダイジェストで見れます。

●女性ボーカルのメタルロックバンドを最近は嬢メタルと呼ぶそうな。
で、その日本の嬢メタルシーンを担うバンドとしてLIGHT BRINGERが紹介されるという流れ。
ちなみに、LIGHT BRINGER以外の日本の嬢メタルバンドの何組かがパッパッと写真で紹介されるんだけど、パッと見ただけで、全部バンド名が分かってしまう自分に呆れたりとか…(しかもたぶん、全部ライブ見た事あるわ。笑)

●メンバーへのインタビューや、LIVE映像、PVなんかが流れてたけど、やっぱりLIGHT BRINGERは過去の嬢メタルバンドとはどっか違うなあというか、なんだろう、このメジャー感というかポップな感じは?(だからゴリゴリの洋楽中心のメタル好きの人から見たらどうなんだろう?って気はちょっとだけするけどね)

ただ、バンドやボーカルの実力は相当レベル高いと思うし、それでいてやっぱ新しい事をやってる感もあるし、なんかブレイクしそうな気がするんだよなあ~。

ボーカルFukiさんは、あ、やっぱこの人、メイク映えする人なんだなあ、とか(笑)。
でも素顔に近いメイクの時の、普通っぽい感じも嫌いではないなあとか(☆)、まあ、そんな感想もいだきつつ、来週(メンバー個人の素顔に迫るらしい)にも期待してみたいなあと思います。以上!☆

3/4 ザ・イロモネア「新企画『ザ・早ボケハウス123』」(ニセピストルバルブ登場!)

| EDIT

●TBSの人気番組「ザ・イロモネア」で、「ザ・早ボケハウス123」という新企画をやってました。

01OP青1
02OP南原
03OP広い
フジテレビの某人気番組とそっくりなオープニング&そっくりなセット(笑)

04内村とアナ
05南原ときり
06坂東と小倉
MCはウッチャンナンチャンのウッチャン(内村光良)とTBSの出水アナ。
解答席にはナンチャン(南原清隆)、磯野貴理、小倉優子、板東英二。

出水アナ「今回も新企画と言う事で、このセットいかがですか?」
内村「よくないですね」(笑)

15いかがなものか
内村「数年やっている人気番組をパクるというのはいかがなものか!?」
(笑)

●今回の企画はいわゆる芸人ドッキリ企画で、芸人三人一組で架空の番組(町紹介の番組)のロケに行って貰い、イロモネア以外の仕事でのボケっぷりを抜き打ちチェックしようという企画。

三人の芸人がそのロケの中で早くボケた順の1位から3位までを解答席のゲストに予想して貰う(それで「123」)。

で、何も知らない芸人さん達をスタジオに呼び出し、そのロケVTRを一緒に見ながら正解を発表。
ちゃんとボケられていない芸人には駄目出しをしていくという内容でした(笑)。

●最初にどっきりでスタジオに連れて来られた一組目の芸人は、ハリセンボン春菜とはるか、アジアン馬場園の三人。
なんですか、これ?と戸惑う三人に、番組の趣旨の説明をした後、

内村「題して、『ザ・早ボケハウス123!』でございます」
芸人たち「えっ、パクリ?」

07あれは123
内村「(ジェスチャー付きで)あれは、♪123(→↑→)」
※注:2の時にちょっと上がる

08これは123
内村「これは(険しい表情で)1!2!3!」
※注:1も2も3も気合を入れて(↑↑↑)
(笑)

09アニメ
で、ヒントVTR。最初に流れる某番組とそっくりなアニメの時も、「これだ!」の後、ウッチャンの「1!2!3!」の声が(笑)。

●ヒントの後、解答者が予想順位をフリップに書いている間、聞き覚えのある音楽と共に、スタジオセットの二階のバルコニーの上に、楽器を持って踊りながら演奏する見覚えのある人たちの姿が!
(ま、まさか!?)

10あれも?
ハリセン春菜「(バルコニー上のそれに気付き)あれも?」

11すくな!
ハリセン春菜「少なっ!」

123人
ハリセン春菜「3人!?」
(笑)

そしてカメラが、バルコニーの方に近づき、

13にせあんど-123JPG
サックスの女性「♪123!(→↑→)」

14そのまま!
芸人たち「そのまま!発音一緒でしたよ!」
頭を抱える内村。
内村「…くっそ~!」

16打ち合わせ不足
内村「(机を叩いて)打ち合わせ不足だった~!」
(笑)

17ばつ123
内村「バンドの子、123(→↑→)って言っちゃったね」(笑)

18まる123
内村「(バンドの子に目で訴えかけながら)1!2!3!って。1!2!3!」

19にせあんどー苦笑
バンドの子たち「(苦笑)」

このシーン笑ったわ~(笑)。

よく見ると、左の子(おそらく偽○ェニ)がウッドベースで、
真ん中の子(偽ア○ドー!)がアルトサックス、
右の子(位置的に偽と○ぃ)がトランペットという、人数も担当楽器も非常に適当にも関わらず、結構それっぽく見えるのが笑える☆(笑)

●このバンドの子たちは二組目の芸人さんたち(アンガールズ田中と山根、バナナマン設楽)の登場時にもチラッと画面に登場。

20アンガ
アンガールズ田中氏に、「あっ!ピストルバルブみたいな人もちゃんといる」といじられてました。

21にせぴす
その時の三人の様子(ジ○ニ役の人が無表情なのが笑える。笑)。

●ちなみに、番組中、ピストルバルブの音楽は流れまくりで、自分が気がついただけでも、The Best House、Yes or No、TREASURES ~世界が終わっても~、バリスカ、君だけなんだっ!、OEDO-808なんかが確認出来ました(某番組より待遇良くね?笑)。

●という事で、番組の内容もめちゃオモロかったし、冒頭にも書きましたが来週もこの企画やるので、今週見逃した人も是非是非チェックを☆

ではではそゆことで、1!2!3!(↑↑↑)
(笑)。

2/28 らぶり~(a.k.a. LIGHT BRINGER)@渋谷CYCLONE(※3/4追記済み☆)

| EDIT

2010年2月28日(日)渋谷CYCLONE
ABSOLUTE AREA主催『DEVIL'S DAUGHTER 2010』
OPEN 16:15 / START 16:45
【出演】(出演順)
らぶり~ / fetish☆line / 鋼鉄楽団かなで~る / ABSOLUTE AREA

●2/28の日記の続きです☆
イケベ楽器渋谷店を出たその足で、そのまま10分くらい歩いた先の渋谷CYCLONEで、ダメ系バンド「らぶり~」が出演するダメ系イベントを見てきました。

「らぶり~」とは、最近、NTV系のドラマ「左目探偵EYE」にもゲスト出演した、注目のメタル系ロックバンドLIGHT BRINGERのもう一つのバンド名で、いわゆるダメ系というジャンルに属するバンドなのであります。

ダメ系バンドとは?~アニメやゲームの主題歌など、オタク文化に根を下ろした楽曲を演奏する事を主目的として活動するコピーバンドの事。ターゲットとする音楽には、アニメ・ゲームのほか、特撮や声優等の楽曲も含まれる。
※はてなキーワードより

ダメ系イベントって聞いて、行く前はいわゆるオタオタしい感じのイベントなのかなと思ってたんですけど、その予想は良い意味で裏切られました、
(少なくとも今回のイベントに関しては)楽曲こそ、アニソンやゲームソングのコピーが中心だけど、それを演奏するバンドメンバー(主にメタル系バンドの皆さん)の超超超ハイレベルの演奏だったり(めちゃめちゃうまい人たちばっかり!!)、ボーカリストの皆さんたちのめちゃハイレベルなボーカルだったりと、超見応え&聴き応えのあるライブイベントでしたね!

お客さんもいわゆるロック系、メタル系のお客さんばっかりで、なかなか居心地の良い空間だったなあ。いやあ、めちゃ楽しかったわあ~☆

●しょっぱなに自分が楽しみにしていた、らぶり~(=LIGHT BRINGER)が登場!

LIGHT BRINGERの時のヴィジュアル系っぽい衣装ではなく、お揃いのバンドTシャツで登場したらぶり~の皆さん。

今回は、3人のゲストボーカルを加えて、大迫力のJAM Projectオンリー。
(JAM Project…そういえば数年前、洗足学園音楽大学の学園祭に行った時に生で見たなあ~。今となっては貴重な思い出だわ~)。

●で、彼らのブログにセットリストが出てたので、勝手に転載しちゃいますと、

1.VICTORY
2.GONG
3.SOULTAKER
4.鋼の救世主
5.牙狼
6.Rocks
7.Rescue Fire
8.HERO
9.SKILL

という、熱い熱いナンバーが勢揃い。しかしJAM Projectって燃えるよなあ~(笑)。

ゲストボーカルの皆さんの歌声ももちろん素晴らしかったのだけれども、自分はやっぱりFukiさんのハイトーンボイスとミニスカートから伸びるおみ足とガーターベルトに終始魅了されておりました(←ん?笑)。

今回はオリジナル曲ではなくコピーだったけど、やっぱりバンドやボーカルの、若さに似合わぬハイレベルなパフォーマンスと、いわゆる普通のメタルバンドやヴィジュアル系バンドにはあまり見られない開放感溢れるサウンドと、いわゆる最近のネット文化やアニメ系が好きな今時の人たちに好かれそうなエッセンス、あと彼らが持っている華というかオーラ的な物に、やっぱ注目せざるを得ないよなあと感じてしまいました。

らぶり~こと、LIGHT BRINGER、今後も見守らせていただこうと思っております☆

※らぶり~以外のバンドの感想も書きたいのだが、今回はこの辺で。
明日以降、続きを書く予定です。

(↓※3/4追記済み)

2/28 FチョッパーKOGA(Gacharic Spin)@イケベ楽器渋谷店(教則DVD発売記念イベント)

| EDIT

kogaikebe.jpg

『FチョッパーKOGA ゼッタイ弾ける!スラップ・ベース超入門クリニック』第2回 at渋谷
日時:2月28日(日)開場/14:30 開演/15:00
会場:イケベ楽器渋谷店 特設会場
教則DVD発売記念イベント、サイン会
入場無料(事前予約制)

●元THE PINK☆PANDA、現Gacharic Spinの若き女性ベーシスト、FチョッパーKOGAちゃんが講師役で出演している、ベース初心者向けスラップ教則DVD『FチョッパーKOGA ゼッタイ弾ける!スラップ・ベース超入門クリニック』の発売記念イベントを観にいってきました☆

ちなみに2/21秋葉原でも同イベントは行われてたんですが、KOGAちゃんのブログ(2/21分)によると秋葉原 LaOXの同イベント会場の動員記録を塗り替え、100枚用意した先行発売分のDVDが全部完売したとの事(!!)。
YouTube効果、mixiニュース効果がどうやら凄かったみたいですね。

●渋谷のイケベ楽器のフロア内ではなく、同じ建物の三階のイベントスペースでのイベント。
限られたスペースの為、無料のイベントだけど事前予約制になっておりました。
イベント当日の数日前くらいにはもう既に予約いっぱいだったようで、用意された40人ぶんくらいの席は満席。
でも、当日ふらっと来た人でも立ち見で見れたっぽいですね。
録音、録画はNGだけど、写真撮影OKなイベントでした(フラッシュ禁止)。
でもイベント中は皆さん遠慮してたのか、写真撮っている人はほとんどいなかったなあ(自分もサイン会の時しか撮らなかった)。

DVDを買わなくてもイベント自体は見れるけど、DVDを買うと記念品(当イベント限定生写真)と、KOGAちゃんのサインがいただけるという事で、もちろん購入したし、サインもいただいて参りましたよ☆

●KOGAちゃんは、DVDのジャケット写真と同じ、ピンクのツナギと青のTシャツ。スニーカーも青でしたね。
DVDの発売元のアトス・インターナショナルの男性スタッフの方が進行の手助けをしていて、基本的に男性スタッフの質問にKOGAちゃんが答えるという、質疑応答形式でイベントは進んでいきましたね。

●イベントは、元気いっぱいなKOGAちゃんのよろしくお願いします!的な挨拶の後、ミニステージでのベース演奏のパフォーマンス→プロフィールやDVDに出る事になったきっかけ(アトスさん側から、初心者向けの教則DVDを作りたいのでという事で、直接オファーがあったとのこと)→実演を交えながらのスラップのテクニックを中心としたベースクリニックのコーナー→質問コーナー→最後にもう一度、Gacharic SpinのCD未収録曲の演奏パフォーマンス→一度退場して、戻ってからサイン会っていう感じの流れでした。

最初に緊張してる的な事を言ってたけど、全然喋りはバッチリだったKOGAちゃん(笑)。
ハキハキと良く喋るしっかりした頭のいい子だよなあという印象。めちゃめちゃ良く喋ってました(笑)。
バンド活動の前からタレントやってただけあって、ほんとイベント慣れしてるし、喋りうまいよなあ(笑)。

●客席は、KOGAちゃんの事を前から知っている古くからのKOGAちゃんファンが多いのかな思ってたら、意外や意外、半分はイケベ楽器の店頭でイベントの事を知ったっていうお店の方のお客さんで、しかも、生でKOGAちゃんを見たのは初めてという人も半分以上、普段ベースをやっているベーシストの方が半数以上だったという、え?ある意味、俺アウェイ?みたいな(笑)。

最初、自分も含めて、皆さんおとなしくKOGAちゃんの話を聞いていたら、KOGAちゃんからたびたび「皆さん起きてますか!」的なつっこみが入り(笑)、KOGAちゃん「~ですけど、分かりますか?」、客「は~い」みたいな、後半は本当にベース教室に通う先生と生徒みたいな空間と化してましたね(笑)。

●KOGAちゃんの講義自体は、自分みたいなドシロウトが聴いても非常に分かりやすかったですね。
ただ理屈は分かったけど、実際出来るようになるには、ひたすら反復練習しかないんだろうなみたいな部分もありつつ、それはそれでリアルだなあと(笑)。
あと、基本的な技術でも組み合わせや見せ方で、見る人にオッと思わせる事が出来るみたいなテクニックの説明もあり、なるほどなあと思ったりもしましたね。

●質問コーナーも含めて、印象的だったKOGA語録~
○「今までは楽器屋さんに行くと、必ずお店の人に初心者だと思われて、『初心者の方ですか?』『あ、はい(笑)』みたいな感じだったけど、最近は『あっ、YouTubeの人!』って良く言われるようになった」(笑)
○「ギタリストよりも目立ちたい!」(←イベント中、2~3回は言ってた。笑)
○「自分にしか出来ないもの、自分ならではの物を追求したい(的なニュアンス)」
○「体に覚えさせる」
○「個人練の他に、メンバーを呼び出して二人で合わせながらずっと練習したりとか」(←ほんと練習好きだよなあ~と感心する)
○「特に好きなアーティストやジャンルにハマるというよりは、普段から音楽は何でも聴く」
○「(好きな男性のタイプは?)ほわっとした人(←ほんわかした人、だったかな?)
進行の男性スタッフさんが「自分、結構ほわっとしてますよ。どうですか?」
KOGAちゃん『(きっぱり)あ、お断りします!』(笑)」
○「最近はデジロックに生音を組み合わせたりするのに興味があって、メンバーと一緒に色々なアレンジを考えたりしている」
○「(死んだ人も含めて、世界中のアーティストの誰とでも共演出来るとしたら誰と共演したい?という質問)ジーン・シモンズはあまりスラップはやらないけど、KISSのメイクをして、自分がジーン・シモンズの立場でKISSと共演してみたい(笑)」
○「(KOGAちゃんにとってスラップとは?(←注:意味は一緒だけど、『チョッパーとは?』だったかな?))自分の武器ですね。他にもスラップをする女の子のベーシストはいるけど、負けたくないし、自分が一番でいたいですね」

「KOGAちゃんにとってスラップとは?」っていう質問を聞いた瞬間、自分の頭には「武器」っていう言葉が浮かんだんだけど、案の定、本人もその通りの事を言ったので、ああ、やっぱりねと思ったりとか(でも実際、一番適切な言葉だよなあ~)。

●KOGAちゃんの生演奏は、やっぱカッコ良かった!!
KOGAちゃんは日本のインディーズ界、ベーシスト界の宝だよなあと思った☆
こういう子に世間のスポットライトがもっと当たるべきだよなあ。今後も頑張って欲しいなと思いました。

●結論~クリニックという形を取りつつも、KOGAちゃんのベーシストとしての資質や心構え、持っている哲学などが伺い知れて、このイベントに参加して良かったなあと思いましたね。
たぶんDVDもそういう意味で、KOGAワールドが凝縮されているんじゃないかな(笑)。
ベースをやっている人や習いたい人に限らず、単純にKOGAちゃんの事をもっと知りたい人、興味がある人は、このDVDはマストバイ!だと思います(笑)。
…DVD見終わったらまた感想書こうかな(笑)。

●サイン会
俺「すいませんね。ワンマン以来行けてなくて」
KOGAちゃん「(他のバンドじゃなくて)Gacharic Spinに来て下さいよ(笑)」

KOGAちゃんとは、最近は、違うバンドのライブで偶然会ったりしたもんで…(笑)

あとは、短い髪型の事をいじったり、次のライブ、行けたら行きます、頑張って下さい的な事を言いつつ、握手とサイン、そして写メを撮らせていただき、会場を後にしました。

…さて、3/5、ライブ、行けるかなあ?(笑)

●YouTubeの反響が凄いみたいだし、まじで、ちょっとブレイクするかも知れないんだよなあ~。

とまあ、色々ありますが、ほんと今後も頑張って欲しいですね。
応援してますので☆

ということで、以上、イベントレポでした!☆

↑
<!-- [FC2 Analyzer] -->
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。