9/2 渋谷BOXXでピスバルのライブ!!

| EDIT

▼公式HPよりコピペ。↓

LIVE MUSIC ism MONTHLY LIVE #004 出演決定!!  NEW!!

日程:2009年9月2日(水)
時間:開場18:00 開演18:30
会場:SHIBUYA BOXX
住所:東京都渋谷区神南2-1-1

チケット料金:前売2,500円(税込) ※入場時にドリンク代が必要となります。

チケット先行発売情報:
チケットデリ
2009年7月2日(木) 12:00 ~ 2009年7月10日(金)16:00
詳しくは、こちらのページからご確認ください。

※リガチャー・クルー会員の皆さまへ:FC優先予約はありません。ご了承ください。

一般発売:2009年8月2日(日)
チケットぴあ:0570-02-9999
ローソンチケット:0570-084-003
CNプレイガイド:0570-08-9999
イープラス
SOGO TOKYO WEB SITE

※0570ではじまる番号は、一部携帯電話・PHS・インターネット電話からのご利用はできません。

主催:音楽主義
企画制作:MUSIC ism制作委員会

お問い合わせ:ソーゴー東京 03-3405-9999
----
▼渋谷BOXX、良いライブハウスだわ☆
ちなみにこの前、ピスバルがライブをやった渋谷eggmanのすぐ近くにあるライブハウスです(100メートルも離れてないんじゃない?)。

そしてインディーズ時代にピスバルがストリートライブをやっていた代々木公園(の代々木競技場側)にある、けやき通り沿いにあるライブハウスなので、ピスバルは渋谷eggman以上に、特に思い入れが深い場所なんじゃないかな。

▼ちなみにピスバルの皆さん!
最近、土日のけやき通りを通った事あります?

もうここ一~二年くらい前から、けやき通りを含む代々木公園では実質ストリートライブは禁止なんです(アコギとかアカペラとかならまだいけるみたいだけど…)。知ってました?

道路反対側の代々木公園沿いの歩道部分(ここでも良くピスバルはストリートライブをやってましたが)で、頑張って演奏しているインディーズバンドはまだちょっといるけど、それでも昔よりだいぶ減りましたね。

大きな音の出る音響装置を用いた演奏はちょっと難しい状況ですね。まあ、近隣の人にとっては静かな方がいいんでしょうけど、アマチュアやインディーズのミュージシャンにとっては、かなり厳しい状況になってます。

代々木公園と言えば、ストリートライブのメッカみたいに呼ばれていた時代もあったんですが…なんだかちょっと寂しいですな。

▼話は逸れましたが、そんな渋谷・原宿界隈のライブハウスで、メジャーデビュー後のピスバルがこうやってライブを出来るようになったのも、何かの縁なのかも知れないですね。

9/2、是非自分も渋谷BOXXに遊びに行こうと思ってます。ピスバルの皆さん、楽しいライブを期待してます!よろしく~☆

▼対バンはいまのところスキャンダルが決まってるみたいですが、今後続々と他の出演者が決まっていくのかな?
それとも実質のツーマンライブって事でしょうか?

9月なんでまだ先っちゃあ先ですが、今後の情報を注目していきたいなと思います。

×  ×  ×

ではではそゆことで。
Peace out~! Bye~!☆

スポンサーサイト

CANDY TRIP(ex.メスワルツKAORIさんソロプロジェクト)@渋谷RUIDO K2(ファーストライブ)

| EDIT

2009/06/26@渋谷RUIDO K2
MOMENT IN THE BOX vol.49
OPEN 17:45
START 18:15
出演(出演順):CANDY TRIP/RESPECT/Dance in the Sun/e:cho(仙台)/木村至信BAND

CA391172.jpg
CA391171.jpg

●元12.ヒトエ、平安、メスワルツ、ポレポレでキーボードやボーカルを務めていた、かおりさんのソロプロジェクト、CANDY TRIPの初ライブでした☆

貰ったチラシには「ポップでキュートな最新型ガールズボーカル・ギターロック!!」と煽り文が。
かおりさんのボーカルを、ギター、ベース、ドラムの男性メンバーが盛り立てるような、シンプルなガールズボーカルバンドの体制になっていて、曲作りも自ら行うかおりんの世界観が、今まで以上にバンドのカラーに、ダイレクトに反映されやすくなったのではないかなと思います。

おそらくキャンディーのパッケージをイメージしたと思われる、大きなリボンが特徴的なかおりさん手作りのステージ衣装も、とてもかわいらしくて良い感じでしたね☆ミニスカートからのきれいな素足が眩しかったです☆

楽曲は、ポレポレ時代の曲を一曲と、他は全て新曲。全部で5~6曲くらいやったんじゃないかな。

メスワルツ、ポレポレ時代から変わらず、ポップな曲やロックな曲、しっとりとした曲や暗いイメージの曲も説得力と安定感のあるボーカルで歌いこなすかおりさんのステージは、いつも安心して見られるんですよね。
可愛い女の子ボーカルのロックバンド好きの人には、彼女のライブは、誰でも楽しめるんじゃないかな。かおりさんのバンドを初めて見るお客さんも、結構皆さんノリノリで、なかなか盛り上がってたんじゃないかなあと思います。

個人的に、もっともっと人気と評価があがってもいい人だと思う。彼女の作る楽曲もすごくセンスがあっていいと思うんだけどなあ~。

●会場には、元平安で一緒に活動したFチョッパーKOGAさん、12.ヒトエ、平安、ポレポレで一緒だった佐野はなさんもかおりさんの応援に駆けつけておりました。

ライブ終わりに、KOGAちゃん(ショートで金髪に近いくらい髪の色が明るかった)に、現在はなさんらと準備中のバンド、Gacharic spinの事を聞いたら、まだライブの予定は未定だけど、着々と準備が進んでいるので、随時HPをチェックしてくださいって言ってましたね。
ちなみに「ガチャピン」で普通に通じてたので、やっぱり略称は「ガチャスピ」じゃなくて「ガチャピン」で合ってると思われます(笑)。

隣にいたはなさんには遠慮して挨拶くらいしか出来なかった…はなさんももちろん応援してるんで頑張ってくださいね!!

物販席でステッカーを購入。とりあえず、かおりさんにライブの感想をお伝えし、次のライブを楽しみにしてますと伝えておきました。かおりんのブログをみたら、また夏に次のライブが決まったって書いてありましたね。楽しみにしたいなと思っております☆

●この日のイベントは、最後に出て来た木村至信バンドを筆頭に、他のバンドもなかなか良い感じのバンドが多かったんだけど、個人的に面白いなあと思ったのが、二番目に登場のバンドRESPECT。

CA391173.jpg
ブルース好きの若い女性だけが集まったガールズブルースバンド(珍しいよね)。
なんとメンバーは全員、高校生と中学生(ボーカルが中学生)!!
ブルージーな曲(カヴァーやオリジナル)を、ブルースハープ(ハモニカ)やアルトサックスも駆使しながら、中学生、高校生離れしたボーカル&コーラスで歌いまくるメンバーに感心しましたね。

次のライブではテレビの取材も入ってるという事で、結構注目されているバンドっぽいですね。
年齢的にもこれからの伸びしろがありまくりなので、今以上の成長が期待出来るバンドなんじゃないかな。これからもなんとなく気に留めておこうかなと思っております。

×  ×  ×
ということで、以上、ライブレポでした!☆

ピスバルのファンクラブ会報「Ligature CREW the PAPER Vol.05」が届いたよん~☆

| EDIT

◆6/24だったかなあ、ピスバルのファンクラブ会報「Ligature CREW(リガチャー・クルー) the PAPER Vol.05(2009/06)」が届きました☆

誌面の内容は、
○夏!直前だGO!!カイカン!M-channel 特別編!!
~2009年5月17日の長崎での「KTVの日」イベントライブを、長崎出身のM-chanがレポート!(たくさんのメンバーのカラー写真&アンドー!の書き下ろしのイラスト付き!)

○レンタル盤はオリジナル盤とはひと味違うぞ!!
~2009年6月14日、TSUTAYA限定のレンタル盤「TRIAL SHOOT!」の、メンバー全員による全曲レビュー「レンタル盤のすすめ」(ボリューム有り!めちゃ読み応え有りです!)

○ピスバルが、やっぱりアナタだけに教えちゃう、オススメもの!スイーツで、梅雨空を吹き飛ばせッ!
~ピスバルメンバーによるおいしいスイーツの紹介(例によってスイーツ以外の番外編有り。笑)。

○新連載・ヨーコBrooklynの四コママンガ二本立て!(内容はもちろんピスバルメンバーネタ。ちなみに次回も二本立てかどうかは不明。笑)

○eggman featuring Corina!!
~2009年5月3日の渋谷eggmanのツーマンライブをコリーナがレポート!(カラーのライブ写真有り)

…てな感じですかね。

▽「TRIAL SHOOT!」のレビューは文章量が多いので、まだ全部ちゃんと読めてないです。
近いうちにじっくり読ませていただきますね!☆

▽オススメのスイーツもいくつか食べてみたいなと思います。
cottonオススメのLonCafeは是非行ってみたいな♪

▽ヨーコBのマンガは楽しいし、絵柄もおもろい!(笑)
単行本化目指して、連載頑張ってくださいね☆(遠い道のりだが…笑)

▽M-chanとコリーナのライブレポも読み応えありましたね!今回はカラーでメンバーの写真が多く載っているので、写真だけでも楽しめちゃいますね!

▽アンドー!のイラスト、なんかベストハウスの切り絵アニメーションに絵柄が似てるよなあ~。
オシャレなタッチでなかなか良い感じですな☆

×  ×  ×

◆という事で、以上、ざっくりした感想でした(笑)。

細かい感想は、とりあえず気が向いたら…(たぶん書き出すと止まらないので。笑)。

でも、ちょっとでも書きたい事が出て来たら、ひょっこり書く事もあるかと思いますので、その時にはよろしくです☆

あ、ファンクラブに入ってない人(入ってたけど、更新が止まってる人も)、自分は入った方が良いと思うよ。会報以外にもいろいろ特典があるし(でもまあ、入る時は、自己責任でよろしく☆)。

ではではそゆことで。
Peace out~☆Bye~!☆

「ザ・ベストハウス123」2009/06/24放送(番組新エンディングテーマ「My Voice」披露!!☆)

| EDIT

CA391145.jpg
CA391146.jpg

CA391147.jpg
CA391148.jpg
CA391149.jpg
CA391150.jpg
CA391151.jpg
CA391152.jpg
CA391153.jpg
CA391154.jpg
CA391155.jpg
CA391156.jpg
CA391157.jpg
CA391158.jpg
CA391159.jpg
CA391160.jpg
CA391161.jpg
CA391162.jpg
CA391163.jpg
CA391164.jpg
CA391165.jpg
(以上、6/24放送分より。アンドー!の「ワン、ツー、スリー!」と新しいエンディング映像)

ピストルバルブの7/22発売の新曲「My Voice」が、6/24から、番組の新エンディングテーマとなりました!
(フジテレビのサイトからの先行着メロダウンロードも6/24から始まってまっせ!)


黒とヒョウ柄ベースの新衣装に衣替えし、エンディングの演奏シーンも、スタジオを大きく使って、ピスバルが伸び伸びと歌と演奏のパフォーマンスを繰り広げております!

●まずは新衣装、かっこいい~~!!☆☆

けど、もしかして、この服…

コリーナ、アンドー!、リリア、ラムさんは、夏、暑くね?(笑)
cotton、ジェニさん辺りも微妙に暑そう…(笑)。

もともと春用の衣装で、もしかして、新曲の発売予定は最初は7月よりも前だったんじゃない?とか、
実は「My Voice」よりも前に、別の曲をリリースする予定があったんじゃないの?とか…(笑)


…とりあえず、7月後半に
コリーナ、アンドー!、リリア、ラムさんの四人は夏用の衣装にマイナーチェンジする

に、7000ペリカ賭けさせていただきます(笑)。

(あ、ペリカを知らない人はマンガ「カイジ」を読んでみてね!)

●そして新曲「My Voice」。
アンドー!のボーカルを大きくフィーチャーしているように見える、明るくて元気の出る夏らしい楽曲。
レゲエとかヒップホップの要素もあるような気がするけど、基本はポップスで良いのかな?

アンドー!の声って、実は明るくてポップな曲調の歌にも合うんだ!というのは、我々ファンは、メジャー1st Full ALBUM 「RATATATTAT!」の収録曲「The Bright Side」で、知る事となった訳ですが、そう考えると、「♪太陽の下でなんたら~」と歌っている「My Voice」は、
ある意味、「The Bright Side」の発展形、もしくは続編的な歌なのかも知れないですね

(作詞者が違ってたら何言ってんの!ってツッこまれるだろうなあ←まあ、空想は自由だし、ええやん!笑)。

もちろん、アンドー!以外のジェニさん、cotton、とみぃのボーカルもあるし、なんとも言えない部分もあるけど、夏に流れる番組エンディング曲としては、ええ感じなんじゃない?
あとは、音源やライブで、フルコーラスで聴いてみて、ああだこうだ言いたいなと思います(笑)。

ええっとねえ、もしかしたら、結構売れるかも☆

ベストハウスのエンディングと、あと、尚美ミュージックカレッジ専門学校のTVCMソングとしても流れるらしいから、
印象的なサビが耳に残って、ピスバル初心者が結構CD買いにいくかもね☆

話はつきませんが、とりあえず、この辺で。

Peace out~☆Bye~!☆

×  ×  ×

CA391166.jpg
最後にcottonの可愛らしい表情のカットを☆

cotton先生、この夏も元気に頑張ってね!!!☆★☆

6/20放送 キャンパスナイトフジ☆ピストルバルブ登場シーン・ダイジェスト☆

| EDIT

●6/20(金) 25時から、フジテレビ系列で放送のキャンパスナイトフジ。
そのワンコーナーにベストハウスの出演者としてピスバルがゲストで生出演したシーンのダイジェストです!!(25時30分前後くらいからの出演)
-----------------------------------------------
CA391121.jpg
MC:ケンドーコバヤシ(以下、ケンコバ)
「(渋い声で)今夜決定、『ベストハウス123に出演できるのは誰だ!私だけの123』、最終決戦!」

CA391122.jpg
SE、拍手

CA391123.jpg
牧原アナ「このコーナーはですね、ザ・ベストハウス123出演をかけて、毎週女子大生目線のオリジナル123を発表して参りましたが、本日が最終章でございます」

ひな壇芸人たち、「おおっ!」とかの掛け声。

牧原アナ「いよいよ本日、毎週水曜日夜9時の絶賛放映中のベストハウス123の本編に出場する一名が、今夜決まります!」

ひな壇芸人から「やばい、やばい!」とか、「決まる!」とかの野次(笑)。

牧原アナ「はい、という訳で、今日はですね、なんと、ザ・ベストハウスから、こちらの方達が来てくれました~!」

番組テーマ曲「The Best House 2008」に乗って、

CA391125.jpg
ベストハウスからロンドンブーツ1号2号の二人と、神原プロデューサー、

CA391124.jpg
そしてピストルバルブが登場!(とみぃ、アンドー!、cotton、ジェニ7000のフロントメンバー)

CA391126.jpg
はんにゃ金田「本物だ!本物だ!」

CA391127.jpg
CA391128.jpg
「The Best House 2008」をあてぶりで演奏するピスバルの四人。

スタジオ、拍手と歓声!

芸人たち「本物だ!本物だ!」
ロンブー淳「本物だよ」

出演者の女子大生からは可愛い~の声も飛んでましたね。

CA391129.jpg
ケンコバ「やっぱり本物は、ええなあ~!」

本物はええなあ~を連呼するケンコバ氏☆(笑)

画面には、
「ピストルバルブ ニューシングル『My Voice』7月22日リリース!」
のテロップも見えます。

ロンブー淳が毎週このコーナーを家のテレビで見てるという話や、このコーナーに毎回写真で登場しているベストハウスの神原プロデューサーが、今回は写真ではなくて生で出演しているという話の後、

CA391130.jpg
ケンコバ「あれ?後ろの方に、いつものニセピストルバルブが

CA391131.jpg
ケンコバが指差した方を見て、大笑いのジェニさん。

CA391132.jpg
ニセピストルバルブの皆さん(笑)。

CA391133.jpg
スタジオの笑い声や芸人さんのヤジの中、
cottonの声「見た事あります~」
ケンコバ「あ~、これ、見た事ありました?」
アンドー!「見た事ある~」
牧原アナ「あ、ありがとうございます」
ケンコバ「これバレてないつもりでやってたんですけどね」

CA391134.jpg
ロンブー淳「でも、ピスバルも~、あの、メイク取るとあんな感じ」

CA391135.jpg
ケンコバ「うそお!?ホントに!?」
盛り上がるスタジオ。
笑って否定する四人。

CA391136.jpg
左右に手を振って否定するとみぃ、

ちょっと~!的な事を言っているアンドー!、

思わず前に出て、違いますよ、淳さん!的な事を言っているcotton、

左手で顔を隠し、大ウケのジェニさん

と反応も四者四様です(笑)。

CA391137.jpg
アンドー!「(でも)ちゃんと楽器持っててすごい可愛い~

CA391138.jpg
牧原アナ「優しいですね。ピストルバルブの皆さんは」
ケンコバ「これどう考えてもスタッフのね、悪い方のはしゃぎ方なんですけど」(笑)

アンドー!「いやいや、全然…」
淳「せめてもっとノリノリでやるべきでしょう」

CA391139.jpg
ケンコバ「あれが身体能力の限界なんですよ」
(笑)

×  ×  ×

で、コーナーも進みまして(その間、ピスバルはスタジオから一時退場)、

ケンコバ「さあ、ではいったい、誰が選ばれるのか」
牧原アナ「今日の四組から、まずね、選んでいただきますが」
ケンコバ「今日のプレゼンで一番良かった人をロンドンブーツ一号二号のお二人が選んで下さい。お願いします!」

CA391116.jpg
♪チャッチャ~チャ~ッチャ~ッチャララララ~ラ

CA391117.jpg
アンドー!「ワン・ツー・スリー!」

生のピスバルの演奏(今回はあてぶりだけど)が見れて喜ぶスタジオの皆さん。
拍手と歓声。
ケンコバ「最高!」

CA391118.jpg
淳「(アンドー!を指して)あの、本家のワンツースリーですからね。あのコがいつも言ってる」

CA391119.jpg
うんうん、と頷くジェニさん。

CA391120.jpg
はい!と返事するアンドー!。
ケンコバ「本物は、ええなあ~」

そして、今週の優勝者が決まったあと、今度は先週までの優勝者三組と今日の優勝者が並んで、その中で更に最終的なベストハウス出場者を神原プロデューサーが選びます。

CA391114.jpg
(二回目の)♪チャッチャ~チャ~ッチャ~ッチャララララ~ラ

CA391115.jpg
アンドー!「ワン・ツー・スリー!」

で、最終的に二組の番組出演が決まり、このコーナーは終了。
※この生放送の翌日(正確には当日)の、6/21(土)のベストハウスの収録に、優勝者は出演との事)。

CA391113.jpg
最後にチラッとだけ映るピスバルの皆さん(残念ながらジェニさんは見切れてしまってますが…)

☆  ☆  ☆

という事で、以上、キャンパスナイトフジのピスバル出演シーン・ダイジェストでした。

メンバーの皆さん、おつかれさま!☆

久々に生放送でピスバルが見れて、めちゃ嬉しかったです!!☆


6/20 Dazzle Vision@新宿Antinock(ワンマン2days ラスト)

| EDIT

2009/6/20(土)@新宿Antinock
to the next dazzle-音-days2 DAZZLE VISIONワンマン!!!
◆出演 DAZZLE VISION
◆OPEN 19:00/START 19:45

◇DAZZLE VISION セットリスト(ボーカルMaikoさんのDiaryより。一部手直し済み)

1 opening SE「COLOREDカラオケ」
2 Crystal
3 Child be found of…
4 空迫
5 VISION
6 HERE
7 幻浄
8 Eternity
9 orb
10 tonight
11 Moon
12 IN A MOMENT
13 僕が僕であるために
14 to the next
15 crash in 2
16 All refused

(EN.1)
17 滅
18 四季別

(EN.2)
19 Camellia

20 ending SE「starfishカラオケ」

●インディーズラストのDAZZLE VISIONワンマンライブ、2daysの最終日でした。
ワンマン初日は、プロモの映像とライブを両方見せるという趣旨だったんで、ライブの曲数自体はチョイ少なめだったんだけど、今回の2days最終日はここぞとばかりにたっぷりとたくさんの楽曲を演ってくれましたね☆

●途中で何回かMCが入るんだけど、「喋るのは苦手(Maikoさん)」という事で、ほぼノンストップに近い形でのライブ。
初披露の曲や、普段のライブではあまりやらない曲もセットリストに組み込まれてて、大満足のワンマンでした!
DAZZLE VISIONの集大成&未来形が垣間見えた、一番良い形でのライブだったと思います。
やっぱDAZZLE VISIONはええなあ~♪

●ボーカルMaikoさんは前回のワンマンと同じく、胸元がパッカ~と開いた黒のショルダーストラップのタンクトップに、バレエのチュチュみたいな生地がついたワイン色のミニスカートの新衣装。
いやあ、セクシー過ぎてほんと素晴しい☆
マイマイ、ありがとうございます☆(笑)

ちなみに、ステージに登場した時から、Maikoさんはとてもすっきりとした、晴れ晴れとした表情をしていました。
本当にベストのコンディションに見えましたね。
その様子を見た瞬間、このライブは成功するに違いないと、心の中で思いました。
事実、大成功に終ったのではないかと思います。

●僕が僕であるために、良かったなあ~。
この曲では、デスヴォイスと重低音サウンドを封印し、シンプルなメロディラインの演奏に沿って、ほぼ日本語詞の歌をしっとりと歌いあげるMaikoさん。
DAZZLE VISIONの新たな一面が見れたとてもええ感じの楽曲だったと思います。

ちょっと前のライブからやり続けている、こちらも新曲のIN A MOMENTもやっぱり新しいDAZZLE VISIONの魅力が出ている、いい曲だと思いますね。

●そして、Child be found of…、crash in 2、All refused、滅とか、おなじみのデスヴォイス全開曲が流れると、アドレナリンが騒ぎ出してしょうがない自分…(笑)

ああ、めちゃくちゃ楽しかった☆

●という事で、6/26に大阪でのライブを控え、その後はメジャーデビューの準備で、しばらくライブはお休みするというDAZZLE VISION。

正直、しばらくライブがないのは寂しいですが、メジャーデビューに向けて色々頑張っていただければなと思います。
DAZZLE VISIONの皆さん、インディーズ最後の素晴しいライブ、ありがとうございました!

×  ×  ×
という事で、以上、DAZZLE VISIONワンマンライブレポでした!☆

Category: DAZZLE VISION

6/19 FullMooN.13@大塚Deepa

| EDIT

2009/6/19(金)@大塚Deepa
Beat Shuffle Evolution!! Vol,4 ?Girl's Rock Night?
Prime of M / 松本菜々美 / MANA meets Blue Bajou / エンデヰストピア / ALiCE / Full moon.13 / ピンクターボ
OPEN/START 17:00/17:30

●悪の組織Black Moon.13と戦う、Full moon.13(と書いてフルムーンと読む)のライブでございやす☆

来月7/7にファーストフルアルバム「ふるぽけ。-FullMooN.13 Pocket-」の発売も決まり、更に7/12に初のワンマンライブも決まったFullMooN.13。

この日はアルバムに収録されている新曲と、今、アキバ系の皆さんの間で話題のアニメ「けいおん!」のED曲のカヴァーを披露!

「けいおん!」を見ていない自分が言うのもなんだけど、まあ、これがかっちょいいカヴァーで、ツインギター(一人は男性サポート)にベース&ドラムの分厚いサウンドと、ボーカルそるくさんのほっそい見た目と裏腹のめっちゃええ感じのロックヴォイスが、まあ、カッコいいのなんのって。

ゴスロリ系バンドの概念を飛び越え、アキバ系アイドルバンドのカテゴリを大きくはみ出す、超良質なギャルバン、Full moon.13を今後も注目して行きたいと思います。

…この文章だと、このバンドの良さを100分の1も伝えられてないけどね。ま、ええわ。

ではではそゆことで。
じゃっ!!

6/18 NEW STRIKE ZIPPER、ロリータ18号@渋谷チェルシーホテル(「ロリータ18号結成20周年記念シリーズ」-ライト★ナイト-)

| EDIT

■2009/06/18(thu)渋谷CHELSEA HOTEL
【ロリータ18号結成20周年記念シリーズ】
-ライト★ナイト-
open/start 18:30/19:00
-act-(出演順)
NEW STRIKE ZIPPER
太陽族
ロリータ18号

▼ロリータ18号結成20周年記念イベントでした☆
(凄いよねえ~、20周年って)

毎月、一人ずつロリータのメンバーがフィーチャーされ、そのメンバーと縁が深いバンドさんをゲストに呼んで行われる「○○☆ナイト(○○はメンバーの名前)」シリーズ。

今回はギターのライトさん企画の「ライト☆ナイト」で、ベテランバンド太陽族とともにライトさんに指名されたのが、我らがNEW STRIKE ZIPPER(以下ニュースト)。
何気にニューストは、ロリータ18号とは初対バンだったそうです。

▼ちなみにニューストはもう何回も見てるけど、ロリータ18号を見るのは実は二回目。二年前くらい一度観に行ってます。
前回見た時も凄いバンドだなあと思ってたけど、今回もその素晴しいライブに脱帽しましたわ~。それにしても20周年って凄いよね!!

▼ライトさんと同じ音楽学校で同期だったのがニューストのドラムのカニさんで、二人はその時からの付き合い(ちなみに他のニューストメンバーも同じ専門学校で、二人の先輩という関係)。

更に、ライトさんとカニさんは、当時、THE☆SCANTYというギャルバンのファンという事で意気投合しお友達になったとの事ですが、そのライトさんと同時期にロリータ18号に新メンバーとして加入したドラムのTO-BUさんは、実はなんと、その「THE☆SCANTY」の元メンバー(!!)。

ライトさんのロリータ加入後、カニさんもライトさんの紹介でTO-BUさんとも仲良くなり、同じドラマー同士、今ではある意味師弟に近い関係との事です(以上、今回のイベント中のロリータ18号のMCより)。

この日のロリータのライブ前のセッティングの時には、カニさんはTO-BUさんのドラム専門のローディーもこなしていて、なんか色々大変そうでした(笑)。
カニさん、どうもお疲れさまでした☆。

▼さてさて、話は、開演前に遡りまして…

渋谷チェルシーホテルには開演時間のちょっと前くらいに到着。
開場の内外でニューストメンバーと遭遇し、いつものようにご挨拶。
相変わらずメンバーは気さくで優しかったですね。
トップバッターだけど会場側の都合(?)で10分押しという事で、結構ぎりぎりまでうだうだと喋っておりました(笑)。

ニューストはチェルシーホテルは、たぶん、二回目か三回目くらいの筈。
前日までアルバムのレコーディングでまともに寝てないみたいな話をしていたけど、表情は皆さん活き活きとしていて、見た目には非常にリラックスしているように見えましたね☆

▼フロア横のスクリーンに、開演前とライブの転換中、ずっとAKB48のプロモの映像が流れてました(笑)。

これにはちゃんと理由があって、実はこの日の主役・ロリータ18号のライトさんが、実は熱狂的なAKB48ファンとの事(アキバのAKB専用の劇場にも、しょっちゅう行っていると言ってました。笑)。

ライトファンにとってこの事は既に周知の事実らしく、ライトさんのファンの方々はライトさんの為にAKB48のグラビアが載った雑誌とかを差し入れしたり、してるみたいです(笑)。
確かに女性で女性アイドルのファンってたまにいますよね。でも女性のバンドマンで女性アイドルオタク(←ライトさんライブ中のMCで語っていた)って結構、珍しいかも(笑)。

▼そんなこんなで(?)、まずは、私の好き好き大好きバンド、NEW STRIKE ZIPPERからライブスタート!

◇NEW STRIKE ZIPPER セットリスト
1.<Re>
2.Overwhelm
3.Nothing waste sings
4.It's up me to change
5.Forever
6.READY TO GO
(It's up~とForever逆だっけ?)

いつものようにかっこいいライブ!!
ニューストのライブを見るのは、本当に楽しい☆
ほんとなんなんだろうね?(笑)

▼今回、20周年のロリータ18号のギターのライトさんが主役のライト☆ナイトにお呼ばれされたニューストですが、ベテラン勢と同じステージで、実質上のスリーマンライブという事で、何気に緊張してるとボーカルNAOさんはMCで言っておりました。

あとで、ベースのMIKAさん(以下みったん)は、高校生の時から聴いていたバンドだったから、対バンは本当に嬉しかったって言ってましたね。

この後のロリータのステージを見て、ニューストメンバーも色々感じたり、学ぶ事も色々あったんじゃないかな。

それはそれとして、やっぱニューストはカッコ良過ぎる!!ニュースト大好きです!!☆☆(相変わらず客観性ゼロのリポートだわなあ~。笑)

▼その後に出て来た太陽族は、男性だけのベテラン(中堅?)パンクロックバンドだったんだけど、シンプルな熱い歌詞とド直球なパンクサウンドが、ある意味新鮮で、感動的でしたね。
このバンドのボーカルさんも青春時代にカセットテープでロリータ18号を聴いていたという、根っからのロリータ18号ファンで、何回か過去にも対バンしてるみたいだけど、今回の20周年を記念するイベントでの対バンはひときわ嬉しいという内容の事を言ってましたね。んむ、太陽族、いいバンドですなあ☆

▼さてさて、大トリは、ロリータ18号。
スリーマンライブだけど、実質ワンマンに近い曲数&持ち時間でやっていた気がする。一時間半くらいやってたかな。

なんだろう、この安定感というか、地肩の強さと言うか…
凄いです。参りました!!!

なんだろう、言わばレジェンドだよね?

ボーカル石坂マサヨさんの人間的なオーラ?
もちろんその達者なMCもそうだし、後半は曲と曲の間でハアハア言ってるんだけど、歌っている間は絶対ぶれない歌唱力とスタミナ。
お客さんのノせ方だったり、空気の掴み方といい、ほんとただもんじゃないよね。
とりあえずライブではおなじみ、マサヨさんの口からの水噴射も、きっちり受けて参りました(直撃じゃなかったけど。笑)。うん、良い記念になったかな?(笑)

▼そしてマサヨさん以外のメンバー、楽器めちゃくちゃうまい!!!
例えばロリータ18号の音楽性に興味がない人が見ても、そのうまさには唸らざるを得ないんじゃないかな。
前回、二年前に見た時は、マサヨさんのボーカルとライトさんのギターにしか注目してなかったんだけど、ドラム・TO-BUさんはもちろん、ベースのたこちさんも何気にめちゃうまだなあと思った。テクニカルな感じのうまさというより、味のあるうまさ。

▼最年少のライトさんのギター。今のギャルバンの若手女性ギタリストの中ではトップクラスのうまさじゃない?ライトさん、恐るべし!
ほんで、二年前に見た時と、見た目とか雰囲気が全然変わってるんだよね~~。

前は髪の毛はピンクのハーフモヒカンに白のセルフレームのメガネとかかけていて、完全にとんがってて、少年っぽいイメージだったんだけど、今回はメガネなし、ナチュラルな黒髪、優しい感じの表情、年相応の女の子っぽいお洋服と、完全に可愛らしい感じに変身しておりました。

で、MCの内容はAKB最高!みたいな内容で(笑)、自分をさらけ出して楽になったんだろうなあという感じがしましたね。
そんなライトさんを見る為だけにロリータ18号を観に行ってもいいんじゃないかな。その前に石坂マサヨさんのパワーの方が強過ぎるけどね…(笑)

▼あ、そうそう、ロリータのライブ冒頭で、ライトさんが珍しくソロボーカルを披露!
楽曲はカラオケの18番で、THE☆SCANTYのなんとかって曲をやってました。アイドルっぽい声質ながらも、張りがあり、安定したボーカルで、正直めっちゃうまかったですね。ボーカリストとしてもいけるんじゃね?みたいな(笑)。

▼アンコールで、対バンメンバーをステージに呼び出し、マサヨさんとニューストメンバーもMCで絡んだりしてたんだけど、マサヨさんがまずお客さんに、
「良く分からない曲でも、Oi!Oi!って、コールしてくれればいいから」
みたいな事を言って、
しばらくして、ニューストのみったんに
「じゃあ、準備はいいですか!」的な事を聞いたら、

みったん「イエイ!」
マサヨさん「(イエイ!じゃなくて)Oi!だって言ってんだろ!」
(笑)
みたいにツッコんでたのが面白かった(笑)。

もうマサヨさんが聞き直すと、
みったん「Oi!」
マサヨさん「素直なコで良かった…」
みたいなやりとりも面白かったなあ~(笑)。

×  ×  ×

という事で、非常に楽しいイベントでしたとさ☆

全くの余談ですが、ライトさんが昔所属していた、ドキシェイのメンバーMIHOさんがライブを観に来ていて、ニュースト終わりにMIHOさんの方から話しかけられたのでびっくり!
ロック系のライブはほとんど見るのが初めてだって言ってたけど、この日のライブは楽しめたんだろうか?(ちなみに、初めて見たニューストをいいバンドだってめっちゃ褒めてました。ありがたい事です☆)

はい、以上、ライブレポでした!☆

今日のキャンパスナイトフジにピスバルが出るんだって

| EDIT

未確認情報ですが、フロントメンバー四人が深夜1時からのフジテレビのキャンパスナイトフジに出るんだって。

今、出先です。間に合うかなあ~( ̄○ ̄;)

レンタル専用盤 「TRIAL SHOOT! 」を借りて来た☆

| EDIT

トライアルCA391103
写真、中のカードが逆さまですな。ま、いっか(笑)。

●6/14レンタル開始(うちの近所のTSUTAYAは6/13)の、新曲二曲を含めたピストルバルブのレンタル専用CD、「TRIAL SHOOT! 」をTSUTAYAからレンタルして来ました!☆
早速iPodに落として聴いてますよ♪

CD初収録の「Good-looking dreamer」&「パイこそはすべて ~All You Need is Pie~」の二曲…ピスバルらしい魅力溢れる良曲だと思います!!

正直、実験的要素が強かった前アルバム「Stick 'em up !(ステカマッ!)」と比べても、よりピスバルらしさが戻って来た気がしますね!

「Good-looking dreamer」~明るくて楽しい感じの歌詞&楽曲ながらも、コーラスや音の分厚さ、ホーン隊の迫力でぐいぐい来る感じが夏らしくていい感じ。ゴスペルっぽい部分もありますね。

「パイこそはすべて ~All You Need is Pie~」~ピスバルが他のガールズ系のホーンバンドやスカバンドと比べても圧倒的に勝っていると思われる、ピスバルの真骨頂、「クールでヒップでワルの魅力」が溢れた名曲。

この二曲を比べた時に、最初は自分的には「パイこそはすべて ~All You Need is Pie~」のが好きかなと思ったけど(なんとなく古くからのピスバルファンはこっちの方が好きな気がするっしょ?笑)、なぜかさっきから「Good-looking dreamer」の方を多めにリピートして聴いております。

…ていうか「Good-looking dreamer」、この曲、良い曲過ぎねえ?
ピスバル史上5本の指に入る傑作のような気がする。
まあ、もちろん人の好みや感じ方なんて人それぞれだろうけど、CDで聴く限り(この前ライブでも聴いたが)、「Good-looking dreamer」、めっちゃいいっすね!!

どの曲も良いに決まってんだろ!という意見にも毛頭逆らうつもりはないけど(笑)、とりあえず、「Good-looking dreamer」、最高!と言っときます。

もちろん、「パイこそはすべて ~All You Need is Pie~」のカッコ良さも相当ですけどね。メジャーデビュー後のピスバルの楽曲の中でも自分的には相当上位に入りますね。

そのうち管理人が選ぶピスバルの楽曲お気に入りベストテンでもやりますか。ではそのうち機会があったらという事で…

●そんなこんなで、インディーズ時代の名曲も含めて、聴き応えバッチリの「TRIAL SHOOT! 」。
みんなでどんどんレンタルしちゃいましょうね!

ではではそゆことで。
Peace out~!Bye~!☆

7/22発売ピスバルニューシングル情報&明日6/13はTSUTAYA限定レンタル専用盤「TRIAL SHOOT!」のレンタル開始日!!

| EDIT

公式HPよりコピペ↓

■2009年7月22日 シングル「My Voice」 リリース決定!!NEW!!

テイチクエンタテインメント移籍第1弾、約1年ぶりとなる通算5枚目のシングル「My Voice」待望のリリース!

秋には全国ツアーを計画中!詳細は決定次第ホームページにてお知らせします。

myvoice_syokai.jpgmyvoice_normal.jpg


初回限定盤 ?1,500(税込)TECI-189 / 通常盤 ?1,000(税込)

1.My Voice(フジテレビ「ザ・ベストハウス123」エンディングテーマ・尚美ミュージックカレッジ専門学校TVCMソング)
2.Good-looking dreamer(関西テレビ「イケメンデルの法則」テーマ曲)
3.くちばしにチェリー

≪初回限定版≫
DVD付き
*DVDはPV+α収録予定。ご期待ください。
-----
◆写真の向かって左が初回盤、右が通常版のジャケットのようです。
なかなか思い切ったデザイン!!アンドー!のアップいいですね!☆

昔このブログで、ピスバルが今以上の人気を得る為には、まずはアンドー!の顔を売って、全国区にブレイクさせるのが一番良いのかも、とチラッと書いた記憶があります。

アンドー!のクールでファニーでカッコ良い感じは絶対若いコは好きだと思うので、その路線で押し切っていただければと思います。

…まあ、CDジャケットがアンドー!だからって、アンドー!推しでプロモーションするのかどうか分からないけどね。
でも色々やってみるのも良いんじゃないですかね。音楽性さえぶれてなければ、なんでもありなんじゃないかな。

◆3曲目のくちばしにチェリーは、おそらく、M-chanが好きなバンド、EGO-WRAPPIN'の曲のカヴァーでしょうね。
永瀬正敏主演のTVドラマ、「私立探偵濱マイク」の主題歌だったんだよなあ。懐かしい。濱マイク結構好きだったなあ。
正直、どんなカヴァーになっているか非常に楽しみです。

この曲(どんなアレンジかにもよるけど)といい、Good-looking dreamerといい、ジャジーだったり、ちょっと懐かしい感じだったり、大人っぽい感じを狙ってるっぽいのは非常に嬉しいですね☆
(テイチクにレコード会社を移籍したのも多少は関係あるのかな?)

そしてもちろん良い意味で、昔のヤヴァイ感じが戻って来てる気がするのは私だけでしょうか。
非常に好ましい傾向ですね☆
若い人が背伸びして聴きたい曲…をどんどんリリースしてくれればいいなと思う。My Voiceもどんな曲だか気になるなあ~。

●明日6/13はいよいよ、TSUTAYA限定レンタル専用盤「TRIAL SHOOT!」のレンタル開始日です。
えっ、公式HPには、6/14って出てる?
地域によって違うのかな?少なくともうちの近所のTSUTAYAは6/13からって出てますよ。

はい、こちら証拠。
キアヌCA391100
TSUTAYAのフリーペーパー「TSUTAYA CLUB MAGAZINE」(2009年6月号)

中身CA391101
…の中身(P22)。6/13って書いてある。

ちなみに今日(6/12)行ってみたらまだ置いてなかった…

明日、もちろん、また行ってみますね。全部貸し出されてなければいいなあ…☆

んじゃ、そゆ事で。Pease out~!Bye~!☆

FチョッパーKOGAさん、新バンド名&バンドメンバー発表!!(6/12追記済み)

| EDIT

◆インディーズでの活動を終了し、バンド名を変え、メジャーデビューに向けて準備中のTHE PINK☆PANDAから音楽性の違いで脱退。
自分がやりたい音楽を追究する為に、新たにバンドを立ち上げ、メンバー募集やその他の準備を行っていた、超絶スラップでピンパンファン以外にも有名な人気女性ベーシスト、FチョッパーKOGAさんが、6/10に自らのブログ(FチャッパーKOGAのはじめの一歩から)で、ついに新バンド名とメンバーの発表を行いました!!(6/10の日記「いよいよ発表ー!!」

新バンド名は、
「Gacharic Spin」。

Gacharic Spin official site
http://gacharicspin.com
(←準備中)

以下、同サイトのTOP画像より(メンバーの写真)
top.jpg

向かって左から、

□GUITAR:EITA
(ex.時空海賊 SEVEN SEAS、EITA&Prince YO-)
W e l c o m e t o E I T A 's W e b s i t e

□VOCAL :TAKA(安次富たか江)
(ex.linkage、Y.M.C.A、UN-FINESH、MB4、THE Strawberry GUN-GUN)
◆◇link age Vo. あしとみ たか江 Official Blog◇◆

□BASS :FチョッパーKOGA
(ex.THE PINK☆PANDA、平安)
FチョッパーKOGAのはじめの一歩から

□DRUMS :佐野はな
現The Spade 13(ex.アルメリア、平安、12.ヒトエ)
The Spade 13 no Deja vu | 佐野はな

※以上、某mixiのFチャッパーKOGAコミュの情報より(一部修正有り)。情報ありがとうございます!
担当パートは現時点でのD氏の予想ですが、おそらくこれであってるでしょうね。

バンド名の読みは、「ガチャリック・スピン」でいいのかな?
略称は、「ガチャスピ」説もあるけど、ここはやっぱり、「ガチャピン」でしょうね(笑)。



しかし、それにしても、

な、なんじゃこの豪華メンバー?!☆★

という事で、細かい感想は、また後日…(もしくは当日記への追記で)。

☆ ☆ ☆

6/12追記~まあ、それほど書き足す事もないっちゃあないんだけど…

●まずは、可愛らしいルックスと裏腹に、バキバキと超絶スラップを決めまくり、ベーシストの会「地下室の会」にも所属し、一時期はベースマガジンにも連載を持っていた、ベーシスト会のアイドルのKOGAちゃん。

そして過去に二度もメジャーデビューを果たし、ベース、ドラム、キーボード、ボーカル等、あらゆるパートをマルチにこなす天才マルチプレーヤー佐野はなさん。

彼女らのライブは、過去に何度も間近に見ているので、その凄さはばっちり分かってるつもりなんですが…あと二人も結構なビッグネームっぽいんだよねえ~。

●まずはギターのEITAさん。

この人は、つい先日の2009年5月に惜しまれつつも解散した、ヴィジュアル系スピードメタルバンド時空海賊SEVEN SEASで紅一点ギターを務め、SEVEN SEAS以外にもソロやユニットで活躍。

2006年には、池袋サンシャインにて開催された2006楽器フェスティバルで、あのマーティ・フリードマンとのギターセッションを披露し、超テクニカルなギタープレイを披露したりと、こちらも全国のギターフリークの間では知る人ぞ知る存在の、若きスーパー女性ギタリストですね。

この日記を昔から読んでくれている人なら知ってるであろう、あのM氏も、一時期、EITAの現場にちょくちょく行っておりましたね。

なので、うわさではなかなか凄いと聞いてたんですけど、残念ながら生では見た事がないんだよなあ…

そのEITAとFチョッパーKOGAがまさか同じバンドを組む日がやってくるとは!!
これは正直凄い事…の筈です(笑)。

●そして唯一、こちらにあまり情報がない、ボーカルのTAKA(安次富たか江)さん。

この人については正直あまり良く分からないんだけど、彼女が在籍していたバンドのHPとかを見ると、色んなテレビ番組(結構メジャー)のテーマ曲を何曲か歌ってたりと、こちらもなかなかの経歴を持つ人のようです。
6/14に現バンド、Link ageの活動休止ライブがあるんだって。一応チェックしておこうかなあ~。

●という事で、まずはライブ自体は恐らく、それぞれの個性が激しくぶつかり合う、テクニカルでハードでスピード感溢れる熱いライブになるであろうと思われます。

あとは、楽曲がどうかだよね。
基本的に皆さん、激しい系の音楽がお好きだと思われますが、その中でもそれぞれ好きなジャンルとか、得意な曲調とかもあるだろうし。

ただ、いわゆるマニア受けにとどまらず、一般の人にも届くような内容の楽曲が一曲でも出来上がったとしたならば、一気にメジャーの展開もひょっとしたらあるかも知れない…

ていうか、この四人が揃った時点で、音楽誌も取材に来るだろうから、結構、火がついたらガーッと行くかも知れないですよ!

という訳で、まずはデビューライブの日程を早く知りたいですね!
是非彼女たちのファーストステージを直接目にしたいなあと思います。

以上、追記でした☆

ガチャピンの皆さん、頑張って下さいね!☆

「イケメンデルの法則」テーマ曲期間限定無料配信&7/26に愛知県でピスバルライブ!!

| EDIT

以下、公式HPよりコピペ↓

■「イケメンデルの法則」テーマ曲 期間限定無料配信!(※2009年6月11日放送終了まで)NEW!!

関西テレビ「イケメンデルの法則
のテーマ曲『Good-looking dreamer』モバイルサイトにて着うた無料配信中!
 期間終了後、2009年6月14日より有料配信開始予定。
こちらのQRコードを携帯電話で読み取ってください。
goodlooking.jpg
--
もう既にダウンロードしました!
早くフルバージョンを聴きたいですね!

はい、次!↓
---
◇ピストルバルブコンサート  NEW!!

日程:2009年7月26日(日)
時間:15:00開場 15:30開演
会場:豊明市文化会館
住所:豊明市西川町広原28番地1

チケット料金:全席指定 一般:2,500円  高校生以下:2,000円 ※未就学児の入場は、ご遠慮ください

チケット発売:
2009年6月13日(土) 午前9時より豊明市文化会館にて発売開始 (発売開始日 6/13 に限り、お一人様5枚まで)
電話予約は、6月14日(日)午前9時より受付開始 (完売の際はご容赦ください) 詳細はこちらから


※リガチャー・クルー会員の皆さまへ:FC優先予約はありません。ご了承ください。
お問い合わせ:豊明市文化会館 TEL:0562-93-3310 FAX:0562-93-3100 E-mail:bunkan@city.toyoake.lg.jp
--
愛知県にお住まいの方!是非楽しんで来てください!
自分は…この日はちょっと難しいかな?

×  ×  ×
という事で、久々に五回分の日記の一挙更新でした☆

では、そゆ事で。
Peace out~☆Bye~!☆

6/6 exist†trace@目黒鹿鳴館(ワンマンライブ)

| EDIT

2009年6月6日@目黒鹿鳴館
THE SHOWCASE ONE MAN!
[Genesis Vanguards]
open17:30/start18:00(実際のスタートは18:30~)
出演:exist†trace

●まだ本格的にどっぷりハマった訳ではないが、他バンドの対バンで二回程見て気になっていた、「男前な女性だらけのV系バンド」、exist†trace(イグジスト トレイス)のワンマンライブに参戦してきました。
もちろん、ワンマン初参戦です☆

●この日は仕事帰りの参戦。初めから会場への到着が18:30を過ぎるのが分かってたので、18:00スタートのライブに行くのもいかがなものか思ってたんですが、目黒鹿鳴館のHPには18:30スタートと書かれてたので、一か八かで前売り券を購入。
18:40過ぎに到着して、会場のスタッフさんに聞いたらやはり18:30に始まりましたとの事。
実質15分くらい遅れての入場だったけど、結局アンコールを入れて2時間くらいやってたからまあ良かったかなと。次回はちゃんと最初から見たいなと思います。

●お客さんはたぶん200人オーバーくらいで、超満員と言ってもいいんじゃないかな。
本当は前の方で見たかったけどやむを得ず後ろの方で見てました。
男女比は半々くらい。若い女性ファンが多いなという印象。男性ファンの野太い声と、女性ファンの黄色い声とデス声が入り混じった声援が、会場に響き渡っておりましたね(笑)。

●ヴィジュアル系バンドの総本山(?)の目黒鹿鳴館には今回初めて足を運んだんですが、その会場内部は、まずステージ幅よりも更に左右に横幅があって、天井が高くて前後に奥行きがあり、そして最後部に小さい出入り口があって、その左右は壁という、なんちゅうか収容力はあるけど、熱気がこもりやすそうなライブハウスだなあと思いましたね。まあ、良い意味でロック向きのライブハウスなんじゃないかなと(笑)。

●お客さんは前方4~5列目くらいまでの盛り上がりが凄かった。そしてライブが進むに連れて、会場全体にライブの熱が伝わってったなあという感じでしたね。

ただ最初前半、めちゃくちゃお客さんがおとなしくって、どうかしたの?と思いましたね。なんか静かでおとなしめの曲の時だけ、お客さんがいっさい拍手とかしないんですよ。
曲の終わりと次の曲の始まりが間が詰まってる場合とか、ボーカルの沈黙が一つの演出になっている場合とかなら拍手なしは分かるんだけど、そういう事でもないみたいだし、なんか独自のルールでもあるんだろうか。演者もなんかやりにくそうな感じだったけど…

●途中でいったんカーテンが閉まり、スクリーンにイメージ映像を流したりして、ワンマンらしい演出の工夫をしていましたが、どうにもこうにもぎこちない空気が流れる場内…

その後、メンバーのソロ演奏のコーナーがあったんですが、最初のドラムソロコーナーで、やっとお客さんが息を吹き返したというか、声援や拍手が復活して来ましたね。

全体的にゴスっぽく妖しい雰囲気を押し出しているイグ(exist†traceの略称)ですが、ドラムのMallyさんが屈託のない明るさと人なつっこさでファンのコと絡んでいて、お客さんもほっとしたというか、空気がほぐれた感じになっておりました。
ドラムプレイ自体も結構良い感じだったし、Mallyさんいいなあと思いましたね。

●皆さん、演奏のレベル自体は結構高い方で、それぞれ魅力的なプレイヤーでいいんじゃないかなと思います。
ただ、ワンマンということで、おそらく普段やらない曲とかもやっていて、前半は多少ぎこちなさとか硬さが感じられたかな?

あとは、会場の後ろで見ていたせいか、会場の音響のせいなのか、スローな曲調の曲が意外と多かったからなのかなんなのか、あんまり、ガツン!とした音の圧を感じられなかったのが残念。
…いや、これはフロアの前に行けば解決するかな。次回からはそうする事にします(自己完結)。

●ボーカルのジョウさん。男前な女性ボーカリストで、ライブ中も「お前ら!次の曲も盛り上がっていけよ!」的な煽りでお客さんを盛り上げてたけど、基本的にこの人も真面目でシャイっぽい(笑)。絶対いい人だよね。この人は女性ファンが多いだろうなあ。

この人も普段歌い慣れない曲が多かったからなのか、特にスロー系の曲は歌いづらそうにしていた印象強し。声の音域が狭そうなので、この人の音域にあった曲か、歌い上げる熱唱系の曲か、もしくは勢いのある早い感じの曲をもっと増やしてあげればいいんじゃないかなあ。

●さてさて、自分的にはやっぱり、しも手ギターのMikoさんな訳です。いや、この人、いいよなあ~☆ステージのかみしもを行ったり来たり、柵に登ったり、ぴょんぴょんジャンプしたり、ステージ最前で壁にしなだれかかるように座って演奏したりとか、ちょっとたまりませんわ!(笑)
最前で見てたMikoファンが羨ましい…次回は絶対前行こうっと(そればっかり。笑)。

●ここまで、なかなかの盛り上がりを見せていたのだが、アンコールがなぜかおとなしめの曲(なんで?笑)。曲が終ってメンバーがはけて行く時、会場、めっちゃ静か(笑)。
メンバーが全員ハケてから、慌ててお客さんの二度目のアンコール(アンコールの時は声でかいのに…)。

●そしてダブルアンコールで登場したメンバーはこの日から物販で発売されているらしい、オリジナルのバンドTシャツで登場!
皆さん買って下さいね的なジョウさんのMCの後、最前のお客さん何人かがメンバーに声をかけて、メンバー全員に大きな紙袋をプレゼント。
中身はファンの方が作ったexist†traceのロゴが入った特製のTシャツ(幸いにもデザインは被っておらず)。
ドラムのMallyさんが貰ったばかりのTシャツをその場で羽織って嬉しそうに着ていたのが印象的。
なんかその他のメンバーも凄く嬉しそうにしていて、クールなバンドイメージと違って、普通に優しそうでいい人達っぽかったなあ。

●ダブルアンコールは人気の曲、Venomとか、VANGUARDを熱唱!!再び会場はめちゃくちゃ盛り上がり、無事ワンマンライブ終了。確かにこの二曲はかっこいいね!!

×  ×  ×
なんか色々言いましたが、荒っぽいし発展途上な感じだけど、とても惹き付けるものがあるバンドだなあと。ファンに愛されるのは分かる気がしましたね。
愛嬌というかバンドとしての色気も備わってたので、すごくいいと思います。なんだかんだ言って、次回のワンマン(11月)や、その他のライブにもまた是非足を運ぼうと思います☆

(次回はMikoさんの前で見ようっと☆笑)

6/4 ULYSSES@高円寺HIGH(ツアーファイナル)

| EDIT

6/4(thu.)@高円寺HIGH
いいものだけがここにある Vol.11 女声創世期
出演(出演順):風 / ノエ / fragments / Nanako / ULYSSES
OPEN/18:00 START/18:45

◇ULYSSES セットリスト
1.光
2.夢、まほら
3.カゲオクリ
4.蝶律
5.冷たい手
6.羽根
EN:Liberate

●ULYSSESのファーストミニアルバム「アトリエ」のレコ初ツアーの、ツアーファイナルライブでした☆
女性ボーカルのバンドやソロアーティストらが揃ったイベントで、それぞれのアーティストが独自の世界観と見応えのあるライブを見せてくれたかなと思います。

Nanakoさんのひっつき虫やサクラは相変わらず良い感じだったし、初めて見る風(ふう)さんのMC(東京から千葉まで夜中じゅう歩いて帰った話)が特に印象的だったなあ。

●さて、大トリのULYSSESですが、ツアーを終えて来たせいもあるのか、なかなか堂々とした貫禄のあるライブでしたね☆

やっぱりライブ初披露の「冷たい手」が一番の見どころだったかなあ。ボーカルYUKIさんの甘い歌声と語りが堪能出来る、どこを切ってもYUKIワールドな楽曲で、アルバムの音源よりも前に今日初めてライブで聴いた人はたまらんかっただろうなあ~。

もちろんその他の曲も含めて相変わらずのULYSSESの世界観溢れるライブで、演奏やボーカルにずっと聞き惚れてしまいましたね。ULYSSES、やっぱすげえなあ~☆

●アンコール、お客さんが振る白いサイリウムの光の中、ULYSSESライブでも定番のLiberateで締め。
いやあ、良い感じで終れて良かった、良かった☆

●そして、暗転後、「せーの!」で、ステージ上の出演者とお客さんと一緒に、ULYSSESメンバー・ヴァイオリンのMIDORIさんと、サポートメンバーMEGさんの誕生日(二人とも6月4日)を祝うバースデーソングを歌うサプライズもありました。
とてもあったかくアットホームな感じでイベントは終っていきましたね。

●さてさて、イベント後、物販席でメンバーとファンとの交流の時間の後、ULYSSESのスタッフさんから熱心なULYSSESファン(通称ユリシスト)の皆さんに、宜しければ打ち上げに参加しませんかとお声がかかり、ファンの一部はULYSSESの打ち上げに合流していきました。

ちなみにその打ち上げに私、管理人が参加していたかどうかは…ご想像におまかせします☆

…いや、本当にねえ、メンバーもスタッフの方も本当にファンに優しくて恐縮しちゃいますね。

ULYSSES、本当にこれからも頑張って欲しいです☆

という事で、以上、ライブレポでした!☆

6/3 Dazzle Vision@六本木morph-tokyo(ワンマンライブ2days~初日)

| EDIT

2009年6月3日@六本木morph-tokyo
[to the next dazzle -絵-]
Open19:00 Start19:45
出演:Dazzle Vision

◇セットリスト(ファンの方のブログを参考にしました!ありがとうございます!)
※(イメージ映像上映)
1.Child Be Found Of...
2.空迫
3.Here
4.Moon
5.In A Moment
6.Orb
7.Eternity
8.Crush In 2
9.Camellia

●いよいよメジャーデビューを目前に控えた(らしい)、Dazzle Visionワンマンライブ2daysの初日、六本木morph-tokyoでのライブでした☆

イベント名の「to the next dazzle -絵-」というタイトル通り、今回は今までのインディーズ活動の集大成をイメージ映像の「絵」で見せようと言う趣旨のライブ。

ちなみに次回の、6/20(新宿Antiknock)のワンマン2daysの二日目のイベントタイトルは「to the next dazzle -音-」で、今回以上に多くの曲を演ってくれるそうです。

会場では、2日間限定の直サイン入りのイベントTシャツも売られておりました。
自分は白は似合わない(と思っている)ので買わなかったけど、違う色のだったら結構欲しかったかも。

●イメージ映像…バンドの世界観を幻想的な映像と言葉(文字)で伝える雰囲気のあるPVと、メンバーの素顔が垣間見えるメイキングが合わさったような内容で、メンバーへのインタビュー映像も含め、現段階でのDazzle Visionの方向性や現在の状況を見る事が出来る、非常に凝った造りの映像となっておりました。
ライブの前に流す映像としては、良い意味でコンパクトに纏まってて、悪くない感じだったんじゃないかな。

●さて、そのイメージ映像が終るくらいのタイミングでステージのカーテンが上がり、いよいよ、Dazzle Visionの登場!!☆

これはもう逆に触れないのも不自然なんで、正直に言いますけど、まず、ボーカルMaikoさんのニュー衣装ですね!☆

上半身は、腕と肩が大きく露出した黒いショルダーストラップのタンクトップに、下はバレエのチュチュみたいな生地がついたワイン色のミニスカート、黒のニーハイに黒のロングブーツといった衣装のMaikoさん。

何が凄いって、恐らく過去最大級の胸の谷間の露出!☆胸元がパッカ~と開いたデザインのトップスでした!(←喜び過ぎ。笑)
元々豊満なバストサイズと思われるMaikoさんの胸元に正直ライブ中、ずっと目が行ってしょうがなかったです☆★☆

●実はつい最近(5月)に、アメリカのメタルコアバンド、In This Momentの来日公演があり、 Dazzle Visionはそのオープニングアクトを務めておりました。

その時、In This MomentのボーカルのマリアさんとMaikoさんが結構楽屋で長く接する機会があったようなんです。

ちなみにマリアさんはMaikoさん以上のダイナマイト巨乳(笑)で、胸の谷間を露骨に強調する衣装を着てる事が多いので、もしかしてそれに感化されたのでは?と勝手に想像をふくらませてしまう私です(笑)。

…いずれにしろ、魅力的な女性がよりセクシーになる事は、男性としては大歓迎なので、今回のMaikoさんの英断に心からの賛辞を贈らせていただきたいと思います(笑)。Maikoさん、セクシー!!ステキ!!☆(笑)

●で、ライブの方は、個人的に大好きなChild Be Found Of...(1、2、3~のやつ)や、Crush In 2などの定番曲もやりつつも、ライブでやるのは久々な気がするOrbとか、空迫とか、最近、良くライブでやっている最新曲In A Momentとか(In A Momentはすげえ好き)、聴かせるバラードmoonやCamelliaも聴けて大満足。
バンドのド迫力の演奏と、Maikoさんのロリ声とデス声の使い分けに聞き惚れつつ楽しい時間を過ごさせていただきました☆

今回は映像がメインのイベントという事で、アンコールはやってくれなかったんだけど、それでもいつものダズルのライブが長めに楽しめて、非常に良かったなと思います☆

×  ×  ×
という事で次回の6/20のワンマンラストも楽しみにしております!☆ではでは☆

Category: DAZZLE VISION

6/1 Full MooN.13、絶対領域少女。@川崎クラブチッタ

| EDIT

2009/6/1@川崎クラブチッタ
■Blreach!!~ Round 52
【アイドルチーム】桃杏める/小嶋じゅん/斉藤千夏/他
【バンドチーム】Full Moon.13/絶対領域少女。/ApiDol.
【アーティストチーム】麻衣☆(カレーズ)
open 17:00/start 17:30

●はい、このブログに書くのは初めてのバンド、Full Moon.13(と書いてフルムーンと読む)と、絶対領域少女。のライブです。

Full Moon.13は去年の2008年の6月に某バンドを観に行った時の対バンだったバンドで、その時の衝撃の出会いからずっとご贔屓にさせていただいております。
その時から今年にかけて、小さなイベントも含めるとおそらく20回近く観に行ってますね(!!)(笑)。

一回のライブの中の情報量が、「いい意味で」多過ぎて、感想を書くのがしんどいのと、もうこのバンドは完全に趣味で、見るだけに徹しようと思って、今まではこのブログに感想を書くのを控えておりました。

正直、細かい感想は今回も控えようと思うんですが、ひと言だけ言うと、このFull Moon.13と絶対領域少女。はすっげえ、いいバンドです!!そしてめっちゃ新しく個性的でめちゃくちゃ魅力的です。

ロック系ギャルバン&アイドル系のバンドが好きな人は一見の価値有りですが、これ以上、人気が出るとやだなあという肝っ玉の小さい自分もいて、まあ、興味のある人は来たらどうなの?でも興味のない人はいっさい来なくて良いよ、というのが正直な気持ちです(笑)。

活動一周年を迎えたFull Moon.13は、来月7月にワンマンを控えているし、最近ファーストミニアルバムを出した絶対領域少女。のライブは、ある意味、どのロックバンドよりもロックです(笑)。

●話をFull Moon.13に戻すと、今回は今のメンバーになってから初めての川崎クラブチッタでのライブ(前回は新メンバーお披露目という形で、新メン二人は演奏なしの出演)。
大きなステージや花道を使って、ボーカルそるくさん(☆☆☆)やその他のメンバーは、のびのびと歌ったり動き回ったりしておりました。正直、この日出てたアーティストの中で、一番会場を盛り上げてたのが、Full Moon.13だったんじゃないかな。

また、この日は活動一周年記念にファンの皆様からメンバーのイラスト入りの特製タオルがプレゼントされたりで、メンバーもとても上機嫌で、調子も絶好調な感じでしたね。

●イベントが終わり、物販席のFull Moon.13や絶対領域少女。のボーカル加藤彩音さん(通称:ねっす)といつものようにべたべたと絡んだ後(笑)、チッタの出口を出ると、このブログにも何度か感想を書いている某ご贔屓バンドのフロントメンバーさんとばったり出会ったりとか(「(はしゃいでいる様子を)見てましたよ」と言われ、めっちゃ気まずかった。笑)、まあ、色々ありつつ、楽しいイベントは終わっていきました。

×  ×  ×
という事で、今後も、Full Moon.13と絶対領域少女。を陰ながら応援させていただこうと思います。
ではではそういう事で。
じゃっ!!☆

↑
<!-- [FC2 Analyzer] -->
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。