11/24 ピストルバルブ@ラゾーナ川崎(屋外フリーライブ) ▽感想その3~ライブ編の続き&MC編

| EDIT

前回に引き続き、もう少しライブ編を。箇条書きな感じで。

●Misatyがさあ、大人っぽくなったよね~。なんかシャープな感じになった気がした。
たぶん、昔より痩せたんじゃないかなあ(←昔っていつ基準?笑)。Misatyいいですねー☆

●この日ライブ中の動きを見て、おっ!と思ったのが、ヨーコB。
どの曲の時だったか忘れたけど、後ろで結構小刻みにステップを踏んでいて、意識的にきびきび動いていてカッコ良かった!☆

●ていうか、今回のヨーコさんの衣装がちょっと色っぽくてさあ☆
ヨーコファンはもっと騒いでも良いと思うんだけど。

上は確かに、ウェイターさんみたいな感じなんだけど(笑)、下が短パンに、色違いのニーハイソックス☆で、ブーツじゃなくて、ローファーっぽいシューズなんだよね~。

上が男性ぽくて、下が女性っぽい感じなんで、逆にちょっとセクシーなんだよね。

ちょっとヨーコさんにドキッとしてしまいました(ヨーコさん、テコンドーの昇進試験頑張って下さいね!)。

●cottonのMCは本当しっかりしてて、頼もしかったなあ~。。

細かい内容は忘れたけど、cottonのMC中に、男性ファンのツッコミ(ボケ?)が入って来て、すかさずcottonが「傘差してないじゃん!」とツッコミを返し、そのまま、次の曲紹介に進もうとして、その男性ファンに「あ、流した訳じゃないからね」と優しくさりげなくフォローを入れる。

cotton、さすが場慣れしてるよなあ~と思いましたね。
全体的にテキパキしててさすがリーダー!と思いましたね。

●ところで、皆さん、「ガヤ芸人」って言葉知ってます?(この前、「アメトーーク!」でやってた)

もの凄くかいつまんで言うと、
「番組中、後ろで盛り上げ役に徹している芸人さん」
みたいな事なんだけど、

cottonのMC中のアンドー!さんって、ある意味ガヤ芸人っぽいなと思いましたね(笑)。
cottonが「あいにくの雨ですけど」みたいな事をいうと、アンドー!さんが「雨だね~」みたいなひと言を入れるあの感じ(笑)。

悪い意味で言ってるんじゃないですよ。これって非常に大事な役割ですからね☆

例えば、昔、ベストハウスでcottonがゾーブという乗り物に乗った時に、感想を求められて「キュンフワッ」と答えた時に、隣にいたアンドー!に「キュンフワだよね?」と同意を求めると、実際は乗っていないアンドー!がすかさず「キュンフワッ」って返す時のあのニュアンスとか間合いが、ちょっとガヤ芸人っぽいんだよね(笑)。

この日で言うと、第一部のときだったかな?

cottonが、「この後、お客さんに私たちからプレゼントがあります(=クリスマスソング「Santa Claus Is Coming To Town ~サンタが街で吹きまくり~」の事)。あ、この後すぐじゃなくて、その前に…」
みたいな内容のトークをした時に、
アンドー!がすかさず、「え~、すぐじゃないの~」みたいな、ツッコミを入れるあの感じ。

前々から、なんかに似てるなって思ってたんですが、「アメトーーク!」を見て確信しました。

cottonのMC中のアンドー!のツッコミは、(ガヤ芸人に徹している時の)アンタッチャブルの山崎っぽいなと(笑)。

(これ番組見てないとニュアンス伝わらないかな~)

異論反論あるかと思いますが、興味がある人は、バラエティ番組でのアンタッチャブル山崎のトークの返しや、ライブでのcottonとアンドー!のやり取りの時のトークを意識して聞いてみてください。

ちょっとテキトー入ってるところが、それっぽいんだよなあ~(笑)。

(アンドー!さん、ごめんなさいね!アンドー!さんのトークのファンだからこそ、こういう事を楽しんで書いてるんで、ご了承を…☆)

という事で、まだ握手会編に入れてませんが(←いい加減、感想長いわ!笑)、今日はとりあえずこの辺で!

Peace out~!Bye!☆

スポンサーサイト

11/26はM-chanの誕生日でした。遅ればせながらおめでとうございます!

| EDIT

一日遅れてしまいましたが、M-chan、お誕生日おめでとうございます!!☆

ニューアルバム「Stick 'em up !」では、同タイトル曲「Stick 'em up !」の作曲とホーンアレンジも担当し、新たな才能を見せているM-chan。ついこの前の川崎のフリーライブでお会いした時も非常に元気そうでした。
いつもカッコ良くて優しいM-chan、これからも頑張ってくださいね!☆

11/24 ピストルバルブ@ラゾーナ川崎(屋外フリーライブ) ▽感想その2~ライブ編

| EDIT

感想ライブ編です☆

スタート前ステージ
写真は第二部開始前のステージ前。雨の割には結構集まってるよねえ?

●さて、リリアの出囃子から始まってメンバーが登場する訳ですが、やっぱリリアはかっこいいよね!
そういえば、リリアがメンバーに加わる前はどんな始まり方だったっけ?…ってすぐには思い出せないくらい、今ではこの始まり方が定着してるけど、やっぱ、初めてピスバルを見る人には、今から何が始まるんだろう?って感じさせる秀逸なツカミだよね。リリアさんこれからも頑張ってくださいね☆

●さてさて、自分にとって今回のライブは、ニューアルバム発売後初めてのライブ&新しい衣装になってからの初めてのライブでした。

新しい衣装…やっぱテレビ(ベストハウスのエンディング)で見る感じと生で見る感じはちょっとイメージが違ってましたね。
というか、イメージだけじゃなくて、実際に部分部分で若干変えてるメンバーも何人かいましたね。

一目見て違ってたのは、アンドー!さんがテレビでだと、頭にティアラみたいな飾りを付けてたのが(写真参照)、CA390595.jpg今回のライブでは、黒い帽子に変わってましたね。

あと、変えてたというより、テレビだと良く分からないんだけど、ラムさんやとみぃさんの帽子に大きな羽飾りがついてたりだとか(その羽根でやっぱり中南米風のイメージが強いのかなっていう印象が強まった)、あと、ジェニさんがミニスカートで白タイツだったっていうのもちょっとテレビでは気付かなかったですね(ジェニファンはちょっとドキドキしちゃうよね~☆ジェニさんステキです☆)。

テレビで見た時は、大学生が冬休みに着てそうなセーター風に見えたラムさんの上半身の衣装も、実際見ると全然、普段着の質感じゃなかったですね。なんかもの凄い凝った造りになっててびっくりしました。

cottonの衣装はテレビで見た印象とあまり変わらなかった…
もちろん可愛いのは間違いないですが☆
う~ん、なんかあんまりうまくイジれなくて、cottonすいません。
m(_ _)m
(謝る程のもんではないか。笑)

●あと、衣装以外でいうと、メンバーのメイクが全体的にすげえくっきりとしていて、それでいて肌は白過ぎるくらい白い感じで、なおかつ滑らかでつやつやした質感のメイクでしたね。

まあ、単純にステージ用のメイクを間近で見たからそう見えるのかなって気もするんですが、ここからは邪推(じゃすい)ですけど、これはアレですよ、おそらくハイビジョン対応の進化したメイクなんじゃないかなと思いますね。
ていうか、最近はテレビタレントさんのメイクも、地デジやハイビジョン化対応が進んでいて、きめ細かい画像でもアップに耐えれるように大きく進化していると、小耳に挟んだ事があります。

長くなって来たんでまとめに入るけども(笑)、とりあえずきらびやかで、メイクもバッチリで、キレイであか抜けた楽器を持った女性10人組がステージに登場した瞬間のインパクトはやっぱり凄くて、それだけで惹き付けられるものがあったよねえ~。
それだけで、やっぱピスバルって生で見る価値があるバンドだよなあって思っちゃいましたね。

●ただ、まあ、前回も言った通り、屋外でザーザーの雨という劣悪な状況が若干足を引っ張っていて、音響装置もなんか調子が悪く、一回目は音もあんまり良くなかったですね(二回目はちょっと改善されていた)。

ただライブ自体は、逆にこの雨という逆境の中、お客さんとメンバーとの間で自然に一体感というか、寒い中でも暖かい空気が出来上がってて、アットホームな感じで良かったですね。
ストリートライブ時代の時の空気感に非常に近かった気がします。
そういう意味で、この日ライブに来た人は非常にラッキーだったんじゃないかなと思いますね。

●セットリストをもう一度書くと、The Best House、NEW DAYS ?、Flower love、Don't Damn Me !、Zutto-Zutto(※2回目の16時の回ではカット)、Santa Claus Is Coming To Town ~サンタが街で吹きまくり~だったわけなんだけど、どの曲もアレだよね。やっぱ、ピスバルの曲ってライブで聴いた方が全然良いよね!

特に、個人的に一番良かったのは、「Santa Claus Is Coming To Town ~サンタが街で吹きまくり~」。前日の11/23の浜松のライブの時も演ったそうですね。
自分的には去年の渋谷のワンマン以来?に聴く「Santa~」だったわけなんだけど、この曲はピスバルらしさが非常に良い形で出ている、すげえライブ向きで良い曲だなって思いました。
この曲をライブでまた聴けたのはすげえ嬉しかったなあ~。
隠れた(?)名曲だと思います。ベストハウスの番組中でも一度やってくれたらいいのになあ~。

The Best Houseはもう普通になくてはならない曲だし、Zutto-Zuttoはもちろん、冬の空気が似合う名曲。ライブで聴けて良かったなあ~。

NEW DAYS ?しかり、Flower loveしかり、Don't Damn Me !しかり、やっぱ、ライブで聴くと全然動きだったり音だったりが立体的になって全然違うよなあと思いました。NEW DAYS ?好っきやわ~。
Flower loveはライブも良いけど、CDでも凄く聴きやすい。Don't Damn Me !ライブで味わうとやっぱ凄く魅力的で、アンドー!さんてそういえば普通に歌うまいなと思いました。Don't Damn Me !って実は難しい曲なんじゃないの?それなのにアンドー!さんの歌唱って安定してるよな~みたいな。

×  ×  ×

はい、という事で、またここで一旦締めますか。

次回はMC編と握手会編で。

Peace out~!Bye~!☆







11/24 ピストルバルブ@ラゾーナ川崎(屋外フリーライブ) ▽感想その1~ライブ開始前

| EDIT

◆ピストルバルブ NEWアルバム「Stick ‘em up!」&LIVE DVD「DRIVE-BY SHOOTING」発売記念 ミニLIVE&握手会
11月24日(月・祝)<2回公演>
時間:(1)14:00~ (2)16:00~ ※30分のステージ
場所:ラゾーナ川崎プラザ ルーファ広場グランドステージ

●セットリスト
The Best House
NEW DAYS ?
Flower love
Don't Damn Me !
Zutto-Zutto(※2回目の16時の回ではカット)
Santa Claus Is Coming To Town ~サンタが街で吹きまくり~

はい!久々のピスバルのライブレポです☆
久々にピスバルのライブが見れてめちゃ嬉しかったし、握手会でメンバー全員と久々に会話出来て、めちゃくちゃ感激しましたね!やっぱメンバーを生で見るとテンションあがりますね。みんなめっちゃ奇麗だったなあ~。メンバーの皆さん、おつかれさまでした!☆

という事で、久々に頑張ってライブレポ書いてみましょうか☆

□ライブ前の様子

○第一回ステージ(14時の回)の10分前くらいに現地到着。

来る前はポツポツくらいの降りだった雨が、本番直前には結構なザーザー振りになっていて、傘なしではステージが見れない感じになっておりました。

ステージそのものには屋根が付いてるんで、演奏にはあまり支障はないんですが、見る側にとっては非常に厳しい条件でしたね。
ストリートライブ時代を含めても、ワーストワンくらいの観覧条件だったと思う…(笑)。
ちなみにストリートライブ時代は雨が降ったらすぐ中止していたので、雨の中ずっと見るって事はほとんどなかったですね。

非常に寒いし、傘持ってるからリアクションも取りづらいし、後ろの人は見えにくかっただろうと思うのですが、それでも、雨の中、開始前後にはステージ前に3~4~50人くらい集まってたかな?
あと、ラゾーナ川崎って、ステージがある中央広場を大きく丸く囲むように建物が立っていて、その二階や三階からお客さんがステージを見てるんですよね。

連休中だったんでなかなかの人出で、そこから見ている人も含めたら、結構な人数がステージを見ていた形になりますね。

○ライブ開始前に、LIVE DVD「DRIVE-BY SHOOTING」のダイジェスト(各地のライブシーンで主に構成)を流していた、ステージ向かいの大型ビジョン

向かいのビジョン

ちなみにそのダイジェストの前に、本番前のリハーサル時にステージ前で撮影したと思われる、この後ここでライブをやりますよ的なアンドー!さん出演のVTRも流れてたような気がする…(チラッと見ただけなんで確証はとれず)。

さて、いよいよ、ピスバル登場ですが…この続きはまた後日!

Peace out~!Bye!☆

浜松のライブ、頑張ってくださいね~!☆

| EDIT

明日(11/23)は静岡県浜松市でピスバルのライブですね!
しかもおそらく今年最後のワンマンライブですよ☆

いやあ、実はぎりぎりまで行くかどうか迷ったんですが、やはり、風邪っぴきで無理はしないでおこうという判断で、今回は泣く泣く見送ります!ゆっくり養生させていただきますね。
その代わり、11/24の川崎のインストアライブはなんとか行きたいなあ…

ちなみに、静岡といえば、ヨーコ&Misatyの出身地ですね!

オフィシャルブログのとみぃさんの日記を読んだら、メンバーは1日早く静岡に着いて、リハーサルをやってるという事で、おそらくヨーコ&Misatyの二人は、その合間を縫って、実家に顔を出してるかも知れない…(笑)。おそらく、ご家族や知り合いの方もライブを見に来るのかも知れないですね。

…という事で、メンバーの皆さんも、ライブに行かれる皆さんも、是非楽しんで来てくださいね!

んじゃそゆことで!☆
Peace out!~Bye!☆






お久しぶりです!ピスバル関係、まあこんな情報で良ければどうぞ♪

| EDIT

どうも、風邪っぴきです!
なかなか体調が良くなりそうで、ならない今日この頃、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

ちょっと長めの文章を書く気力がないんだけど…とりあえず、こちらの情報でもどうぞ!

某所で最近、知った情報。はい、これ!



11/15 THE PINK☆PANDA@渋谷O-WEST(ワンマンライブ/インディーズラストライブ)※11/28セットリスト修正済み

| EDIT

O-west.jpg
渋谷O-WEST前

片付け中2
ライブ終了後、片付け中のステージ

●11/15 Sat 渋谷O-WEST
Beginning of the END
THE PINK☆PANDA(ワンマンライブ)
開場16:30 / 開演17:00

□セットリスト(2008/11/28修正済み)※NANA-Aさんのブログより引用抜粋
1.PANDA’08
2.愛をちょーだい!
(MC)
3.Crazy Girl Crazy Days
4.Let’s Go OH・YAH・JI
5.Stormy "M"(※RINAのギターソロあり)
(MC)
6.コイユメ
7.Calling
(MC)
8.ナミラバ
9.YOU⇔ME(※NANA-Aドラムソロあり)
10.モノポライザー
11.GO!GO!GIRL
(MC)
12.カナリヤ
13.僕たちの卒業
(MC)
14.ワクワク7(※チョッパーのベースソロあり)
15.Wake Up
16.Rolling Dice

EN(1)
EN1.ひとつになろう
EN2.Punk&Alternative
EN3.Fly UP!

EN(2)
EN4.DOG STAR
EN5.Be Smile

EN(3)
EN6.PANDA

◆先日、ボーカルMAYUの口からメジャーデビューが電撃発表され、それに伴いバンド名の変更とTHE PINK☆PANDA名義で作られた曲を封印する事が発表された、THE PINK☆PANDAのインディーズ最後のライブでした。

◆渋谷O-WESTは超満員!会場にはTシャツやタオルで完全武装した熱烈なPANDAファン(やはり男性が多し。でも熱烈な女性ファンも結構いた)、そして過去にピンパンと対バンしたバンドのメンバーらしき人達の姿もちらほらと見受けられました。

また、一時期、チョッパーとRINAがピンパンと平行して、こがまろとシーサー名義でメンバーとして活動していた地下アイドルバンド・平安のメンバーだったはなまること佐野はなさん(現The Spade 13 & ポレポレ)と、フローレンス朝倉ことかおりさん(現ポレポレ)の姿も見えましたね。

◆このライブ、ビデオカメラも入ってたので、おそらくライブDVDが出ると思うし(たぶんね)、メンバーの衣装とか正確なセットリストもピンパンの公式HPでおそらくあとでチェック出来ると思うので(たぶんね)、ここでは、省略。

◆もうしょっぱなの曲、PANDAから会場はヒートアップ!

モッシュ!モッシュ!モッシュ!

そしてダイバーも続出し、今までにない盛り上がりを見せてましたね。

もちろん、そのモッシュの嵐には私も参加しておりました(笑)。

ちなみに、自分は激しい系のバンドのライブでは、体力とかを考えて、モッシュにはあんまり参加しない方なんですが、ピンパンのライブではモッシュはガンガン行く方ですね(笑。というか、ピンパンでモッシュを覚えたといっても過言ではない)。
序盤で結構バテたけど(笑)。
それでもラストまでガンガン突っ込んでました。
明日の筋肉痛が心配だなあ~(笑)。

◆中盤では、どちらかというとミドルテンポな曲やスローなバラードを多めにやってた気がする。
ライブであまりやらない曲(callingとか、音源未発表曲のナミラバとか)も披露してくれたんですが、ピンパンはバラード系とミドルテンポな曲とか結構良い曲多いですね。

ワンマンじゃない通常のイベント系のライブだと、スローな曲はカットされる事が多いので、今回じっくりそういう曲を聴けて良かったですね…ってもうこれでラストなんだけれども(泣)。

◆ライブ中のMC…5年間の活動の中のメンバーそれぞれの印象的な思い出とか。

▽RINA以外のメンバーが全員インフルエンザでバタバタと倒れて、ピンパンの過去の歴史の中で唯一一回ライブに穴をあけてしまった思い出とか。

MAYU「(お客さんに)みんな予防接種しよう!」
チョッパー「(MAYUに)お前がな!」
(笑)

▽あと、過去の思い出じゃないけど、RINAが最近、「四捨五入」を覚えたという衝撃的な発表もありましたね(笑)。

MAYU「25歳は四捨五入すると何歳?」
RINA「30歳」
客「おおーっ!」
(くだらねー!笑)

RINA曰く、「四捨五入は習っていない」(笑)。

MAYU(か、チョッパー)「習わなくても普通覚えるよね」(笑)

RINA曰く、「天界には四捨五入はない」そうです(笑)。

▽ピンパンがアン・ルイスのカヴァー「六本木心中」(←この日は演らなかったが)でオムニバスアルバムに参加し、イベントライブも行われた「RUDE GIRL'S PARTY」。
(ちなみに今回、結構派手な髪と衣装だったNANA-Aさんが何故かMAYUにアン・ルイス呼ばわりされていた。雰囲気が派手だったから?笑)

MAYU「実は『RUDE GIRL'S PARTY』が問題になってるんですよ」

MAYU曰く、「RUDE GIRL'S PARTY」に参加したバンドが次々と解散したり、活動停止したりしているとの事。

MAYU「中ノ森BANDでしょ。少年カミカゼに、CONCONJUMP。あと、THE☆ボンとか…」

うちらは解散ではないけど、THE☆PINK PANDAとしてはこうやって終る訳だから、うちらは「『RUDE GIRL'S PARTY』は呪われている」って言ってるよね、とMAYU。

このトークはDVDが出ても、多分、カットされるだろうなあ~(笑)。

◆ワクワク7前のチョッパーのMCコーナーの時に、このコーナーも今日がラストだけども多分チョッパーは今日もカミカミだろうとMAYUに紹介され、案の定、喋り始めた瞬間にかむチョッパー(笑)。
過去にかまずに喋れたのは一回だけとの事(笑)。
しかし、このワクワク7前のコーナーもこれがラストだと思うと非常に寂しいですな…

◆このワクワク7くらいから再びモッシュが活性化し、前方にいたお客さんはほとんど汗ぐちゃ状態(笑)。
アンコールで登場したMAYUが「パンツの中まで(汗で)グチョグチョにしてやるからな!」と、客席を煽り(笑)、アンコール後もみんなむちゃくちゃ暴れておりましたね。

◆二回目のアンコールくらいでMAYUが泣いたんだったかな?

Be smileとかでは、お客さんにマイクを向けたり、歌わせたりもしてましたね。

◆三回目のアンコールで、遅れて来たお客さんは(しょっぱなで)聴いてないかも知れないからと、再度PANDAを歌って締めくくり。

◆最後に、メンバーが手を繋いで、お客さんに、ありがとうございました!とご挨拶。
(お客さんからもメンバーに「ありがとう!」の返事あり)

その挨拶と前後して、MAYUから、来年の春頃には(メジャーデビューで)また会えると思うので、それまで待ってて欲しいというメッセージもありましたね。

そしてMAYUは、「『PANDA』 is not dead!」と言いながらステージをはけて行きました。

チョッパーやRINAは、最後多めにピックをお客さんに投げたりなんかしておりましたね。

×  ×  ×

という事で、こうして、「『THE PINK☆PANDA』の」ラストライブは終わっていったのでありました。

メジャーデビューという、おめでたい理由でのインディーズ活動の終結なので、悲壮感はなかったですけど、やっぱりファンとしては、今までの思い入れのある曲はもうライブでは聴けないとなると非常に寂しいし、そしてこれからの活動がどうなるのか気になるところですよね。

とりあえず、来年春(予定)のデビューライブには、また是非足を運びたいなと思っております。

ピンパンのメンバーの皆さん、ファンの期待を裏切らず、さらにパワーアップした新バンドとして、ファンの前に帰って来てくださいね!☆

…という事で、この日、同じ会場で熱い時間を共有し、自分にピンパンというバンドを紹介してくれた熱きピンパンファンM氏と感想を分かち合いながら、渋谷の街をあとにしましたとさ☆

という事で、あの場所にいたメンバー&ファンの皆様、おつかれさまでした!☆

以上、ピンパンラストワンマンライブレポでした!☆




cottonのブログの感想(2008/10/24、11/3、11/13)

| EDIT

cotton、こんばんは!♪☆♪!☆(←いきなりかい!笑)

という事で、久々にオフィシャルブログ Shoot on sight!の感想をお届けします☆

もちろん他のメンバーのブログもちゃんと読んでますが、ここはまずcottonのブログの感想からどかっと書かせてください☆(他のメンバーのブログの感想も近いうちに書かせていただきやす!☆)
------------
まずこちら!
2008年10月24日(金)のcottonの日記「セクシーアダルトcottonより。。」

まずこの覆面レスラーのフィギュアなんですが、アメリカ最大のプロレス団体「WWE」のリングにあがっていた、レイ・ミステリオかなと思ったんだけど、筋肉の感じが似てるけどマスクやタトゥーのデザインがちょっと違うんだよね。

『レイ・ミステリオ - Google イメージ検索』
↑筋肉美のレスラーの写真が出て来るので、cottonはこれを見てまたセクシーな気分になっちゃったかな?(笑)。

そうなんだよ、cottonって、スポーツマンとかマッチョな男性がタイプっぽいんだよね~。
自分、全然真逆なんで…ちょっと凹むわ~(←勝手に凹んでろや!笑)

マンガのキン肉マンに出て来るプリンス・カメハメにも似てるよね。

『プリンス・カメハメ - Google イメージ検索』

まあ、また気が向いた時に色々調べてみますね☆

はい、では次!
---------------
2008年11月03日(月)のcottonの日記「やっぱり・・・楽しい!!」
最近、ライブで全国あちこちを回っているピスバルですが、リーダーcottonは、もっとやりたいと日記の中で吠えております。

↓以下cottonブログより抜粋

ライブもっとやりたい・・・
もっともっといろんなとこで演りたぁ?い?っγ(▽´ )ツヾ( `▽)ゞ
cottonならびに、member一致でまだまだ物足りないぜ\( ̄ー ̄;)

(確認はとってないけど、自信をこめて。だってあたし、リーダーだもん( ゜∋゜)笑)


(確認はとってないけど、自信をこめて。だってあたし、リーダーだもん( ゜∋゜)笑)←この文章がめちゃcottonらしいよね。めちゃカワユスです☆☆☆

チゲ鍋を紹介する時の謎の歌とか(笑)、色々つっこみたいんですが、きりがないのでこの辺で…

双子のたまごの黄身を見て喜んではしゃいでいるcottonの様子を思い浮かべてニヤニヤ出来る楽しい日記でした☆

はい、次!!
----------------------------
2008年11月13日(木)
ALL THAT JAZZ!!!!

「CHICAGO~THE MUSICAL~」を観て感激したcottonの気持ちが伝わって来る、熱のこもったcotton流レビューですね。

自分のライブレポなんかより全然読みやすいや。cottonさすが~!☆♪

途中で、携帯から見てる方長くてごめんなさい!(´Д`;)とか、読んでる人を気遣うコメントが入ってるのが優しいcottonらしいよね。

ミュージカル「シカゴ」…米倉涼子さんのセクシーな衣装や演技が、以前、週刊誌で話題になっててちょっと気になってたんだよね~。

cottonがそこまで薦めるんなら観にいってみようかな?(チケット手に入るかな?)

あ、まずは映画版から観てみようかな?

ちなみに最後にcottonが高校を卒業した頃から、バイト代をためて舞台とかミュージカルとかライブとか美術館に行ってたって書いてあるよね。

本物に接する機会を大事にしたいからって書いてあったけど、これはホント自分も同感で、若いうちからなるべくどんどん色んなものを観に行ったり体験した方がいいっていうのは、ほんとその通りだと思う。

テレビやネットや携帯の画面ばっかり観てても、なにも身に付かないし、あくまでもそれは疑似体験だからね。

色んな現場に行って、自分の目で見て来るっていうのはホント楽しいし、色々な発見があるよね。

そういう事を大事にしているcottonだから、ライブでも感情のこもった、表現力豊かな演奏が出来るんだろうねえ~☆



ええっと、褒め過ぎました(笑)。
すいません~、
なんだか歯がグラグラしてますね(歯が浮いて…←コラコラ!笑)。

という事で、これからも我らがリーダーcottonの成長(そして楽しい日記)を楽しみにしております☆☆

ではではおやすみなさいませ~♪


ピストルバルブ 12月のライブ情報&雑誌情報

| EDIT

公式HPからコピペ。
---
LIVE
◇"冬の日のclass会"  NEW!!

日程:2008年12月21日(日)
時間:開場18:00 開演18:30
場所:Shibuya O-EAST

【出演】 class/ピストルバルブ/alma 他
自由席¥2,500 (税込)

※ 入場時ドリンク代別途¥500必要です。
※ 入場は、チケットに記載されている整理番号順となります。
※ 状況により、立見となる場合もございます。あらかじめご了承下さい。

ホームページ先行予約受付のお知らせ

※受付方法は、インターネット予約となります。※

受付URL:http://www.cnplayguide.com/w_class/(PC・携帯共通)

受付期間:2008年11月14(金)19:00より、2008年11月25日(火)18:00まで

※但し、受付期間内であっても、予定枚数に達し次第、受付は終了となりますので、ご了承下さい。


※会員登録等は必要ありません。
※お申し込みは、「お一人様4枚まで」です。
※システムメンテナンスのため各日AM1:00~AM6:00までご利用できません。
※サイトが混み合っている場合、予約完了画面が表示されなくてもご予約が完了している場合があります。
 また、ドメイン指定受信設定のために予約完了メールが届かない場合もございますので、必ず「お申し込み履歴確認画面」にて、ご予約内容をご確認下さい。
※お申込み後のキャンセル変更はできませんので、必ず引取期限内にチケットをお引き取り下さい。
※チケットは、お近くのセブン-イレブン店舗にて引き取り(1枚につき発券手数料¥170必要)、または郵送での配送(1申込につき配送手数料¥600必要)となります。
※予約受付時に詳細をご案内致しますので必ずご確認下さい。


この先行予約に関するお問い合わせ:CNプレイガイド 0570-08-9999(10:00~18:00)
公演に関するお問い合わせ:キョードー東京 03-3498-9999(10:00~18:00)

◆掲載誌情報

●雑誌
◇12月10日発行「月刊エレクトーン12月号別冊」GO!GO!吹奏楽2008WINTERに掲載されました! NEW!!

『特集』燃えよブラバン女子!!Let's Start!ブラス・ユニット!!に、
"ド厚いブラス&サックスでヤワなシーンに一撃!"ピストルバルブが登場♪
~ブラス・ユニットやるならどっち?こんなに違うバンドの"個性"~
ピストルバルブと東京ブラススタイル!!ぜひCHECKしてね!
---
来月も都内でピスバルが見れるのは非常に嬉しいですね!

でわでわ、Peace out~☆Bye~!

11/10 Wake up call 、加藤ミリヤ 他@Zepp Tokyo(「第11回 SUPER DRY B-JAM」)

| EDIT

CA390714.jpg
「第11回 SUPER DRY B-JAM」
Zepp Tokyo
2008年11月10日
OPEN 18:00/START 18:30
第一部 Wakeup call/ROOKiEZ/D.W.ニコルズ/fade
第二部 FoZZtone/ジン/safarii
【Special Guest】加藤ミリヤ
MC:金剛地武志
(応募当選者招待制)

昨日までとは違う自分へ--。
明日からは、きっとみんなが知ることになる。
若きアーティストたちに奇跡を起こす夜、それが「SUPER DRY B-JAM」だ。
そしてこの日、選ばれた若きアーティストたちが立つステージは、あのZepp。
2000人のオーディエンスの熱い歓声に迎えられ、最高の一瞬を共感する--

一般公募から選ばれた「Web投票No1のアーティスト」と「SUPER DRY B-JAM選考委員会から選出されたアーティスト」が夢の舞台に立つ第1部と、
レーベル推薦のアーティストが出演する第2部から構成される「SUPER DRY B-JAM」。
これまでこのステージから数多くのアーティストたちが、より大きな世界へと旅立っていきました。

いつもよりもきっとアツくなれる、「SUPER DRY B-JAM」は完全無料でご招待。
そこで、あなたはアーティストたちの歴史的瞬間を目撃することになるのです。


新人発掘・応援ライブSUPER DRY B-JAM HPより引用抜粋

このイベントにWakeup callが出演するという事でネットで申し込んだところ、見事当選し、無料招待のハガキが送られて来たので、見に行って参りました(大きな会場なので、応募した人ほとんどが当選したと思うけども)。

第一部は、イベント出場権を得る為に全国から応募した、アマチュア・インディーズのアーティスト中からWEB投票などで選ばれた四組の精鋭によるライブ(それぞれ二曲ずつプレイ)。

で、第二部は、すでにメジャーデビューしているレコード会社イチオシの新人さんがライブを披露(各3~4曲)。

そして最後はスペシャルゲスト・加藤ミリヤのライブ(アンコールを入れて6~7曲くらい?)と、無料の割にはなかなかお得感のあるイベントでした。

以下、印象的だったアーティストのライブの感想です☆
----
●Wakeup call
(以下WUC)

WUC セットリスト
・Listen Dear Friends
・Everlasting Fields

トップバッターでの登場で、最初は緊張しているようにも見えたけど、いつもの彼ららしいカッコ良くてパワフルでエモーショナルなステージでした。
ステージ上のボーカルちふみさんに一回指差された(と思う。結構前の方で見てたので)。
初めて彼らを見るお客さんにもインパクトを残せたんじゃないかな。短いながらもとてもいいライブでしたよ!

●ROOKiEZ

ラウドロックやHip Hopやトランスやらが入り混じったミクスチャーバンドで、見るのはたぶん二回目くらい。男性三人組のバンドなんだけども、この日出て来たバンドの中でWUC以外では、個人的には一番カッコ良いと思った。会場もめちゃ盛り上がったしね。

彼らの応援団らしいお友達の集団がフロア前方に押し掛け、ガンガンに盛り上がってて、あとメンバーが会場の煽り方が上手で、会場全体が一気にヒートアップしましたね。

トップバッターのWUCが点けた種火を、二番手のROOKiEZが会場全体にわっと広げたようなそんな印象を受けました。んん、まじでROOKiEZかっちょええなあ~。

で、他のバンドもそれぞれレベルの高いパフォーマンスを披露し、四組の演奏が終ったところで、もう一度四組のバンドがステージに登場し司会の金剛地氏のインタビューを受けておりました。
WUCのボーカルちふみさんは、緊張したけど、またこの大きなステージでライブをしたいという内容の事を喋っておりました。

という事でここで第一部が終了。

×  ×  ×

第二部はすでにメジャーデビュー済みの新人さん達のライブ。もちろんそれぞれレベルの高いライブを繰り広げてたんだけど、この中で印象的だったのは、ジンっていう女性ボーカルロックバンド。ヘヴィな感じの音楽性はなかなか悪くなかったですね。

×  ×  ×

で最後はスペシャルゲストのこの人、

●加藤ミリヤ

会場のお客さんの半分以上がこの人目当てで来ていた様子。若い女の子にめちゃくちゃ人気ありましたね!
自分は映画版デスノートのトリビュートアルバムでこの人の事を知ってたくらいで、もちろん彼女のライブは初めてだったんだけど、いや~色んな意味でビックリしましたね。

ライブ自体は、ターンテーブルの男性DJと、四人の男女混合のダンサー、そして加藤ミリヤのボーカルという形でのパフォーマンスだったんだけど(曲によってはダンサーは出て来ない)、

最初曲を聴いた感じでは、いわゆる安室奈美恵が日本のミュージックシーンに定着させたとも言えるいわゆるR&B系の女性ボーカルで、ああ、その流れのボーカリストなんだなあって感じで見てたんですが、

彼女が歌う曲の中に、有名な洋楽のフレーズや、UAの「リズム」や、安室奈美恵の「SWEET 19 BLUES」の印象的なフレーズがそのままはめ込まれていて(いわゆるサンプリング)、

しかもちょっと隠し味的に…というよりは結構堂々と使われているんだよね。

で、それって、その三曲だけたまたまなのかなと思っていたら、その後のMCで、どうやらデビュー当時からサンプリングを自分の個性として意図的に使っていて、最初はパクリとか周りから言われた事もあったけど、その内だんだん認められてきて、
で、その集大成でこの前アルバムを出したんだけども、私もさっき(周りの人に)聞いたんですけど、ついに一位を取る事が出来ました!っていう内容の事を言っていて、

えっ、何の一位?って思っていたら、

この人が11月に出したベストアルバムがオリコン一位になったんだってね!(ライブ後、ネットのニュースとかチェックしたら、まさにそのニュースが出ていた)。

宇多田ヒカルを抜いて、最年少一位記録更新だって。

で、これもライブ中に言ってたんだけど、今二十歳なんだけれども、デビューから五年このスタイルを貫き通してきて、ついに一位が取れて嬉しいです!っていう内容の事を言ってて、

まず今現在二十歳という事にも驚いたし、デビューして五年目という事にも驚いたし、

そしてそういう明確なポリシーで、サンプリングを自分のスタイルとして、この若い女の子がデビュー当時から貫いて来たという事にも非常にびっくりしました。

確かに堂々と自分の曲の中に他人の曲を大胆に織り交ぜる(その代わり、その曲のオリジナルのクリエイターには権利料とかをちゃんと払ってると思うが)っていう手法は、ちょっとスゴいなあと思いましたね。
しかもちゃんと曲自体は加藤ミリヤのオリジナルになっているところがスゴいなと思いました。

まあ、自分は、R&Bというジャンルにそれ程思い入れがないので、今後、彼女のライブを積極的に見に行くかと言われたらちょっと微妙だけども、それでも今回一位を取ったアルバムは一度聴いてみたいなと思ったし、ライブも一度はじっくりと観る機会があってもいいかなと思いました。

いや、まあ、色んな意味で、ある意味一番旬なアーティストのライブが見れてラッキーでしたね。

それにしても一つのオリジナルのスタイルを貫いた結果、一位を取ったという事自体は素晴らしい事ですよね。
自分の好きな他のアーティストさんにも是非、見習って欲しいなと思いました。

やっぱり、自分のスタイルを貫いていったら、それはいつか実となり華となるよね、と思いました☆

---
という事で、話題はそれましたが、SUPER DRY B-JAM、とても楽しいイベントでした!

以上です☆

レコメンダー2008年11月号に「Stick'em up!(ステカマッ!)」のレビューが出てます!☆

| EDIT

この前ライブハウスに行った時に、バンドのフライヤーとかが置いてあるところに、新譜情報などが掲載されているフリーペーパー、レコメンダーの2008年11月号がありました!10月下旬くらいに発行されてたみたいですね!

ちなみにレコメンダーはピスバトルバルブのメンバーの出身校、専門学校東京メディアアーツ尚美が発行している隔月発行のフリーペーパーで、過去には何度かピスバルの特集が組まれたり、メンバーのインタビューが掲載された事のあるフリペです。

今回は特集はとかはなかったんですが、4ページ目にピスバルのニューアルバム「Stick'em up!(ステカマッ!)」のレビューが大きめのスペースで掲載。高橋久美子さんというレビュアーの方がレビューを載せております。

これ読んでちょっと驚いたのは、高橋さんも「GEN☆彡」がオススメって書いてあった事。

私も前回、一番のお気に入りが「GEN☆彡」って書きましたけど、結構それってマニアックな視点で、コリーナが犬好きとか、普段ロックなボーカルのジェニさんが明るめのポップスにチャレンジしたと事かそういうファン目線あっての評価で、そういうファン目線じゃない人からみたらそうでもないかなと思ってたので、ちょっとびっくりしましたね(もちろん前回の自分の感想は高橋さんのレビューを見ずに書いてます)。

だからといってもちろん、アルバムの他の曲が「GEN☆彡」よりも落ちるとかそういう事ではないので、ご了承を。
近いうちに他の曲のレビューもじっくり書かせていただきますね!

高橋さんのレビューは実はこちらで読む事が出来ます。
レコセル -フリーペーパー『レコメンダー』内、
Stick ’em up!(ステカマッ!)<初回限定盤> - ピストルバルブ :[recosell] アイテム詳細(こちらでは和泉さん名義になってますね)

でもこっちのレビューはちょっと短めで、レコメンダー本誌の方がこれよりも数行長いレビューになってます。そっちの方がより「GEN☆彡」に踏み込んだ感想になってますね。
そちらは是非、レコメンダー本誌をチェックしてみてください。希望者はレコセルHPから送料負担で送って貰えるみたいですよ(詳細はHPをチェックしてみてください)。

ぢゃ、そゆことで!
Peace out~!Bye!☆

11/6 たまち四姉妹@渋谷CYCLONE

| EDIT

CA390630.jpg
CA390632.jpg
11/6 渋谷CYCLONE
copylight presents "Rock Star☆toNight!!"
open17:30 start18:00

出演バンド
ゴーグルファイブ
たまち四姉妹(二番目 18:40頃~)
モンキーレンチ
リリィノート
STAB
copylight

セットリスト
純情恋愛ストーリーChuッChu♪
東京都港区りんご飴
夢のヒヨコ(※カヴァー~original:矢野顕子)
こたつむり(※初披露新曲)
さよなら四姉妹

「亜細亜(アジア)最強のガールズバンド」こと、たまち四姉妹(スーシィメイ)が、約9ヶ月振りに帰って来ました!

公式HPもしばらく更新されず音信不通に近い状態で、正直、自然消滅したと思ってたんですよね(笑)。
なので、先月に突然、今回のライブが発表された時はめっちゃ嬉しかったです☆

で、ライブ中に発表された今回の長期のブランクの理由は、メンバーの就職活動との事(笑)。

あと、たまちのリーダーかつ、ギター担当の次女さんは、新婚ホヤホヤ&おめでたで妊娠9ヶ月だそうです(ちなみに次女さんは確かこの前まで(←今も?)現役大学生で、学生結婚をされているので、まだ全然年齢は若いんですよねえ~)。

もちろんお腹もすっかり大きくなっていて、たまち四姉妹といえば、衣装はチャイナドレスが定番なのですが、この日次女さんは、だぼだぼのパンダの着ぐるみで登場!
長女、三女、四女は、たまちのオリジナルTシャツにスカートやパンツ姿での登場で、これはこれでまた結構レアな衣装で良かったですね☆

あと、前回は、卒業した三代目長女の代わりに、黒子(本当に黒子の衣装を着た男性。笑)がベースをつとめておりましたが、今回は子パンダスタッフ(注:たまちファンの女の子だけが入れるたまちのボランティアスタッフ)の女の子が、暫定的に長女(四代目)を務めておりました(笑)。

彼女はこのライブのためにわざわざベースを一から習ったとの事(その割には結構様になってましたよ)。で、長女なのに年齢は四女よりも下という、大変訳の分からない事になっていて(笑)、それそれで面白かったですね☆

さて、四女さんのボーカルとパフォーマンスは相変わらず大変可愛らしく☆、対バンの男性バンドを見に来た女性のお客さんからも、一曲終るごとに悲鳴にも似た「可愛い~~~☆」の声があがっておりました。たまち四姉妹の特徴として、可愛い系のバンドなのに、女性人気が抜群なんですよね!

あと今回はお馴染みのオリジナルナンバーの他に、「夢のヒヨコ」という矢野顕子が歌っていた名曲のカヴァーも演ってて、これがまた非常に良かったです!☆

「夢のヒヨコ」作詞:糸井重里、作曲&歌:矢野顕子
歌詞~http://music.goo.ne.jp/lyric/LYRUTND14129/index.html

「♪ピヨピヨピピピー~」という歌詞が印象的な、あのポンキッキーズで昔流れていた曲ですね。 この曲をバッチリ歌いこなす四女さんといい、選曲のセンスといい、やっぱたまちってただものじゃないよなあと思いますね!

そして、四曲目の「こたつむり」はこの日初披露の新曲!たまちらしい可愛らしい曲でした(この日、この曲が収録されたシングルCDが売ってたので、思わず買ってしまった)。

で、最後の「さよなら四姉妹」もいつもの可愛い振り付きで、最後ポーズ付きの「再見(ツァイツェン)!」のセリフで終わっていったのですが…いやあ、相変わらず、素晴しいね!♪
やっぱ、たまちってガールズバンドの中でも唯一無二の存在ですよ!

で、また、次のライブまでだいぶ間が空いてしまうそうですが(まあ妊娠9ヶ月のママの出産が控えてる訳だからね。そりゃしばらくは無理だよね)、解散する予定はなく、気長に次のライブを待って欲しいとの事。

…という事で、また次にたまちさんに会える日をずっと待ち続けたいと思います。

という事で、9ヶ月ぶりのたまち四姉妹ライブレポでした☆
再見!☆

栃木、福岡、長崎のピスバルのラジオ出演情報!(特に長崎の人は注目!)

| EDIT

ピストルバルブ - YOSHIMOTO R and C CO.,LTD.を見てたら、11/6付けで新しい情報が更新されてました☆
以下コピペ
---
■メディア情報更新 (2008.11.06)
●RADIO BERRY(FM栃木)
11/9(日)18:00~18:30 「ベリーポップクラブ」出演

11/16(日)〃      〃

11/11(火)朝ワイド番組「B-UP!(読み:ビーアップ)」でコメント+楽曲紹介

    時間は10:20頃を予定

11/14(金)金曜夜のトーク番組「サトカメGT」でコメント+楽曲紹介

    時間は19:05頃を予定
----
あと、10/26に更新の情報の中にも公式HPには出てない情報があったので、一緒にコピペしておきます。(※以下、11/7以降の出演情報だけピックアップしてコピペ)
-----
■メディア情報更新 (2008.10.26)

●福岡

【FM福岡】

11月17日(月)16:00~18:30

「SMASH WAVE」

●長崎

【FM長崎】

11月9日(日)20:00~20:55

ピストルバルブ特番「ピストルバルブ ステカマッ! RADIO」

出演:cotton、アンドー!、M-chan

【NBCラジオ長崎】

11月30日(日)12:00~14:55

「ラジオ番付!~ミミソコ~」
---
まあ、自分関東なんで地方のラジオは聴けないんですが(ネットで聴けるかどうかはあとで調べてみます)、

注目は、11/9のFM長崎の20:00~20:55
ピストルバルブ特番「ピストルバルブ ステカマッ! RADIO」
出演:cotton、アンドー!、M-chan

↑これめっちゃ聴きたくね?長崎の人羨ましいわ~(長崎の近県の人も聴けるのかな?)。

以上です!
皆さん良い一日を☆!

ピスバルは、今日は大阪のMINAMI WHEEL 2008のイベント出演!

| EDIT

ピスバルは昨日は木曽川のフリーライブ、盛り上がったみたいですね!
おつかれさまです!

今日は大阪のMINAMI WHEEL 2008のイベント出演ですね!
メンバーの皆さん、自分は行けないですけど頑張ってくださいね!

メンバーのブログの感想も書きたいとこですが、ちょっと今から用事があるんでまた、そのうちに書かせていただきますね!

じゃ、シンプルな日記ですが、今日はこれまで。
Peace out~!Bye!

BGM
Flower love:ピストルバルブ

10/30 ポレポレ@浅草KURAWOOD

| EDIT

CA390614.jpg
CA390615.jpg

CA390622.jpg

10月30日(木) 浅草KURAWOOD
『浅草ザ・ベストテン vol.14』
OPEN 18:30  START 19:00
(出演順)MANA meets Blue Bajou/らじるし/PEPPY FOOLISH/ポレポレ(21:30頃~)

自称癒し系バンド(笑)、ポレポレの二回目のライブでした。

ボーカルのかおりん(元12ヒトエ、元平安、元メスワルツ)と、
ドラムのはなまる(元12ヒトエ、元平安、元アルメリア、現The Spade 13→このバンドではベース担当)の最強コンビに、
ギター、ベースの男性メンバー二人(なるさんとジョージさん)を交えた4ピースバンド。

前回と同様、出ばやしは「崖の上のポニョ」(笑)。
で、年齢十代の3兄妹とお父さんがパジャマのまま家を抜け出して、初めてバンド演奏をするというメルヘン(かつクレイジーな。笑)なバンドの世界観がかおりんのナレーションで紹介され、パジャマ姿の彼らのライブがスタートするんですが、

かおりんは前回のライブの時同様、メスワルツ時代の曲も何曲か披露。
しょっぱなに「We are music! Rock'n Roll!」、途中で「Lie」という曲(そしてもう一曲ぐらいやったかな?)といった、メスワルツ時代の曲は、メスワルツファンだった自分にはやっぱり嬉しかったし、最後アンコールで披露した、めちゃくちゃハードロックな曲もすっげえカッコ良かった!

キレイなバラードの曲もやるんだけど、腰の入っためちゃハードなロックもやるというところが気に入ってるし、マジでめちゃカッコいいバンドだと思います。
今回も一番会場が盛り上がったし、ライブ後、お客さんから「最後のバンド、スゴかったね」という感想の声もチラッと聴けたし、もっともっとライブやって欲しいな。

さてさて、ライブ中に次回のライブ予定は、2200年で、来世で生まれ変わったらと言ってました(笑)。

ライブ後、本当に2200年までやらないんですか?って聞いたら(笑)、次はまだ分からないけど、出来たらまた近いうちにやりたいって言ってました。

すごく良かったんで、是非定期的にやってください!と言って、かおりん、はなまるのお二人に挨拶して帰りました。二人ともすげえ優しかったし可愛かったです☆

以上、ポレポレライブレポでした!☆





↑
<!-- [FC2 Analyzer] -->
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。