「ザ・ベストハウス123」2008/10/29放送(ヒョウ柄衣装!)

| EDIT

正確には、先週10/22の放送で新しい衣装に変わってたけどね(ごめん、先週の放送も昨日やっと見た。笑)。

先週10/22はセカンドニューアルバム 「Stick 'em up ! 」とライブDVD「DRIVE-BY SHOOTING」の発売日という事で、ロンブー淳さんからもアルバムの発売日です!と紹介を受けておりました。

ミュージカル「キャッツ」か、大阪の派手なおばちゃんを思わせるヒョウ柄という事で(笑)、深読みすると次のシングルのイメージに合わせた衣装を先行して着ている可能性も考えられます(違ってたらごめんなさい)。

写真は10/29の放送の時の映像から(10/22の時とほぼ一緒だけどね)。
以後、番組でしばらく、毎週同じ演奏シーンが流れるかと思われます。

CA390588.jpg
ストパーをかけたっぽいジェニさん。よりお人形さんっぽいですね☆キリトさんのPVに出演した時の髪型を思い出します。

CA390596.jpg
帽子にはこだわりのあるcottonが、おそらく大きさやデザインにもこだわったと思われるヒョウ柄帽子。おしゃれかつゴージャスな雰囲気がします。

CA390593.jpg
クレオパトラとか中近東風なイメージのとみぃさん。なんか一番凄くない?(笑)ミュージカルっぽいわあ~。
えっと…美川憲一って呼んでもいいですか?(なんとなくそんな感じが…笑)

CA390595.jpg
こちらも古代神話とかに出て来そうな神秘的な髪飾りに、服も神秘的だけど見ようによっては関西おばちゃんテイスト(←コラコラ!) に見えるアンドー!。
占い師かショップの店員さんに見えなくもないかな(笑)。
親近感を持たれて、逆に若い女性の喰い付きは良いかと思われます。

CA390594.jpg
髪の毛が赤味がかかってて、大きくはねた感じのパーマのリリアさん。髪の毛が痛んでそうで心配です(笑)。情熱的な赤いシャツが素敵だわ!☆
その横のボンバーヘッドなM-chanは、元々グラサンがトレードマークだから、こういうワイルドな感じの服は似合いますよね!

CA390598.jpg
ヨーコさんはあまり見た目が変わってないように見えます。ライブハウスに行くとドリンク売ってそう(←バーテンさんじゃねえよ!←ハリセンボン春菜ツッコミ。笑)。でもかっこいい!
ヒョウ柄バリバリのコリーナは派手めが似合う人ですよね。この衣装なんか意外とセクシーだなあ~。

CA390597.jpg
CA390600.jpg
Misatyの写真を二枚。Misatyの衣装と帽子がめっさ可愛い☆
Misaty、萌えですね☆

CA390601.jpg
チリチリパーマのラムさん(←チリチリパーマ言うな!笑)。
衣装はパッと見た目ですけど、冬休み中の大学生みたいな感じで、結構好きですね(笑)。

CA390599.jpg
ロングでのフルショット(全員は写ってないけど)。
ジェニさんの衣装はややゴスっぽい感じにより近づいたのかなと。
cottonは全身を見ると、メキシコの流しのミュージシャンに見えなくもないです(笑)。是非ドンタコスのCMに出て欲しい(笑)。でもこんな可愛い流しがいたらチップはずんじゃいますけどね!(笑)☆

はい、言いたい放題ですいません!(笑)
これからのライブはこの衣装でやってくれるのかな?
握手会とかでご本人達に会えたら、目の前で見た衣装の感想も本人に直接伝えたいですね!(その前にメンバーに思いっきりどつかれるかも…笑)

ぢゃ、そゆことで。Peace out!~☆Bye!☆

スポンサーサイト

ピストルバルブ 2nd Full ALBUM 「Stick 'em up !(ステカマッ!) 」感想その1~ぶっちぎりで好きな曲は…コレだ!!~(10/30 0:40 修正済み)

| EDIT

という事で、そろそろ書いた方が良いだろうという事で、10/22にリリースされたばかりの、ピストルバルブの2nd Full ALBUM「Stick 'em up !(ステカマッ!) 」の感想を書こうと思います。

でも、ちょっと待って!
本格的な、がっつりした感想は、やっぱりゆっくり書きたいかな。

出来れば、ピスバルのライブでアルバムの曲をもっと聴いてから…と、思ったけど、先にこれだけは言っておきたい!!
言った方が良いだろうという事で、これだけ早めに書かせていただきます。

今回のアルバム、実は私がぶっちぎりで大好きな曲が一曲あります!!
さて、どの曲だと思いますか?
皆さん、考えてみてください。

10/26 Wakeup Call、ANARCHY STONE 他@南柏ドランカーズスタジアム(※NEW STRIKE ZIPPERファンにも読んで欲しい)

| EDIT

10月26日(日) 南柏ドランカーズスタジアム
新星堂&ドランカーズスタジアム PRESENTS『GNR Vol.1』

ketchup mania / Sandy Beach Surf Coaster / ANARCHY STONE / UPLIFT SPICE / Wakeup Call / →CASKET← / Ska’nkin☆Holic
[出演を予定していたNEW STRIKE ZIPPERはメンバーの体調不良により出演キャンセル]
OPEN 16:30 / START 17:00

●オープニングアクトのSka’nkin☆Holicの途中で会場に到着。
相変わらず元気に会場を盛り上げていた→CASKET←、バンドのクオリティの高さは文句の付けどころがないUPLIFT SPICE、一バンド減った分、おそらく多めに曲数をやっていて、やっぱり会場でも一番盛り上がっていたANARCHY STONE 、名古屋のバンドで初めて見るバンドだったけど、レベルの高い実力派のメロディックパンクバンドで感心したSandy Beach Surf Coaster など、非常に見応えのあるイベントだったんですが…(都合により、ketchup maniaは途中までしか観られず)

一番印象に残った出演バンドはWakeup Callでした。

その感想の前に…
時間は遡りまして、ライブ前。

×  ×  ×

楽しみにしていたイベントだったが、南柏に向かう足取りは重かった…

理由はもちろん、出演予定だったNEW STRIKE ZIPPERの出演がなくなったから。

ボーカルのちおりさんの急病で10~11月の公演を全キャンセルする事になり、ちおりさんの病状も大変心配なのなんだけれども…(ちなみにギターのゆいのさんも足をケガして現在治療中。正直、ほんと早く良くなって欲しい。)

ニューストには実はそれ以外にも大事件があって、ファンは大きなショックを味わっていたのであった。

ベースのみかさんが12月の公演を最後にニューストを脱退!!(一身上の都合との事)

このブログではそんなに話題は出してなかったと思うけど、俺、みかさんの、大、大、大、大、ファンだったもんで、

すっげえショックで。

で、音楽活動自体もやめちゃうそうで、もうホント、今まで色んなバンドの解散やら、脱退やら目の前で体験してるけど、それとは比較出来ないぐらい、もう一番のショックで。

脱退理由は結婚とか妊娠とかではなく、本当に何かバンドを続けられない理由があって…ていう事らしいんだけど、

もうニューストファンみんなからみかさんは愛されてて、しかも急だったし、ほんとファンもみんなショックを受けていて。

だから、もうローソンチケットでチケット買ってるけど、このライブ行くのやめようかと一瞬本気で考えた。
でも他に観たいバンドもあったし、行かなければ行かないで後悔するだろうから行く事にした。
違うバンドのライブでもいいから発散しないとこのモヤモヤは収まらない。そう思っていた。

×  ×  ×

二番目のバンドのライブが終わって、休憩中にふと客席を観たら、なんとニューストのボーカルのなおさんがいた。

なおさんだ!と思って挨拶に行く。
優しく挨拶を返してくれるなおさん。

なおさんは南柏から比較的近い近所に住んでいて、他の出演者にも挨拶がてらライブを観に遊びに来たとの事。

やっぱり気になってた事をなおさんに色々聞いてしまう。
なおさんは優しく色々話をしてくれた。
なおさんも雰囲気は落ち着いて見えたけど、やはりここ最近不安な毎日を過ごしていたんだろうなという事はなんとなく感じられた。

結局、ちょめさんの病状は今のところ何とも言えないみたいだし、みったんが辞める真意はやはり良く分からなかったのだが、それでもなおさんは俺みたいな一ファンの質問にとても丁寧に答えてくれて、俺はちょっとだけ胸の中のモヤモヤが晴れた気がした。

なおさんが、ちょめさんの病気さえ良くなれば、12月のライブは是非やりたいし、自分もまだ歌いたいんですと言ってくれたのがとても心強かった。

×  ×  ×

三番目の出演バンドは、ニューストとは専門学校時代からの盟友、Wakeup Call(WUC)。

なおさんは客席最前でWUCを観ていた。

出て来たWUCのメンバーの一人がニューストのTシャツを着ていた。
それを観た瞬間、涙が出そうになった。

ボーカルちふみさんはいつものようにパワフルながらも優しい人柄が感じられる、魅力的な歌声で客席を魅了していた。
WUCのアルバムにも収録されている「Listen Dear Friends」という曲の「Listen Dear Friends~」というフレーズが、いつもより、余計、心に染みた。

俺はこの時、この日ライブを観に来て良かったと心から思っていた。

×  ×  ×

その後に出て来たバンドのライブも楽しく観た後、最後のバンドのライブの途中だったけど、都合により帰る事にした。

階段の近くで、なおさんがさっきのニューストTシャツを着たWUCのメンバーと喋っていた。
帰りの挨拶をすると、なおさんが「12月のライブで待ってます!」と言ってくれたので、「自分も(ニューストを)待ってます!(笑)」と言って、笑顔でお別れをした。

×  ×  ×

南柏から家に向かう足取りは、来る時よりも少しだけ軽くなっていた気がする。
昨日より少しだけ力が沸いて来たような気がした。

×  ×  ×

ニューストの12月のライブを心から楽しみにしています!
ちおりさんとゆいのさんの体調が良くなる事を心から祈っております。

そして、みかさんをニューストから気持ち良く送り出したいなと思います。
まだ心情は複雑だけどね…(笑)。

以上、南柏ドラスタイベントライブレポでした!☆

雑誌「BACKSTAGE PASS」2008年11月号はアンドー!&M-chanファン必見☆

| EDIT

雑誌「BACKSTAGE PASS」2008年11月号をチェックして来ましたよ!
ピスバルファンは98ページを開いてみてください。
アンドー!&M-chanがインタビューを受けている記事(というか広告)が読めます。
この二人のコンビってなんか珍しいよね?
でも記事を読んでみて、実は結構良いコンビなんじゃないかなって思いましたね。

この時期なんでニューアルバムの記事かと思いきや、ある製品に対する二人の感想とかが出ていてちょっと新鮮な感じです。
二人のプライベートとか趣味とかも、かいま見れて、短いけど楽しい記事になっておりましたね。
写真も良い感じの写真が出ているので、特に二人のファンはチェックしてみてください☆☆

× × ×
ニューアルバム「Stick ‘em up!」、ライブDVD「DRIVE-BY SHOOTING」、どっちも今聴いてるし、観ているところです。
「Stick ‘em up!」はピスバルの世界について色々真面目に語れそうだし、「DRIVE-BY SHOOTING」は単純にミーハーっぽい感じで、あのシーンが良かった、あの曲のライブが良かったとか色々語れそうですね!
今度じっくり感想書く予定なんでちょいとお待ちを!☆

それでは皆さん、良い日曜日をお過ごしください~!☆☆

「Stick ’em up!(ステカマッ!)」初回限定版とLIVE DVD「drive-by shooting~ピストルバルブ・ヨーロッパツアー2008~」やっと買ってきたよん~

| EDIT

へい!
という事で、「Stick ’em up!(ステカマッ!)」初回限定版とLIVE DVD「drive-by shooting~ピストルバルブ・ヨーロッパツアー2008~」買うて来ましたぜ!

「Stick ’em up!(ステカマッ!)」限定版に付いていたDVDは見たよ。
めちゃ笑った!&メンバーカワユス!!☆☆
うん、こりゃいいDVDだ!!!
細かい感想はまた後日ね!
「Stick ’em up!」と「drive-by shooting~」の感想も後日じっくり書かせていただきます。
よろしくです!☆

10/23 HOT BITCH's MARIE(現メンバーでのラストライブ)@代々木Labo

| EDIT

AYANO TOMOTOMOさん、AYANOさん
KANA UMIUMIさん、KANAさん
KANA2.jpgMC中のKANAさん

10/23 代々木 Labo
ROCK DIZZY UP Vol.7
□HOT BITCH's MARIE(3番目 19:30頃~)/東京CRAZY SALT/JACK/The Homesicks/the quilt
open.17:30 start.18:00
---------------------------------
HOT BITCH's MARIEを応援してくださった
全てのみなさまへ

突然の御報告ではありますが、
2008年10月23日(木)の代々木Laboのライブをもちまして
現HOT BITCH's MARIEメンバーでの活動を終了することにいたしました。


それぞれに分岐点が訪れ、
4人で話し合い、最良の道として
今の4人での「HOT BITCH's MARIE」としての
活動に終止符を打つことに決めました。



メンバーそれぞれの心境、コメントは、ブログに記します。
読んで頂ければ幸いです。


私達、HOT BITCH's MARIEを応援し、支えてくださった皆様には
本当に感謝しています!
みなさまがいてくれたからこそ、
ここまで4人で音楽をやってこれたのだと思います。


このような報告をすることになり、申し訳ない気持ちでいっぱいですが、


本当にありがとうございました!!!


これからは4人それぞれの音楽の道を歩むことになりますが
温かく見守っていただけたら嬉しいです。

そして、現マリーの活動を終えても、別の音楽を通じて
また お会いできる日が来ることを願っております。



本当にありがとうございました。
これからも4人をどうぞよろしくお願いします!



2008年10月8日(水) HOT BITCH's MARIE一同

(公式HPよりコピペ)
-----------------------
というHPのコメントともに、リーダーAYANOさん以外のKANAさん、TOMOさん、UMIさんの脱退が電撃発表されたHBMの、現メンバーでの最後のライブでした。

皆さんとても晴れ晴れとした表情で、いつものライブ以上に弾けてたのが印象的でした。
この日は現メンバーでの最後のライブを見に、多くのお客さんが集まって、めちゃくちゃ盛り上がっていましたね。

セトリは、LOVE MONSTER、クランベリー、Rock'n'roll★Doughnut、YOU TO SEI、ラストはNO!!!(中盤にもう一曲くらいあったかも?あと、前半の順番とか曲名は間違ってるかも知れない…)。

ライブ中盤くらいで、メンバーが一人ずつ最後のご挨拶。
周りで支えてくれていた人たちへの感謝の気持ちと、これからもそれぞれの道で頑張るというような内容の挨拶が多かったんですが、
前日までは今日は絶対泣かないと決めてたんですけど…といいながら大泣きしていたAYANOさんの挨拶はその中でも非常に強く印象に残りましたね。

あと、脱退するメンバー3人はこれからも音楽活動は続けるけども、具体的には次の展開はまだ決まっていない、もしかしたら、3人のうち何人かで一緒に何かをやるかもみたいな事を言っておりました。

あと、AYANOさんは、自分の中に、HotでBitchでMARIEな女の子の魂があるかぎり、HOT BITCH's MARIEとして、これからも何かの活動をやって行きたいというような内容の事を言っておりましたね。
(聞きようによっては、バンドではなくてソロでやっていくという風にも聞こえたし、また、音楽やバンドにとらわれず色々なアーティスティックな活動をやって行く風にも聞こえました。この辺は聞いた方の感じ方かな?)

正直、この日のライブを見てこの4人なら、これからの活動もそんなに心配ないだろうなと感じられたので、寂しいという気持ちはそれほど感じなかったですね。

むしろ、これからの活動を注目して見て行きたいなと思いました。
見ていて気持ちのよいすがすがしいラストライブでしたね。

×  ×  ×

で、この日、HBMの次が、JACKという、ボーカル、ギター、ベース、ドラムの4ピースのギャルバンだったんですが、この日、HBM以外の対バンの情報は全くなく、もちろん、このバンドも初めてみたんですが、なかなかロックしててカッコ良かったですね!
MCで今年の10月で結成一周年を迎えたばかりだと言っていて、バンドの歴史が浅い割にはなかなか有望なバンドだなって思いました。

JACK2.jpg
JACK1.jpg
JACK3.jpgJACKの皆さん

特に最後の曲とか、重低音で迫力のあるサウンドで、めちゃくちゃカッコ良かったですね!
思わぬ収穫というか、次もまた見てみたいなと思いました。

×  ×  ×

という事で、この後、HBMの皆さんにご挨拶に行き、皆さんがそれぞれ新しい活動を始めたら、是非また遊びに行かせていただきますねと伝えて、会場を去りました。

という事でメンバーの皆さん、おつかれさまでした!これからの活動も期待しております!!

10/18 ARIA ASIA (PV撮影観覧)@渋谷DESEO

| EDIT

10/18 渋谷DESEO
ARIA ASIA (PV撮影観覧)
開場:23:45 開始:0:30頃
終了:4:30頃

mixiでARIA ASIAコミュに参加している人向けにARIA ASIA のスタッフさんから、PV撮影の観覧募集がされていたので、観に行ってまいりました。

最初は深夜だししんどいかなと思って、パスする予定だったんですよ。

が、しかし、同じくARIAファンのvin-gさんがそれに応募していて、友人や知人を連れて来ても良いと事務局からの返事が返って来たから行くんなら連絡して、とわざわざ教えてくれたので、じゃあ…とお言葉に甘えて行ってしまいました(笑)。

ライブ風のPVの撮影という事で、ほとんど長時間立ちっぱなしで、結構しんどかったけど、めちゃくちゃ盛り上がって楽しかったですよ!☆

お客さん役のお客さん(ややこしいわ!笑)は100人以上集まっていて、客層を見た感じは、mixiで応募したっぽい一般の方は少なめで、おしゃれな若い感じの人が多かったですね。
おそらく、どこかの音楽学校の生徒さんに声かけたのかな、と思いましたね。業界関係の人が多かったように思います。

ARIA ASIAのライブって、元々結構、お客さんがとても元気なんですが、この日はいつも以上に集まっている人のテンションが高かったですね(笑)。

流れとしては、ARIA ASIA(バンドバージョン)のステージでの演奏姿を、曲ごとに撮影して、一旦止めて次…っていうパターンを最初にやって、間を空けて次に流れでほとんど途中で止めずに演奏を続けてって…というパターンを収録という感じで進んで行きました

失敗してもう一回やり直しになっても、お客さんは逆に何回も聴けてラッキー!みたいな感じになっていて、とてもなごやかで楽しい雰囲気で時間が過ぎていったように思います。

ギター担当でARIA ASIAのプロデューサーでもあるD・A・Iさんがお客さんのノリの良さに感激して、この日のお客さんの為に、当て振りじゃない生の演奏でも何曲かやってくれましたね。

お客さんも非常に熱く盛り上がってアンコールも飛び出し、アンコールではルパン三世とかも演奏してくれて、雰囲気は普通のライブ以上に最高でしたね!

で、ますます感激したD・A・Iさんから、PV撮影に協力してくれたお礼という事で、その場の判断で、12/1のARIA ASIAの赤坂ブリッツのライブチケットをお客さん全員にプレゼント!(太っ腹!!)

一人20名は連れて来るようにという、ひと言を付け加える事も忘れてなかったですけど(笑)、まあ、この日、来た人は無料でARIAさんのライブは見れるわ、チケットは貰えるわで、すげえラッキーでしたね! 

ARIAさんは、この前の渋谷DESEOのライブでも着ていた、赤い南国風のひらひらしたドレス姿で演奏をしておりました。

ARIAさんも長時間の演奏で疲れているだろうに、全然、笑顔を絶やさず、逆に「お客さんがあたたかくて嬉しい!今日、頑張ってくれた皆さんのためにも、自分も今年、来年とメジャーデビューを目指して頑張りますと!」いった内容の力強い宣言をしていて、気合の入っているところを見せてくれましたね。

あとは…

インターバルの間に、この日のPV撮影を担当しているプロデューサーがプロデュースしている、曲芸リフティングで世界を回っているリフティング名人の若い男の子二人(グループ名は失念)の神技リフティングのパフォーマンスショーがあったりとか、

ARIA ASIAのPV撮影終了後に、もう一組、セクシーダンスボーカルユニット、RED PEPPER GIRLS(略してRPG)のPV撮影(二曲だけ)もあったり、なかなか楽しい時間を過ごす事が出来ました。

という事で、結局終ったのは明け方4時過ぎ。その後、渋谷DESEO内や外で適当に時間を潰し、vin-gさんと解散。

いやあ、まあ結構疲れたけどね(笑)。
でも、アーティストのPV撮影にファンが参加っていうイベントはなかなか楽しいですね。

アーティストの素顔が見れたり、撮影現場の裏側が見えたり、そしてアーティストと一緒に物作りの現場に参加する事で、同じ時間を共有する事で、もっとそのアーティストに親近感が持てたりと、アーティスト側にもファン側にとっても双方にメリットが感じられるような、非常にお得感があるイベントだなと思いました。
ARIA ASIA以外でもこういうイベントがあれば是非参加してみたいですね!

という事で、以上、PV撮影現場参加レポでした!

ピストルバルブ10/23、24は九州地方のラジオジャック&雑誌情報&10~11月のライブ情報!!

| EDIT

へい。
という事で10/22はピスバルのニューアルバム「Stick 'em up !(ステカマッ!)」とヨーロッパツアーの映像が収められたライブDVD「『drive-by shooting~ピストルバルブ・ヨーロッパツアー2008~』の発売日です!

もうみんなゲットしてるよね!

俺はまだです!(←おいっ!笑)。

TSUTAYAに予約してて、まだ取りに行けてないんですよ。
今日飲み会だったもんで…(←どうでもいい)

たぶん明日というか今日には仕事帰りにお店に行ける筈…もちろん今から楽しみにしております!☆

という事で、CD&DVD発売に伴い、ピスバルの皆さんは明日はキャンペーンで九州に行くみたいですよ(メンバー全員かどうかは不明)。
ラジオに出まくるみたいですね。行かれる皆さん、頑張ってくださいね☆

ではその情報をオフィシャルHPよりコピペ↓
---
◆RADIO情報
◇九州地方、ラジオ出演決定!

10月23日(木)

●長崎

【FM長崎】
「栄町レコード」 12時台ゲスト

【NBCラジオ長崎】
「満腹ワイドラジDONぶり」 13時台ゲスト

【FM長崎】
「G.Radio℃」 17時台ゲスト(サテライトスタジオ) 観覧できます


10月24日(金)

●佐賀

【FM佐賀】
「ガッツモーニング!」 9時台ゲスト

●福岡

【天神FM】
「Park Side Cafe」 16時台ゲスト(サテライトスタジオ) 観覧できます

【LOVEFM】
「The Request Show」 18:00~18:10 (サテライトスタジオ) 観覧できます

【CROSSFM】
「TOGGY'S T.T.」 18:15~18:25 (サテライトスタジオ) 観覧できます

【FM福岡】
「ブッチカウントダウンレディオ」 19時台ゲスト

【KBCラジオ】
「ベロベロバー」 22時台ゲスト
----
という事で、九州地方の皆さん、読みました?
いくつかのスタジオは番組観覧出来るみたいですよ!
つまり生でピスバルが見れる貴重なチャンスです。
お時間ある方は是非足を運んでみてください(観覧方法はラジオ局などに確認してみてくださいませ☆)
------
そして九州地方以外でも生でピスバルに会えるチャンスが10月から11月にかけて全国で目白押しですね!
フリーライブや握手会、イベントやコンサートで生ピスバルを是非体感して見ては?

ではその情報もHPからコピペ↓
----
◇10周年記念! MINAMI WHEEL 2008 に出演!!!??NEW!!

日程:2008年11月2日(日)
会場:americamura FUNJ twice
*ピストルバルブの出演は21:00の予定です。

イベント詳細はMINAMI WHEEL 2008のサイトをご覧下さい。
http://funky802.com/minami/index.php

◇ピスバル、フリーライヴ決定!!!??NEW!!

NEWアルバム「Stick ‘em up!」とLIVE DVD「DRIVE-BY SHOOTING」の発売を記念して、ミニLIVE&握手会が決定!!!
イベント会場限定の特典<握手&ポスター>もあり!絶対に遊びに来てね!!

★握手会参加券をお持ちの方はミニLIVE 終了後の握手会に参加出来ますので、当日必ず握手会参加券をお持ち下さい。
★ライブの観覧はフリーとなります。
★トラブルやアーティストの都合により、やむを得ず中止・内容変更になる場合がございます。予めご了承下さい


【日程】
■10月26日(日)<2回公演>
時間:(1)14:00~     (2)18:00~
場所:キャナルシティ博多 B1Fサンプラザステージ
握手会:HMV キャナルシティ・HMV ホークスタウン・HMV リバーウォーク北九州・HMV パークプレイス大分
・HMV アミュプラザ鹿児島にて新譜のいずれかをお買い上げの方に先着にて握手会参加券を差し上げます。
予定数なくなり次第配布終了となります。(予約者優先とさせて頂きます。)
※問い合わせ:HMVキャナルシティ 092-271-9181

■11月1日(土)<2回公演>
時間:(1)16:30~     (2)18:30~
場所:イオンモール木曽川キリオ 1Fノースコート
握手会:WAVE木曽川にて新譜のいずれかをお買い上げの方に先着にて握手会参加券を差し上げます。
予定数なくなり次第配布終了となります。(予約者優先とさせて頂きます。)
※問い合わせ:WAVE木曽川店 0586-86-9627

■11月15日(土)<2回公演>
時間:(1)14:00~ (2)16:00~
場所:イオン仙台泉大沢ショッピングセンター 1F専門店街 南側セントラルコート
握手会:HMV 仙台泉大沢・HMV 仙台一番町・HMV仙台ロフト・HMV 名取にて新譜のいずれかをお買い上げの方に先着にて握手会参加券を差し上げます。予定数なくなり次第配布終了となります。(予約者優先とさせて頂きます。)
※問い合わせ:HMV 仙台泉大沢 022-772-5170

■11月16日(日)<2回公演>
時間:(1)14:00~    (2)16:00~
場所:イオンモール太田 専門店街1階セントラルコート
握手会:HMV 太田にて新譜のいずれかをお買い上げの方に先着にて握手会参加券を差し上げます。
予定数なくなり次第配布終了となります。(予約者優先とさせて頂きます。)
※問い合わせ:HMV 太田 0276-47-8380

■11月24日(月・祝)<2回公演>
時間:(1)14:00~ (2)16:00~
場所:ラゾーナ川崎プラザ ルーファ広場グランドステージ
握手会:HMV ラゾーナ川崎にて新譜のいずれかをお買い上げの方に先着にて握手会参加券を差し上げます。
予定数なくなり次第配布終了となります。(予約者優先とさせて頂きます。)
※問い合わせ:よしもとアール・アンド・シー 0120-600-316(平日のみ11:00~18:00まで受付)
--------
という事で、ご近所の方、ちょっと遠目の場所の方もスケジュール調整するしかないね!
私ですか?もちろん行く予定ですよ!今から楽しみですね!!!!☆

続いて、掲載誌情報。こちらはオフィシャルのメールマガジンからの情報(コピペ)。
----------------
★掲載誌情報
●雑誌
◇2008年11月号 「BACKSTAGE PASS」
-----------------

明日本屋さんでチェックしてみますか。

という事で、ピスバルファン(そしてピスバルメンバーにとっても)、ちょっとしたお祭り状態の日々が続きそうですよ。
皆さん、それぞれの自分なりのスタイルでピスバルの世界を楽しんじゃいましょう!

んじゃ、そゆことで!
Peace out~!Bye!☆

10/18 Dazzle Vision@四谷OUTBREAK

| EDIT

CA390561.jpg
CA390572.jpg

2008 10/18(Sat) 四谷OUTBREAK[EXTREME the YOTSUYA CITY!]
Open17:30 Start18:00 前売1500円 当日2000円
Dazzle Vision/NINEZERO/maniaclunch/風雷音/ネオシュレット/POWDER MAGAZINE

色んなバンドのライブを見に行ってますが、結構ひと月に一回くらいのペースで、コンスタントに見に行っているお気に入りのバンド、Dazzle Vision。

このバンドは、好き嫌いを抜きにして一度見た方が良いと思う。
もうすぐサードアルバムの発売が近づいているんだけど、ますますバンドのパフォーマンスの素晴らしさがアップしていて、ボーカルMaikoさんの表現力、本気度もハンパない事が分かる。

デスボイスとノーマルな歌声のギャップだったり、歌の途中でも「Maikoだよ~」とか、笑顔でピースとかしたりのギャップの魅力も健在なんだけど、

最近は特にバラード曲とかがそうなんだけど、曲の世界に本気で入り込んで歌っているのが分かる。
まじで泣いて歌ってるからね。
表情といい、歌っている時の所作といい、もうすっかり佇まいはインディーズじゃなくてメジャーなんだよね。

最初に観たのが2年前くらいだと思うけど、このバンドも間違いなく成長しているのが分かる。
遊びや趣味じゃなく、本気の本気で、メジャーや世界を目指しているバンド。

もうとっくに台湾デビューは果たしているし、アメリカでの、日本のミュージシャンのネットでのCD売り上げのチャートで上位に入ったりしてるからね。

この日は、ボーカルMaikoさんとちょっと喋る機会があったんだけど、最近はほんとにバンドのあれやこれやで忙しくしてるみたい。見たかった外国のアーティストや日本のメジャーアーティストのライブもバンドの用事で全然見れてないらしいです。

Maikoさんに限らずだけど、ほとんどのミュージシャン、ほんと真面目だし、ほんと音楽やバンドが好きなんだっていう、まっすぐな人たちばっかりだよね。
いい加減に生きている自分…反省しちゃいますね。

という事で、現在進行形で成長し、進化し続けるバンド、Dazzle Visionをこれからも注目し、応援して行きたいと思います!☆



Category: DAZZLE VISION

ピスバルニューアルバム関係の記事が出ている雑誌情報!☆

| EDIT

ピスバルの皆さん、大阪の学園祭ライブおつかれさま!
どんな雰囲気だったか気になるなあ。やっぱ、関西テレビで放送されていた「タナゴコロッジ」の主題歌のワルスカも演ったんだろうか?
やったんなら東京以上にワルスカで盛り上がったのかな?参加した人のレポを早く読んでみたい気がしますね。

ところで、本屋さんで音楽雑誌とかチェックしたら、ピスバルのニューアルバム関係の記事が出ている雑誌を発見しましたよ!

「月刊ソングス」11月号
と、
「WHAT's IN?」11月号

にそれぞれ、ニューアルバム「Stick ’em up!(ステカマッ!)」に関するcottonとアンドー!へのインタビューが出てました。
「WHAT's IN?」にはアルバムのレビューとかも出てましたよ!

短いながらもなかなか興味深い内容でした。
ニューアルバムもメンバーなりのこだわりとか、色々な新しい趣向が反映されたアルバムになってるみたいですよ。
まあ、詳細は自分の目で確かめてみて!☆

という事で、皆さん、明日にでも早速本屋さんにチェックに行っちゃましょう!!

んじゃそゆことで。
Peace out~!Bye!☆

10/16 Mexico∞タイフーン(ボーカルひ-こさん脱退!最後のライブ)

| EDIT

CA390552.jpg

10月16日(木) in 渋谷RUIDE K2
Mexico∞タイフーン&FUMABAND presents『NEXT DOOR→』
OPEN:17:30 START:18:00
ACT:Mexico∞タイフーン/FUMABAND/CONCEPION COMPLEX/Lewon/SHENKY GUNS

元メスワルツのメンバーshioRiさんがベースで参加しているバンドMexico∞タイフーン。

だいぶ前に一度見に行った後、間が結構開いてしまってたんですが、そのMexico∞タイフーンからボーカルひーこさんの脱退が突然決まり、現メンバーでの最後のライブという事で、急遽見に行って参りました。

Mexico∞タイフーンは、コーラス担当ひーこさんにMC.KA-Zがラップで絡む形の、男女ツインボーカルに、ギター(ROCKEY)、ベース(shioRi)、ドラム(RE→)が加わった5人編成のバンドで、ジャンル的には基本的にはヒップホップとポップスがロックが融合したような音楽をやっている感じですね。
自分が聴いた限りでは、ほとんどの曲が明るくて元気でポップなイメージの曲調で、なかなかピースフルな感じのバンドだったように思います。

で、この日、あらためて見て感じたんだけれども、楽器の演奏レベルはかなり高く、ひーこさんの歌唱力もばっちりだし、KA-Zさんのラップもカッコ良さげな感じで、バンドとしてのクオリティはなかなかのもんでしたね。
ただヒップホップ系のユニットはちょっと苦手なもんで、なかなかライブに足を運ぶきっかけがなかったんですが…。

で、今年の8月にファーストミニアルバムを出したばかりのMexico∞タイフーンですが、ボーカルひーこさんが家庭の事情その他の理由で、突然自らの意志で脱退する事になり(音楽活動そのものも辞めてしまうとの事。勿体ない…)、それが決まった時、同じバンドメンバーのshoRiさんはかなり大きなショックを受けていたらしいとの事。それを聞いて、さすがにちょっと心配だったんですよね。

で、この日、ライブ前に久々にshoRiさんご本人と会えて、ちょっと喋れたんですが(とりあえず元気そうで安心しましたが)、とりあえず、Mexico∞タイフーンは次の女性ボーカルが見つかるまで活動停止になるとの事。また、違うバンドでの活動をするにしても、まだ白紙状態みたいな事をshioRiんは言ってましたね。

なので、少しでも力づけてあげないといけないなあと思い、shioRiんなら大丈夫だから、気分を変えて元気出して頑張ってねと言っておきました。

しかしバンドマンって色々大変ですなあ~。でもほんと頑張って欲しいですね!

この日、Mexico∞タイフーンの出番はトリで、さすがに多くのファンや関係者が集まっておりました。

ライブ自体も途中でメンバーが涙する場面もあったけど、基本的には明るく元気な感じで、ひーこさんラストライブにふさわしい、最高のライブになったと思います。

また、ライブの途中では、先日お誕生日を迎えたばかりのshioRiん(1986年生まれの22歳!)にメンバーからプレゼントが渡される場面もありました。

去年もここ渋谷ルイードK2のステージでお誕生日を祝って貰ったんですよと、shioRiんはMCで言っておりました(その時はメスワルツのライブだったんだよなあ。そういえばそのライブも結果的にそれがメスワルツの最後のライブだったんだよなあ~。苦笑)。

またそんなshioRiんの誕生日にちなんで、みんなでこの曲を演奏してみます!という事で、

なんとSMAPの「SHAKE」のカバーを披露(!)。

しかも、shioRiんがスラップをバキバキと決めまくるロックアレンジバージョン!!
曲のチョイスとアレンジのセンス、ぶっ飛んでるよなあ~(笑)。

確かにこれはちょっと面白かったですね(確かにちょっと面白い事をやっているバンドっぽかったんだよなあ~。今となってみると、もうちょっと注目しておくべきだったかな?と思ったりもする…)。

という事で、ひーこさんの最後の挨拶なんかもあった後、アンコールもきっちりとやりきり、Mexico∞タイフーンにとっての大きな分岐点(本当にこれからの活動予定は白紙みたい。リーダーは残存メンバーでなんとか活動を続けて行く道を探りたい的な事を言ってたけれども)となると思われるこの日のライブは終っていった感じです。

ひーこさん、おつかれさまでした!これからも音楽活動以外の道でも頑張ってくださいね!

また、真面目でがんばり屋さんのshioRiんも、これからも音楽活動を頑張って続けて欲しいですね。
将来有望の実力派の若手女性ベーシストだと思っているので、今後の活躍をこれからも期待しております!☆

ということで、以上、Mexico∞タイフーン、ライブレポでした!☆


cottonのブログが更新されましたね!☆

| EDIT

10/16付けのcottonのブログ「ぶるんっぶんぶんぶん!!cotton号だぜぃ!!」

もうさあ、cottonといえば、擬音。
擬音といえばcottonですよ!
(か、宮川大輔ね!。笑)

この擬音が出てる時は調子がいいですからね(笑)。
そしてメンバー全員がほとんどそうだけど、絵文字も多くて賑やかでいいですな☆

原チャリcotton号に乗ってはしゃいでいるcotton先生のノリノリのブログ。
まあ、メット姿もカッコいい!&非常に可愛い訳なんですが☆☆☆
(やっぱ紫っぽい服なんですね♪笑)

最近、乗り始めたっぽい事が書いてありますが、事故とかに気をつけて無理しないようにね!

しかし、cotton家から、コリーナの家が結構近いっぽいっすね。

ていうか、実は湘南って広いようで実は狭い?(←湘南地方に住んでいる人に怒られるわ!笑)

そういえば、近所のSHOP99でこの前「遠くに花火」が流れてましたわ。

もう少し前だと、違うお店で「Unofficial」が流れてましたね。
たぶん、有線がきけるお店なんだと思うけど、突然、こういう店でピスバルの曲が流れて来ると結構ビックリするし、ちょっと嬉しいよね☆

という事で、以上、cottonブログの感想でした!
Peace out~!! Bye!!☆

10/11 SlipKnoT @新木場STUDIO COAST

| EDIT

CA390542.jpg

SlipKnoT JAPAN TOUR 2008
2008年10月11日(土)
(※ツアー二日目 最終日 超満員 SOLD OUT)
会場:新木場STUDIO COAST
開場 17:00 / 開演 18:00
出演: SlipKnoT
GUEST:MACHINE HEAD

遅ればせながら、10/11のSlipKnoT(スリップノット)のジャパンツアーライブの感想です。

とにかく、めちゃくちゃ盛り上がった!
楽しかった~~~~!!!!☆☆

ちなみにSlipKnoTの前にO.Aで、こちらも大御所のメタルバンド、MACHINE HEADが出て来たんですが、MACHINE HEADもめちゃくちゃ良かったですね!
純粋なメタル好きの人は、こっちのが良かったという人もいたと思います。
骨太でごっつい、それこそヘヴィなメタル音楽は圧巻でした!!

さて、そしてSlipKnoTなんですが…

俺、どっちかというと「萌え」って言う言葉あんまり好きじゃないんだけど、あえて言おう!

SlipKnoT萌え~~~☆☆

ファンの皆さん、すいません!(笑)
でも、見に行った人ならこの気持ち分かってくれる人もいるかと思います。

え?!SlipKnoTを知らない?

はい、こんな人たちです!

Category: 洋楽

アンドー!さん、お誕生日おめでとうございます!

| EDIT

10/15はアンドーさんの22歳のお誕生日です!☆☆
ハッピーバースデー!☆

という事で、この前の日記にも書きましたが、10/10の渋谷O-EASTのライブ後の出待ちで運良くアンドー!さんに会えたので、プレゼントはご本人に手渡し済みです!☆(プレゼントと言っても全然たいしたもんじゃないけど…)

今からでも遅くないと思うんで、アンドー!さんのお誕生日を祝いたい人は、事務所にプレゼントを送っちゃいましょう!

奇抜な衣装だったり、今までとイメージの違う曲だったり、いつも色んな趣向でファンを驚かせてくれるアンドー!さん。

一時期体調が悪くて休まれていた事もあったけど、この前、目の前で見たアンドー!さんは元気いっぱいで、なんかすごいキラキラとオーラが出てましたよ!☆

これからもその調子で頑張ってくださいね!
良いお誕生日を☆♪



【紫は今年の】10/10 ピストルバルブ@渋谷O-EAST(「THE GIFT vol2 -We Love Music- Presented by SHOBI」専門学校東京ミュージック&メディアアーツ尚美イベントライブ)(感想~その4 出待ち編)【テーマカラーなんです☆】

| EDIT

という事で、感想~その4 出待ち編です!
---
さてライブ終了後、気がつくと、渋谷O-EASTの近くの駐車場の近くで、出待ちしている私(笑)。

本当にちょっとだけ待って来なかったら帰ろうと思ってたんですが、気がつけば一緒にいたピスバル常連組(という事にして置こう。笑)のvin-gさん、Mやんらと思いの他、話が弾んでしまい、結構な時間が過ぎてしまってましたね。

で、途中で、
「ここO-EASTじゃなくてO-CRESTの専用の駐車場じゃね?」
という事に気付いたんですが、

そしたらこの日、O-CRESTでライブをしていたTHE☆PINK PANDAのメンバーが建物の中から出て来たりとか(遠目に見てただけなんで直接接触はせず…ああ、この日はピンパンも見たかったんだけどねえ~)、

で、O-EASTの駐車場はあっちじゃね?という事で、反対側の駐車場に行ったんだけど、人が出て来る気配はなく、

(…ああ、ピスバルはピスバス(※注:ピスバルメンバーと機材を運んでいる事務所のバス)でもう帰ったに違いない)

と思って、O-CRESTの駐車場に戻ったんですが、しばらくしてそろそろ帰ろうかという雰囲気になったんですね。

で、もう一度だけO-EASTの駐車場を見て帰ろうと、O-CREST側の駐車場前からO-EAST前の路上に移った瞬間、

前方に、派手目の髪型で、楽器を持った若い女性の集団が…!

楽器だけだったら尚美の学生さんかなとも思っただろうけど、ちょっと派手目の私服とキラキラしたオーラが出ているので、瞬時に、あっ!いた!と思いましたね。

ちなみに最初にメンバー個人を特定出来たのは、明るめのパーマ、短めの髪型の後ろ姿のMisatyでした。

(やっべえ!ひっさびさだわあ!~)

ステージ上以外のピスバルの皆さんとお会いするのは、何ヶ月ぶりだろう?

とにかく、私がこんなブログを作るくらい好きな人たちと久々に会えた訳です!!

確かにもうインディーズの路上ライブ時代から何回も会った事があるし、話した事もあるメンバー達ですが、やっぱり会うとテンションがあがってしまう…

隣にいたMやんに「いた!いた!」と興奮気味に話しかけ、私服姿で若干雰囲気が違うメンバーの中から、あの人の姿を見つけ出した瞬間、もうカチッとスイッチが入ってしまいました(笑)。

スイッチ?名付けるとするならば、それは出待ちスイッチ(笑)。

・どうやら帰るタイミングで、今にでも出発しそう
・でも、リラックスした雰囲気で、周りのメンバーとかと話している様子から、少しなら話をするタイミングはありそうだ

という事が判断出来た瞬間には、もうcottonの方に近づき、「cotton、おつかれさまです!」と元気に挨拶!(笑)
返事が返って来たんで、「お久しぶりですね」という言葉を付け加えると、「お久しぶりです」と笑顔で返してくれるcotton。
(≧∇≦)

「(近くの地面を指差し)この辺にいましたよね?」
「(周りを見渡し)この辺って?え?(cottonが)ここにいたって事?」

どうやら、ステージのcottonから見て、角度と位置的に「(客席の)この辺にいましたよね」という事を言っていたという事に気付く。チグハグとした会話(笑)。でもそれ自体が最高に楽しい☆

と、メンバーとスタッフとの皆さんが、O-EAST前から動き始める。
もちろんcottonも歩き出しているので、必然的に自分もそれについて歩く形に。

メンバーの近くには一応事務所の関係者らしき男性スタッフが何人か付いていて、cottonと会話している自分を最初はちょっと気にしてたようですが、それ以上とがめられる事もなく、ちょっとくらいならいいか的な雰囲気で放置してくれてる雰囲気を感じ取れたので、もうちょっとだけ会話を交わしてから(内容は内緒!☆)、おつかれさまです!とcottonのところからいったん離れる私(喋ったのは実質一分くらい?)。

この時には周りのメンバーもcottonと私が喋っている事に気付いて、あ、いるなって感じで見られている気配はありましたね。

で、近くにアンドー!さんがいたのでアンドー!さんにもご挨拶。
笑顔で挨拶を返してくれるアンドー!さん。

インディーズ時代のアンドー!さんは、メンバーの中で一番話しかけにくい雰囲気があるなあと当時のファンは思ってましたが、逆にメジャーデビュー後、今、一番話しかけやすい雰囲気を持ってるメンバーの一位がアンドー!さんだと思ってます。アンドー!さんはホント気さくで優しいですよ。

自分「あ、えっと、アンドー!さん、誕生日プレゼントあげる」

と、キーホルダー的なプレゼントを渡す私(笑)。近くにいたcottonに見せて喜んでくれたアンドー!さん。

ライブに行く前に、

そういえばアンドー!さんの誕生日、近いよなあ~、もしかしたら会えるかもと思って、念の為、買って置いたプレゼント(安もんのおもちゃですが)を、まるで最初からこうなる事が分かっていたかのように、予定通りに本人に手渡している自分にビックリです(笑)。

また次のライブも遊びに行きます的な挨拶をして、アンドー!さんの元を離れた後は、その後ろにいた、ヨーコさんとM-chanのところへ。

ヨーコさんは、メンバーの中で恐らく一番、シャイで遠慮深い人なので、こっちから、より明るく爽やかな感じで「ヨーコさん、おつかれさまでした!」と元気に話しかけました(笑)。

そしたら、もちろん、こっちを向いて笑顔で返事をくれるヨーコさん☆

自分「ヨーコさん、今日はちょっと出番少なかったですね(笑)」
ヨーコさん「いやあ、頑張ったんだけどなあ~(と隣のM-chanに同意を求める)」
バリスカはおやじバルブがいないと難しいんですかねえみたいな質問をしたら、いやあ、でも自分もあの曲はまたちゃんとやりたいですねえ的な事を言ってました。

で、頑張って下さいとヨーコさんに挨拶し、次にM-chanに話しかけようとしたら、M-chanファンのvin-gさんがM-chanに「メガネじゃないですか!」と興奮気味に話しかけていたので(笑)、自分も「(サングラスじゃなくて)メガネですね」と乗っかってみたところ、「目が悪いんで…」ってM-chanは言ってましたね。
お疲れ様でしたとM-chanにも挨拶し(しましたよね?アレ、それともv-ingさんにそっとその場所を譲ったんだったっけか?)、メンバーたちから離れる私。

で、メンバーとは違う道を歩きながら、Mやんと色々喋ったりしてたんですが、どうやらメンバーらと行く方向が一緒だったらしく、またメンバー達と遭遇(笑)。

Mやん「そういえばジェニがいないね」
自分「そうだね。cottonに訊いてみようか」
Mやん「いや、別にいいですよ」
自分「いいの?訊いてみようか?」
Mやん「いや、いいですよ」
自分「ごめん、俺、(cottonと)喋りたいから、ちょっと訊いてくるわ(笑)」

で、再度、cottonの元へ。

自分「cottonたびたびすいません」
cotton「(気付いて)あ、はい?」

ジェニさんはいないんですかと訊いたところ、リリアとジェニは早めに先に帰りましたよとの事。

自分「すいませんね、わざわざそんな事で呼び止めてしまって」
いえいえ、大丈夫ですよ的な返事を返してくれるcotton、
この日も紫っぽいニット帽を被っていたcottonに、ほんと紫好きなんですね!と尋ねると、
cotton「紫は今年の自分のイメージカラーなんです。毎年初めに今年のテーマカラーを決めて一年間はそればっかり着てるんです」
そうなんですか~的な返事を返す私。

しっかし、俺もよう喋ってんなあ(笑)。

自分「じゃあ、あんまりずっとだと悪いんで、この辺で。おつかれさまでした。頑張って下さい!」的な事を言って、ご挨拶をして笑顔のcottonと分かれました。

いやあ、もうファンとしては充分過ぎるよねえ。実はcottonからちょっとした嬉しいひと言とかもいただけたんだけど、それはここには書くまい。自分の心にしまっておきたいと思います。

…という事で、短い時間でしたけど、幸せな時間が過ごせました☆☆☆
今思い出しても鼻血が出そう。この日の出来事は一生の良い思い出になりそうです。

ピストルバルブというグループ、そしてcottonからまだまだ離れられそうにない管理人でした(笑)。

以上、10/10ピスバルライブレポでした!☆

おやすみなさい~~☆☆




【紫は今年の】10/10 ピストルバルブ@渋谷O-EAST(「THE GIFT vol2 -We Love Music- Presented by SHOBI」専門学校東京ミュージック&メディアアーツ尚美イベントライブ)(感想~その3)【テーマカラーなんです☆】

| EDIT

感想その3です!

長くなる一方なんで、端的にちゃっちゃと行っときます☆

●曲の感想(ひと言ずつ)

◇OEDO-808~最近、OEDOで始まるパターン多いですね。ピスバルの名刺替わりの一発目の曲というイメージが定着して来たのかな?
でもライブのどのタイミングで流しても大丈夫な曲ですよね。
セットリストが組みやすいというか、非常に使い勝手が良いというか、これからもしばらくはライブで演り続けられそうですな。
2008年を代表するピスバルの曲って結局にこれになるのかなという感じもして来た、今日この頃でございやす。

◇サルスカ~ピスバルの前に出て来た尚美のブラスバンドがこのサルスカのジャズアレンジバージョンを演ってて、それもなかなか良いなと思ってたんですが、やっぱりオリジナルの「アイアイアイ」と「ウキャキャウキャキャ」、「ウホウホ」にかなうものはないなと思ってます。
サルスカをライブで見られる喜び…CDで聞いてもいいけど、やっぱこの曲はライブだよなあと思います。ほんと大好きな曲ですね☆

◇Flower love(10/22発売 ニューアルバム「Stick 'em up !(ステカマッ!)」収録曲。ライブ初披露 「ザ・ベストハウス123」新エンディングテーマ曲)
~なんか、ファーストアルバム 「RATATATTAT!」以降、顕著になって来た、ハードロック曲路線とは別に色々試行錯誤している(←と勝手に思っている)ソフト路線の曲ですね(作ったとみぃさんにはそういう意識はなかったかも知れないけど)。

最初から最後まで聞いたのが今回が初めてなんで、ちゃんとした感想はもう少し聴き込んでから言いたいんですけど、単にサラッと聴ける曲ではなくて、なかなか凝った造りだなあという感じがしました。不思議な魅力がある曲。そしてフロントメンバーのキレイな歌声が印象的な楽曲ですね。
それにしてもメンバーは本当に歌うまくなったよなあ~…☆

◇Don't Damn Me !(10/22発売 ニューアルバム「Stick 'em up !(ステカマッ!)」収録曲。ライブ初披露)
~アンドー!さんが好きなガレージロック色が強い楽曲で、意外と過去のピスバルのロックナンバーと被ってない感じの曲ですね。
曲調は全く違うのに、アンドー!さんの珠玉のポップス「The Bright Side」とは表裏一体というか、なんか世界観が繋がっている風に感じられたのは私だけでしょうか?(歌詞までちゃんと分かっていないくせにこんな事を言うのもなんですが)。

アンドー!ファンにはアンドー!さんの魅力がたっぷり詰まっている曲ですよ、という事を伝えておきましょう!
CDでどんな風に聞こえるかが楽しみです!!☆

◇ワルスカ
~イベントライブよりもちゃんとしたライブハウスで演奏された方が圧倒的に魅力的に感じられるなあと思った名曲。
やっぱむちゃくちゃカッコいいよなあ~。
ギター、ベース、ドラムのおやじバルブのサポート有りで、早く聴きたいですね。
関西テレビの「タナゴコロッジ」のテーマ曲という事で、関東よりも関西の方で良く知られているらしいこの曲。
関東でも「タナゴコロッジ」が放送されてたら、ピスバルの魅力が関東の人にももっと広く伝わってたのではないかなとか勝手に思ってます。

◇Fo-Fo
~ライブでこの曲をやんなかった時に、俺的にはちょっと凹むくらい、未だに大好きな楽曲です。はい☆

◇君だけなんだっ!
~この曲もしばらくライブの定番は続くでしょうね。大好きっすね☆

◇The Best House(※メンバー紹介付き)
~メンバー紹介付きのThe Best House。
メンバーソロの時に他のメンバーが、そのメンバーの特徴を取り入れた振り付きで後ろで踊ってるんですが、ワンマンだと客席でもそれを真似て同じフリで踊ったりするんですけど、この日はちょっと躊躇して出来なかったですね。
自分にチェッ!っていう感じ。
いつか周りを気にせず、踊って弾けられるライブバカになりたいなあと思いますね。

…いや、でもまあ、やっぱ多少は羞恥心があった方が良いか(笑)。

ということでピスバルライブの感想でした。
なんか書き忘れてる事とか思い出したら追記しておきますね!

二ヶ月ぶりにピスバルのライブ、ああ、楽しかった!!☆☆☆

…で、普通ならここで終わりなんですが、もう少し感想は続きます。
ああ、この日はほんと幸せだったなあ~☆☆

さてさて、今日はここまで!続きは明日かな?

ではでは、Peace out~☆

【紫は今年の】10/10 ピストルバルブ@渋谷O-EAST(「THE GIFT vol2 -We Love Music- Presented by SHOBI」専門学校東京ミュージック&メディアアーツ尚美イベントライブ)(感想~その2)【テーマカラーなんです☆】

| EDIT

ということで、10/10渋谷O-EASTのライブの感想その2です!

引き続き、ピスバルのライブそのものについて書いて行きますね!☆

●リリアのDJプレイ

□過去に何回かやってる渋谷O-EASTでのライブ(特にワンマンの時とか)では、身長よりも高いセットの上でリリアがDJプレイをする事が多かったんですが、今回は普通に舞台に置かれたターンテーブルでプレイしておりましたね(高い位置のセットに小さいリリアさんがちょこんと座っている感じも、結構絵面としては好きなんですが…笑)。

最初の出囃子のDJプレイも、曲はいつものビヨンセの曲だけどアレンジを変えてたみたいだし、新曲でも、曲の途中で効果的にカットイン(カットインの言葉の使い方合ってる?笑)してくるターンテーブルプレイがなかなかカッコ良かったです。

なんか今回はプレイのキレの良さを強く感じましたね(意識してそういうスタイルを目指しているんじゃないかな?)。

□話はちょっとずれるけど、リリアに限らず、ピスバルメンバー全員がそうなんですが、演奏とか歌唱法とか、以前と比べて、細かく進化してるように感じられましたね。

なんか引き合いに出して申し訳ないんですけど、ピスバルの前に出て来た尚美の学生さん達のブラスバンド、今回のイベントの為に結成されたバンドということで、見てて楽しかったし(結成後の初ライブとは思えない)それなりのレベルのものを提供していたと思うんですけど、やっぱ、その後に出て来たピスバルは、ひと味ふた味以上違うんですよね(この話になると長くなりそうなんで、ここでは省略)。

□で、話をリリアに戻すと、DJリリアのDJプレイはそれだけで充分お金が取れると思いますよ。ピストルバルブの冠なしで一人でクラブ系のライブに出ても、充分フロアのお客さんを楽しませられるんじゃないかな。

いや、もちろん大きなDJイベントに本格的に参戦するなら、それに向けてブラッシュアップが必要だろうけど、なんかそんな風に思っちゃいましたね。

…ほら、リリアの出囃子の感想だけで、なんだよ、この文章量(笑)。

じゃ、ちょっと巻いて行きますか。

●cottonのMC

□東京では久々のライブです!、10/22にはニューアルバム「Stick 'em up !(ステカマッ!)」が発売されます!といった告知があり、前回のアルバムよりも個人個人のメンバーが作った曲が増えて、曲のジャンルも増えてるので、聴く人によって好きな曲も違って来るようなそういう楽しみ方が出来るアルバムになってますと報告がありましたね。

こういう時の、
喋るcotton、
ところどころフォローするアンドー!さん、
二人におまかせという感じで、堂々と仁王立ちで比較的に静かに見守っているとみぃさん、
うんうんと力強く頷きながら、ニコニコ客席を見ているジェニさん

といういつものフロントメンバー四人のリアクションを見ていると、ああ、ピスバルのライブだよなあって感じがしますね(笑)。
もちろん、フロントメンバー以外のメンバーのリアクションも抜け目なくチェックしている私です(笑)。

ほんと俺って、ピスバルのライブを心から楽しんでるよなあ~(笑)

□で、せっかくなんで、今回(作詞作曲に深く関わった)メンバーに色々聴いてみようという事で、ちょっと無茶振りに近い感じで、そういったメンバーに話を振るリーダーcotton(笑)。

◆相づちとか、はい、いいえくらいのリアクションしか返してくれないラムさん
(喋らなさ過ぎでしょ!笑。笑顔だったんで、別に機嫌が悪いとかそういう事ではなく、ちょっと恥ずかしかったのかな?)
cottonも「この子(=ラム)は、(こういう時に)ほんと喋らないんですよ(笑)」みたいな事を言っておりました。
ちなみにラムさんはアンドー!作詞の曲を含む、二曲の作曲をしているとの事です。

◆自ら作詞した「Don't Damn Me !」について、ライブチューンだし、盛り上がる曲なので、「~」というフレーズ(←ごめん、忘れた)の時はお客さんに、そのフレーズを一緒に言って欲しいと説明するアンドー!さん

◆普段から本当に犬好きで、その犬の事を思って作った曲であるというcottonの説明を受けて、そうなんですよ的な事を語るコリーナ

◆女の子らしい、優しい感じの曲ですみたいな説明をしていたとみぃさん(←あやふやですいません)
(ちなみにこの時cottonが「とみぃお姉ちゃん」と紹介していたのがちょっと新鮮だった)

□あと、10/22にアルバムと同時に発売されるDVD「drive-by shooting~ピストルバルブ・ヨーロッパツアー2008~」は、前回のDVD(アメリカツアーの模様を収録した「Jump The Gun!」)が、ドキュメンタリー色が強いDVDだったけど、今回はライブシーンが多いライブDVDになっているので、より楽しめると思うと、強くプッシュしていたcotton&アンドー!さん
確かにライブ中心の映像の方が見やすいよね。
「drive-by shooting~」、そういう意味でも今から楽しみにしたいなと思います☆

×  ×  ×
はい、じゃ、ここで一旦更新しますね!

続きはまた後で! Peace Out~!☆

【紫は今年の】10/10 ピストルバルブ@渋谷O-EAST(「THE GIFT vol2 -We Love Music- Presented by SHOBI」専門学校東京ミュージック&メディアアーツ尚美イベントライブ)(感想~速報版)【テーマカラーなんです☆】

| EDIT

ちーっす、管理人です!
都内では二ヶ月ぶりくらいのピスバルのライブ、行って来ましたよ!!

…あのねえ、今更だけど、俺、やっぱ、ピスバル大好きだわ!(←このブログずっと続けて来てて、今更か!笑)。

未だにFo-Foもベストハウスも大好きだもん!もちろん、新曲も好きだし(ワルスカとか)、いやあ、ほんと参ったね☆

おまけに、今回は久々にライブ後にいい事があってさ~☆☆☆☆☆

…って、なんか興奮冷めやらずって感じで、感想が先走ってるね(笑)。

ライブ中のMCの発言と関係ない文言(【紫は今年の】【テーマカラーなんです☆】)がサブタイトルになっている時点でなんとなく察していただければと思うんだけど、


…久々に、ライブ後のメンバーと喋っちゃった☆☆

(ライブ行く前は、今日出待ちする予定なかったんだけど←説得力ねえ~~。笑)

はい。前置きが長いよね(笑)。

じゃ、とりあえずデータ的なものを先に書かせていただきますわ。
--
◇THE GIFT vol2 -We Love Music- Presented by SHOBI
日程:2008年10月10日(金)
開場18:00 開演18:30
会場:Shibuya O-East
出演(不完全版→情報収集中):
(女性ボーカルバンド)/ Mistral / 井上 侑 /色糸ステラ /(HOTなんとかっていうブラスバンド)/ ピストルバルブ (20:45くらい~21:30過ぎくらい)(※以上、出演順)
※出演アーティストは、全て専門学校東京ミュージック&メディアアーツ尚美の卒業生か在校生が所属(全員でない場合あり)
--
■ピストルバルブ セットリスト(合ってると思うけど、間違ってたら教えてくださいませ~)→※10/11修正済み。はるさん、ありがとうございます!)

※DJリリアのDJプレイ(Beyonce Feat. Jay-Z 「Crazy In Love」…の筈)
◇OEDO-808
◇サルスカ
~MC~
◇Flower love(10/22発売 ニューアルバム「Stick 'em up !(ステカマッ!)」収録曲。ライブ初披露 「ザ・ベストハウス123」新エンディングテーマ曲)
◇Don't Damn Me !(10/22発売 ニューアルバム「Stick 'em up !(ステカマッ!)」収録曲。ライブ初披露)
~MC~
◇ワルスカ
◇Fo-Fo
◇君だけなんだっ!
◇The Best House(※メンバー紹介付き)

※衣装は「Unofficial」の衣装(今ベストハウスの番組中で着ている紫系の衣装ね!)
※サポートバンド(おやじバルブ)は不在
※アンコールは発生してたけど、時間の都合か何かで、女性二人の司会者(尚美の学生さん)のイベントの締めの言葉の後、アンコールなしで終了
--------------------------------------------
10/22発売のニューアルバム「Stick 'em up !(ステカマッ!)」に収録の新曲「Don't Damn Me !」と「Flower love」がライブ初披露で、それを初めて生で聴けたのが嬉しかったですね☆

特に「Flower love」はテレビでも流れてるけど、「Don't Damn Me !」はほんと初披露だからね。
いやあ、アンドー!さんらしいロックチューンでカッコ良かった!

で、ライブの細かい感想だけど、とりあえず、明日でよろしいかい?

今回は速報版という事で、なんとなく管理人が、なんかテンションあがってるという事だけ分かっていただければと思います。なんかほんとごめんなさいね(笑)。

メンバーの皆さん、相変わらず、ピスバルらしい、いいライブをありがとう!!☆
参加した皆さん、おつかれさまでした!

じゃ、この続きは明日以降で。
Peace Out!~Bye!☆

※まったくの余談~明日は新木場コーストで、Slipknot観に行って来ます!

10/10渋谷O-EASTのライブまであと2日!(正確には1日)&オフィシャルブログの感想

| EDIT

●ピスバルの10/10渋谷O-EASTのライブが間近に迫って参りました!

都内でライブハウスでのライブはもう何ヶ月ぶりだろう?イベントライブもいいけど、やっぱ、心置きなくライブに入り込めるのは、こういうちゃんとしたライブハウスやホールでのライブだよなあと思うんですよね。

残念ながらワンマンライブではないけど、目一杯楽しみたいと思います!
ニューアルバム発売も近いし、新曲も聴けるのだろうか?
期待して当日を迎えたいと思います☆

●オフィシャルブログの感想
10/6付けのcottonのブログ、「M-chanのおねだり。

cottonのブログは、良く物語仕立てになってる事が多いですよね。
何かちょっとした出来事があって、そこから展開して行くみたいな。

今回は、ある仕事の終了後、M-chanの、ノド渇いた~おいしいお酒が飲みたい、のひと言で、ジェニさん、M-chan、cotton、Misatyの四人でNYスタイルのバーに行ったというお話。

まず、ブログの写真。
恐らく暗い室内で赤い照明だけなので、写りは今ひとつはっきりしないですが、確かにcottonの顔が赤くなってるのが分かりますね。

一枚目の写真はM-chanにしなだれかかって、目の周りがほわっと赤く表情もふわっとしてて、いかにも酔ってるな~という表情で、可愛らしいですね☆

M-chanとジェニさんは、cottonによるとメンバーのお酒の強い2トップらしいですが、

ジェニさんは、まあ、なんとなくそんな気がしますね(酔っているメンバーを観察してたり、介抱してたりしてそう。笑)。

M-chanも確かに強そうだけど、二枚目の写真は顔がほんのり赤い気もしますね。
M-chanは飲んだらテンション高そうだなあ(普段もテンション高そうだけど。笑)。

で、Misatyですよ。
一番、飲むイメージがない…(笑)。
オレンジジュースとか烏龍茶しか飲まなさそうなイメージです…とか言ったら本人に怒られるかな?(笑)

で、黒ひげ危機一髪で盛り上がったという四人ですが(NYスタイルのバーで何しとんねん!笑。でも楽しそうなバーですね!)、

cottonらしいなと思ったのが、次の文章。

「”黒ひげ危機一髪(剣を順番に刺して黒ひげsanが飛び出ちゃった人の負けのオモチャ)”」

わざわざ、「(剣を順番に刺して黒ひげsanが飛び出ちゃった人の負けのオモチャ)」って解説してくれるのがcottonらしいよね(笑)。

cottonは本当に優しいんですよ。もの凄く説明好き(昔のストリートライブをやった頃から変わらず)。

…という事で、cottonはやっぱcottonだなあ、が結論です(どんな結論?笑)。

じゃあ、そゆことでおやすみなさい~☆

10/22 ピストルバルブのNEWアルバム「Stick ’em up !(ステカマッ!)」とDVD「drive-by shooting~ピストルバルブ・ヨーロッパツアー2008~」の発売まであと二週間ちょいでっせ!!

| EDIT

main.jpg

◇Stick ’em up !(ステカマッ!) <通常盤:CDのみ>
YRCN-95015.jpg
200810.22 Release
商品番号:YRCN-95015 価格:2,800円

【CD】
01.Stick 'em up !  
02.Unofficial
03.NEW DAYS ?
04.Flower love
05.GEN☆彡
06.oohing & aahing
07.フェイクジャイヴ ~DJリリアMix~
08.Don't Damn Me !
09.ワルスカ
10.mini scat 60
11.Rock This Town
12.ビルと夕陽

◇Stick ’em up !(ステカマッ!) <初回盤:CD+DVD>
YRCN-95014.jpg
200810.22 Release
商品番号:YRCN-95014 価格:3,200円

【CD】
01.Stick 'em up !  
02.Unofficial
03.NEW DAYS ?
04.Flower love
05.GEN☆彡
06.oohing & aahing
07.フェイクジャイヴ ~DJリリアMix~
08.Don't Damn Me !
09.ワルスカ
10.mini scat 60
11.Rock This Town
12.ビルと夕陽
【DVD】
「Unofficial」 video clip ほか

◇drive-by shooting~ピストルバルブ・ヨーロッパツアー2008~
YRBN-80014.jpg
2008.10.22 Release
商品番号:YRBN-80014 価格:2,800円

【ヨーロッパ3 ヵ国、10 都市で行われたツアーのライブ& ドキュメンタリー!】

フランス/ パリを基点に、5000キロを超える移動を全てバスで敢行。
その模様を余す所なくシューティング。
タイトルの意味は「車で走りながらの銃撃」。まさに文字通りのROAD TOUR です。
“クールジャパン” の代表ピスバルは、ヨーロッパでも大人気! 各地で大絶賛を浴びました。
各メンバーはツアー前に自分の目標を設定。
10人+バンド全体=11 個のオーバーザトップに肉薄する感動ドキュメント。

【収録曲】「RATATATTAT!」「 サルスカ」「 Pull The TRIGGER!」「 OEDO-808」など

---------------------
はい、という事でね。
最近、ピスバルと関係ない日記ばっかり書いてたんで、まあ、基本に戻ろうという事で(笑)。

10/22(水)発売のNEWアルバム「Stick ’em up !(ステカマッ!)」通常版&初回盤と、ヨーロッパツアーのドキュメントDVD「drive-by shooting~ピストルバルブ・ヨーロッパツアー2008~」の宣伝をしましょう(画像や紹介文は、レコード会社「YOSHIMOTO R and C CO.,LTD.」の「ピストルバルブ - YOSHIMOTO R and C CO.,LTD.」ところから勝手にいただいて来ました)。

このアルバムジャケットの写真と、収録曲のタイトルなどをチェックしながら、自分の中のテンションをあげて行こうかなと(まあ、どう考えてもテンションあがる良い写真だよね!!)。

…ん、なんか自分の文章要らない気がして来た(笑)。

このカラフルで素敵な衣装のメンバーのジャケ写を見てニヤニヤしながら、10/22を迎える事にしましょう!(その前に10/10 渋谷のライブもあるけどね)

んじゃ、そゆことで!
PEACE OUT~!!☆★


9/30 Do As Infinity@代々木公園野外ステージ(復活フリーライブ)

| EDIT

9/30は3年前に惜しまれつつ解散した、Do As Infinityの電撃復活フリーライブでした。

まあ、解散前のDo As Infinity自体、知ってはいたけどそれほど興味があった訳ではなく(もちろん、別に悪い印象はなかったし、ボーカルの伴さんはきれいな人だなあとは思っていたが)、今回、3年ぶりの復活でフリーライブをやると聞いて、まあ、半分は興味本位で、もう半分はちょっと音楽性が気になってどうしても生でみたいなあと思ったんだよね。

というのも、Do As Infinityのプロデューサーと、ARIA ASIAのプロデューサーが同じ人なんですよ(「D・A・I」こと、長尾大氏。元Do As Infinityのフロントメンバーでその後、プロデューサーに専念。多くの有名ミュージシャンに楽曲を提供し、自ら事務所を起こし、新人アーティストのプロデュースを手がけている)。

ARIA ASIAではギター演奏も自ら担当。そのD・A・I氏が今回の復活したDo As Infinityにどれくらい関与しているか分からないけど、単純に楽曲を聴いて、どういうセンスの人なのかもっと知りたいなあと思ったんだよねえ~。

さて、代々木公園野外ステージには雨の中、めちゃくちゃ大勢のお客さんが集まっておりました(あとで、YAHOO!ニュースでチェックしたら、一万人のお客さんが集まったそうです!! 確かにもしかしたらそれくらいいるかなと思ってたけど)。

18:50頃についたら、ちょうどライブ真っ最中で、会場、めちゃくちゃ盛り上がってました。

で、何曲か曲を聴き、ライブパフォーマンスを見たんですけど、Do As Infinityってめちゃくちゃいいバンドじゃないですか!!

別にマイナーなバンドや、HRとかラウドなバンドばかりが好きという訳じゃなくて(笑)、こういうメジャーどころのバンドでも良いと思ったら、良いと言いたい私です。

もうちょっとメロディアスでポップな曲が多いのかなと思ったら、意外とロックな曲が多かったり、ライブバンドとしての魅力に溢れてるところだったりと、とても良い意味で意外でしたね。

伴 都美子さんのボーカルも、ちょっと体温が低そうな冷めた感じにも聞こえるけど、実は暖かみのある歌声で、なかなか良い感じでした。

11月からツアーに回るそうですが、是非見たいなと思ってしまいました。
曲がねえ、なかなかいいんですわ。ブックオフとかで解散前の古いアルバムとか買ってみようかなと思いました。

写真はライブ後の代々木公園野外ステージ(ライブ中は撮影禁止だった)。
CA390522.jpg

と、この日、会場に来た人全員にただでプレゼントされた、Do As 復活と書かれた紙袋!!
紙袋CA390525

以上です!★

ARIA ASIA@9/26 渋谷DESEO & 9/28 川崎ラ・チッタデッラ(噴水広場インストアライブ)

| EDIT

●9/26(FRI)渋谷DESEO
「JIL SOUND」
Aria Asia(19:00~) / ソノダバンド / okajimahal
Open/Start:18:30/19:00

CA390472.jpg
CA390475.jpg

19時ちょうどに着いたら、トップバッターがAria Asiaだったんで、あいにく間に合わないところだった。

前回の渋谷DESEOも超満員だったんだけど、今回は途中で入りきれなくなる程の超々満員!!

グラミー賞を受賞している喜多郎のワールドツアーへの参加も決まったアリアさん(すごいよね~!!)。

そのリハーサルで日本を離れしばらくアメリカに行っていたのが、先日帰国し、今回のライブが急遽決まったような形(なので、渋谷DESEOのスケジュールカレンダーには最初はアリアさんの名前は載っていなかった)。

ラテンダンサーのような鮮やかな赤のドレスに身を包み、いつものようにニコニコした笑顔としゃきしゃきした喋りで、ライブを進めて行くアリアさん。
ただいま、ニューアルバムを制作中という事でその中から3曲くらい新曲を披露!相変わらず、素晴らしかったですね!

物販席では、今までの3曲入りのシングル「Gypsy Girl」に、新たに新曲3曲を加えた「Gypsy Girl Ver.2.0」を発売。700円のところを、500円のDVDとセットで買うと合計1000円で売りますよという事で(もちろんその場でアリアさんの握手とサイン入り!)、飛ぶようにCDとDVDが売れておりました。
目の前で10枚セットで買うお客さんもいましたね。余裕で100枚以上売れてたでしょうね!アリア旋風凄かったなあ~。

ええ、もちろん自分も一枚買いましたけど何か?(笑)

で、前回の渋谷DESEOのライブに引き続き、二度目のARIAさんとの直接対面。頑張って下さいぐらいの言葉しか交わせませんでしたが、でもまあ、全然、いいですよ(何が?)。

で、アリアさんのライブ終了後もイベントは進んで行ったのですが、このイベント自体がある意味、ロックバイオリニストがいるバンドイベントな感じになっていて、次に出て来たソノダバンド(男性バイオリニスト)、その次の okajimahal(女性バイオリニスト)とともに、プログレだったりヘヴィロックな音楽にバイオリンの音色を織り交ぜたバンドで、めっちゃかっこよかったです!(CD買おうかどうか真剣に迷った→買えよ!笑)

CA390479.jpgokajimahal

ちなみに、okajimahal(めちゃくちゃヘヴィでカッコ良かった!)のリーダーのokajiさんは、あのHeavensDustのメンバーとの事(どうりでカッコいい筈だわ)。

で、なんとHeavensDustが活動の拠点をアメリカに移す為(!)、okajimahalはこのライブでいったん活動休止になるとの事(!!)。
色んな意味でびっくりしましたね。いや、でもこの日はアリアさん以外のバンドも見ごたえがあったし、行って良かったなあと思いました。

●9/28 チッタデッラ川崎(噴水広場前フリーライブ)
Aria Asia(17:30~)

さて、川崎に16時頃に着いて、だいぶ早めだったんで、チッタデッラ噴水広場の近くのオープンカフェで、エスプレッソをダブルでたしなんでおりますと、

なんと、そこにバンドメンバーやスタッフと共に、アリアさんご本人登場!☆

で、打ち合わせをやっていたようなんですが、

そこのオープンカフェの店名が、

「ARIA'C(アリアッチ)」だったというのは、嘘のような本当のお話です(!!)。

アリア紙1ネタになると思って、持って来たお店のナプキンの写真(笑。下に敷いてあるのはARIA ASIAのフライヤーね!)

さて、最初は17時開始と聞いていたので、その20分くらい前に噴水広場に行って、出番を待っておりますと、
二日前の渋谷DESEOに引き続きTREASURES ~海老原眞治ノジレンマ。。。はにぽ~の管理人、vin-gさんと遭遇!

で、しばらくするとアリアさんとスタッフが登場し、リハーサルが始まりました。

リハCA390486
リハCA390489

この頃にはリハにも関わらず、お客さんが結構増えて来たので、ライブ風リハーサルという事になり、アリアさんはお客さんに挨拶しながら、本番さながら次々に曲を演奏しておりました。
まあ、この後の本番も入れると二回分ライブを見るようなもんなので、非常にお得感がありましたね☆

で、リハ終わりに、「時間の都合で、今の時間しかここにいられない人のために、このあと物販コーナーでCDとDVDを発売します!」と、アリアさん自らMCで宣言し、この後、すぐ本番なのに、実際、物販コーナーに本人が行って、お客さんにサインと握手をしてましたね。

しっかりしてるよなあ~~と感心。
抜かりがないよね(笑)。
もちろん、その場にいたお客さんとしてはめちゃくちゃ嬉しい訳だし、大変素晴らしい事だと思います。大したもんだわ。

で、いよいよ本番(17:30からの本番に当日変わった模様)。
CA390507.jpg
アップ1CA390495
CA390496.jpg
3CA390502

結構いい席で見てたんだけど、MCもハキハキしてて、演奏中も明るく笑顔だし、バイオリンパフォーマンスも活き活きとしていて、ほんと素晴らしいよね!
お客さんもめちゃくちゃ集まって来ていて、最後は大きな拍手とアンコール!!

アリア「アンコール曲は、落ち着いた静かな曲のがいいですか?それともうるさいのがいいですか?」
(笑)

で、お客さんの拍手でどっちか決める事に。

圧倒的に「うるさい曲」のリクエストが多く(笑)、アンコールで披露したのは「ルパン三世」!

最後も惜しみなく大きな拍手が送られ、そして物販コーナ-には驚くなかれ、余裕で100人以上並んでましたね~(!!)。

こういう屋外のフリーライブで、テレビに出ている有名人でもない限り、100人がCD買いに並ぶってそうそうないからね!いやあ、凄いよなあ~。

もちろんアリアさんがその場でニコニコ笑顔でサインと握手をしていて、ああ、また川崎でもファンが増えたなあとか思いながらその光景を見てました。

で、まあ案の定、頃合いをみてアリアさんに近づき、ちゃっかりお話をする私だったりするのですが(←はい、笑ろとけ笑ろとけ。笑)、本人に聞いたところ、アルバムは今制作中で、発売は2~3ヶ月後、年内には恐らく発売出来るだろうみたいな事を言っておりました☆

その間にも喜多郎さんのワールドツアーでヨーロッパとかにも行くそうなので、なかなかハードスケジュールだよなあ。
で、その合間にも日本にはちょこちょこ帰って来て、その度に日本でもライブはやるっていってました(←こちらはライブ中のMCで行っていた)。

いずれにしろ、個人的な感触では、今年から来年にかけて大ブレイクの予兆を見せているARIA ASIA(まじで、ちょっと凄いなあと思っている)。
これからもライブ活動を中心に頑張って欲しいなと思いました。

都内だけではなく、国内でいろんなところを回っているので、HPを見てスケジュールなどチェックしていただければと思います(10/4には福岡に行くらしいですよ)。

以上、ARIA ASIAライブレポでした☆

アリアさん、頑張ってくださいね!☆





9/24 LD-SCREAM@新宿Marble

| EDIT

9/24 新宿Marble
開場/開演:17:30/18:00
VANITY / BRAT / LD-SCREAM(2番目 18:40~) / Chill / 響く唸 / Escape from the taste(盛岡)

伝説のガールズファンクバンド、ドキドキシェイクではベースを担当していたRIEさん(時期的にはドキシェイの後期くらいかな)が、ベースボーカルで参加している、女性ツインボーカルのスクリーモバンド、 LD-SCREAM。

いわゆるラウド系のギャルバンって結構それなりに多いんだけど、スクリーモをメインに打ち出したバンドってあんまり聞いた事がないんで、前から一度ライブを見たいなと思っておりました。
いや、自分も結構スクリーモ好きなもんで☆

スクリーモとは~
スクリーム(叫び)とエモーショナル(感情)を掛け合わせた比較的新しいジャンル。
その名の通り感情をむき出しにして叫びながら歌うこと。
しかしながら曲調は比較的聴き易くそんなに激しいわけでもない(はてなキーワードより)

自分の拙い知識で補足すると、
キレイなメロディで歌っていて、サビとか感情が高ぶるところで突然絶叫するような音楽(まあまあそういう事だよね)がスクリーモだよね。
(逆にずっとシャウトしているけど、サビで突然奇麗なメロディで歌いだすのが、メタルコアだとか→違ってたら誰かフォローしてください)

で、話をLD-SCREAMに戻すと、

スクリーモで有名な外国のバンドといえばThe Usedが有名ですが、

そのThe Usedも出ていた去年新木場コーストという会場でやっていたTaste Of Chaosというイベントに自分が行った時も、会場で偶然、RIEさんを見かけた事があったりとか(もちろん、自分が一方的に知ってただけなんで挨拶はしなかったけど)、

とりあえず、RIEさんがスクリーモ好きというのはなんとなく知ってはいたんですね。

で、この日、初めてLD-SCREAMを見たんですが、いやいや、めちゃくちゃカッコ良かった!ど真ん中のスクリーモバンドでしたね。
もう一人のギターボーカルCHIKAさんもスクリームしっぱなし!!
演奏のレベルも高くて、そして曲もめちゃいいんですわ。
本当にこのジャンルの音楽でライブをやりたい!という気持ちが伝わって来て、なかなか良かったですね。

あえて難を言えば、スクリーム以外の普通の歌唱部分が弱いんだけど、逆に普通にきれいに歌いたいという事よりも、メッセージや気持ちを強く伝えたいという意識が強く感じられて、ハートの部分でロックを感じました。こういう気持ちが伝わって来るバンドって凄く好きですね。

という事で、ライブ後は、RIEさんに初めましてのご挨拶を。
ドキシェイ時代から知ってると伝えたらとても喜んでくれましたね☆

で、サンプル版のCDを購入し、ニコニコしながら家に帰りましたとさ。

LD-SCREAM、またちょこちょこ見に行こうと思いました。

ちなみに、この日、出ていた他のバンドで気になったのは、HEAD PHONES PRESIDENTにめちゃくちゃ雰囲気が似ていた、響く唸というバンド。

もちろんHPPのANZAさん程、女性ボーカルに圧倒的なパフォーマンス力があるかといわれれば、そこよりはだいぶ落ちるんだけど、それは置いといて、めちゃくちゃ楽曲やなんかの雰囲気が似てた
(という事はそこそこ、レベルの高いバンドという事だね)。

HPP好きに是非ジャッジを仰ぎたいと思ったのだが、ただライブ中のMCでしばらくライブ活動を休止するって言ってたんで、生で観る機会はしばらくないみたい。
という、ちょっとした気になったバンドのお話でした。

という事で、以上、ライブレポでした!


ファンクラブ会報届きました!&男梅タブレット

| EDIT

つーことで、皆さん、お久しぶりです☆

色んなバンドのライブレポが溜まってるんだけど、なかなか進まないので、肩慣らしに軽めの話題を☆

●ファンクラブ会報届きました!

Misatyのイラストとメンバーの文章が楽しいボリューム感のある会報となっております。
結構意外なエピソードも書かれてて興味深かったなあ~。
メンバーの人となりが分かる暖かみのある会報でしたね。
(細かい感想はそのうちに余裕があったらという事で☆)

●ちょっと古い話題ですが、cottonが地方のライブに行った時に見つけて、それ以来ハマってるという男梅タブレット。

近所を探しても見つからなかったとcottonは言ってましたが、神奈川県川崎市の某JR駅のキヨスクで売られてるのを発見!

ええ、もちろん速攻で買いましたよ♪

男梅
はい、こちら!(笑)

今は普通にキヨスクに行けば売られてるのかな?

味は…見た目は錠剤のようないわゆるタブレットだけど、ジューシーでうまかったですよ!

干し梅とかと違って、手が汚れないのがいいですな。

あと、飴とかと違ってカロリーをあまり気にしなくていいのも良いかもね。

という、cotton個人に向けた報告のブログになってしまいました(笑)。

最近、秋服に衣替えをされた、cotton先生。
ファッションセンスと女性らしさに磨きをかけてこれからも頑張って下さいね☆

今日はこれにて失礼!
PEACE OUT~!☆

9/23 殺助@渋谷TAKE OFF 7

| EDIT

「ROCKIN GALS NIGHT Vol.10」 3rd anniversary event final
~地獄絵巻の夜会~
会場:渋谷 TAKE OFF 7
open 17:30 / start18:00
adv.1000円 / door.1300円(※うまい棒食べ放題!!)
Original sin / Xaoo / DESTROSE / 殺助 /Loberia / ARESZ(大阪)

ライブ代1000円という値段に惹かれたわけではなく、そしてうまい棒食べ放題に惹かれたわけでもなく(いや、ちょっとはあるかな?笑)、久々にハードコアな女性ツインボーカルバンド殺助を見たくなったので、つい行ってしまいました。

イベント途中からの入場でしたが、いやあ、めっちゃ楽しかったですよ!
その中でも気になったバンドの感想をちゃっちゃと書いてみます。

ちなみにうまい棒は一本しか喰えなかったです(笑)。

●DESTROSE

デスト 390451

見たのはこの日が初めて。
自分は知らなかったけど、2005年に結成された本格的なガールズ・メタルバンドという事で、一部のメタルファンの注目を浴びているガールズバンドとの事。

コスチュームやビジュアル面にも力を入れているので、大きなカメラを持ったファンの方々がステージ前に大勢集まっておりました。

演奏や歌を聴くと確かにこの娘達、メタルが好きなんだなあ~というスピリッツのようなものは感じ取れました。そういうところは良いと思いますね。ギターの娘はなかなか早弾きで頑張っておりましたよ。

ただ、なんか70年代とか80年代のアイドルグループを見ているような、いなたさがあるんですよね(笑)。でも、そういういなたい部分は、逆にある種、熱心なファンを惹き付ける部分かも知れない…(「いなたい」の意味は辞書で調べてみてね☆)

とりあえず、ガールズメタルバンドってどないやねん!と思った人は見に行ってもいいんじゃないかな。これからの成長っぷりによってもしかしたら化けるかも知れない。
なんとなく今後の活動も気にかけてみようかなと思いました。

●殺助

殺助390455
殺助390457
そんなDESTROSEのライブ後の、ある種の平和な空気をガラリと変えたのが、我らが殺助ですね。

殺助390456
見てよこの写真。
なんだよ、このカッコ良さ!!☆

彼女達が出て来た瞬間、
ピシッと空間にヒビが入り、灼熱に空気が灼かれ、
ハードコアな楽曲と、地を這うデスシャウトとツインボーカルが、フロア内のお客さんの息を呑ませ、
そして熱狂的な殺助ファンが周りを蹴散らし大暴れしておりました。

いやあ、鳥肌が立つくらいカッコ良かったわあ~!
このイベント前半で一番盛り上がったのが殺助のライブだったと思う。

いやあ~、お見それしました。殺助、やっぱかっこええわあ~!!☆☆

●Loberia

Loberia 390458
Loberia 390460
Loberia 390461

そんな殺助の後に、登場したのが、Loberiaというバンド。
Loberiaのボーカル瑠璃さんはなんと、殺助の元ボーカルとの事(!!)。
(そういえば、瑠璃さんがボーカルだった頃の殺助、一度見た事あるかも)

土屋アンナをもう少し、なまめかしく艶っぽくしたような感じの、魅力的なボーカリストだなあと思いました。
楽曲はヘヴィな感じではあるけど、どっちかというと洋というより昔ながらのJ-ROCK寄りかな。
日本語詞の曲が多かったけど、英語詞の曲の方がハマってたように思う。
逆にバラードとかの方がいいんじゃないかなと思いました。
このバンドも今後化ける可能性があるかもなあと思いましたね。

●ARESZ(大阪)

ARESZ 390468
ARESZ 390470

またの名を、「戦闘型重鋼楽団ARESZ」。
この日、一番会場を盛り上げていたバンド。めちゃくちゃエンタティメント性強し!
めちゃくちゃ度肝を抜かれました。
最近で言うとデブパレードを見た時と同じくらいのインパクトを受けましたね。

最初に金髪で長髪の男性メンバーたちが、白い特攻服着て入場して来たのを見て、「これはちょっと…」と一瞬退場しかけたんだよね(笑)。

そして次に入場して来たのが、これまた白い特攻服に金髪のリーゼントを決めた、天童よしみ風の恰幅の良い女性ボーカリスト。

ええ~~!!みたいな(笑)。

♪なめたらあかん、なめたらあかん、ですよ(笑)。

ところが、いざ曲が始まったら、コミカルな歌詞の楽曲ながらも、超ド迫力の演奏と、めちゃくちゃドスとパンチが利いたド迫力のボーカルが炸裂!!

そして前列三列のお客さんが、ボーカルの動きに合わせて、バッチリ振り付けを決めて、動きを揃えて踊っている!!

どうやらわざわざ大阪から来ているファンの方々みたい。女性7割、男性3割くらいかな。

ボーカル瑠海狐さんが、「拳!」っていうと、
お客さんが、全員ガッツポーズを決め、

「咲け!」っていうと、
例のビジュアル系バンドのライブ会場とかでよく見られる咲きのポーズ。

「しゃちほこ!」とか、「グリコ!」とか(なんやねん!笑)、わけのわからない号令にも一生懸命従うファンの皆さん達(笑)。いやあ、あれは凄かったなあ~。

そして、ボーカルの瑠海狐さん、関西弁で喋る喋る!!
トークも抜群でしたね。
場内、笑う笑う!!
自分で「メタル界の天童よしみ」って言ってましたよ(笑)。
Around30だって。
確かにベテランっぽい雰囲気だったなあ(笑)。

ものすごい楽しいバンドでしたね。
人気があるのも分かったし、わざわざ大阪からこのバンドを呼んで来た理由も分かりました。

またちょくちょく関東でもライブに出るみたい。興味のある人は一度是非、目撃しちゃってください。

ということで、以上、楽しいライブレポでした☆

↑
<!-- [FC2 Analyzer] -->
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。