グーテンモルゲン!

| EDIT

どうもお久しぶりです!

ダンケシェーン!kei-chanです。

という事で、来ちゃいました!ジャーマンこと、ドイツです!

ここは、colognと書いてケルンと読みますね。芸術が盛んなドイツの地方都市です。ここのMTCってライブ会場でピスバルのライブがある訳です!今から楽しみですね!

いやあ、日本も寒いけどドイツも寒いですね。ホテルの中にいるときはいいけど、外にいるときは帽子は欠かせないです。
日本から帽子は持っていかなかったんですけど、安いので、スーパーで買っちゃいました。日本円で500円くらい。でもなかなかふわふわで暖かいですよ。日本に帰ってもかぶっちゃおうかな。

とりあえず、あんまり外には出てなくて、さっきからドイツビールとソーセージばっかり食べてます(笑)。さすが本場ドイツのビールとソーセージはうまいっすねー!
おかわりしまくりで、もう既にお腹いっぱい。そして結構酔っぱらってます(笑)。

昨日までフランスにいたんですよ。フランスも寒かったですね。本場のフランスのフランスパンって実はあんなに硬くないんですよ。知ってました?柔らかくておいしかったですね。あとはフランスの地鶏のおいしい料理も食べて来ました。こちらも柔らかくておいしかったですね。

さて、明日はここのホテルから会場まで、タクシーで行く予定です。やっぱりドイツのタクシーってベンツかワーゲンが多いです。私ですか?もちろんワーゲンのタクシーで行きますよ!(笑)

しかし、ドイツの人はみんな軍人みたいな喋り方だよね。みんなイッヒイッヒ言ってましたよ(笑)。でも親切で良い人が多いですね。うん、意外といい国ですねドイツって。

そういえば、さっき、軍服みたいな服を着て歩いてた人がいて、どこかで見た事あるなと思って、拙いドイツ語で名前を聞いたら、「ブロッケンJr.」って言ってましたね。
その隣にいた人は「ジェイド」って名乗ってました。二人ともキン肉マンがどうとか、正義超人がどうとか良く分からない事を言ってましたね。



という事で、ここまで読んでいただいてそろそろお気付きの方もいらっしゃるかと思いますが、

行ってねー!(ひでえ~~)

もちろんフランスにもドイツにも…

すいません、こういう事をしたい年頃なんです(笑)。

真面目に読んでくださった皆さん、ごめんなさい!!!

いや、でも、こういう事でも書かないとやってらんないですよ。いや、まあ、別に元気でやってますけどね。

--------
●雑誌
◇2008年2月15日(金)発売「月刊Songs」3月号vol.63 NEW!!
cottonとアンドー!のインタビューが乗ってます。過去のインタビューと重複してる内容も多いけど、なかなか悪くないインタビューです。
気になる方は本屋さんに向かって見てくださいね☆

という事で、以上、日本からkei-chanがお送りいたしました!

ピスバルの皆さん、引き続きツアー頑張って下さいね!

ではでは、PEACE OUT~~!!

※くれぐれもこういう嘘つきレポは真似しないようにね!(笑)

スポンサーサイト

チームライツ(解散ワンマンライブ)(O.A/NEW STRIKE ZIPPER)@2/3 吉祥寺CRESCENDO

| EDIT

2/3 (sun)  [ シーサー・ゴーヤ・チームライツ・ファイナル!! ] 
LIVE HOUSE CRESCENDO 
OPEN 18:30 ・ START 19:00
チームライツ ONE MAN LIVE!
【OPENING ACT】 NEW STRIKE ZIPPER

1/16発売のデビューミニアルバム「READY TO GO」(TOWER RECORDの1/16のインディーズのアルバム部門のデイリーチャートで見事第二位を獲得!)を引っさげ、ただいま、「READY TO GO TOUR2008」で、全国を回っているニューストの皆さん。

チームライツが突然の解散を発表したのが、前回ニューストと対バンした昨年9月の渋谷CHELSEA HOTELでのイベントの時で、この解散発表は当日まで、他のバンドさんにもファンの人にもいっさい明かされていなかったんだよね。
で、チームライツの解散ライブの日が2/3であると、この日に発表があった訳なんですが、チームライツと元々仲が良いニューストは、その日のうちにチームライツにO.Aをやらせてくれと頼み込み、見事O.Aをゲットしたとの事(笑)。
自分たちのツアー中にも関わらず、自ら盛り上げ役を買って出て、チームライツに有終の美を飾る為のアシストを務めたという訳です。

個人的にはチームライツを見るのはこの日が三回目で、前回(二回目)に見た時になかなかいいバンドだなあと思いながら見ていた後に突然の解散発表だったため、非常に面食らったんですが、じゃあ、ラストは是非チェックして置こうと思い、2/3の予定を空けて置いた訳です。

そしたら後からニューストがO.Aを務めるという情報が入って来て、思わずガッツポーズ!(笑)
という事でワクワクしながら、吉祥寺クレッシェンドに向かいました☆

吉祥寺クレッシェンド…ニューストのメンバーと初めてまともにお喋りしたライブハウス。個人的には非常に思い出深い場所ですね~。

ニューストはO.Aにも関わらず、がっつり6曲も演ってくれて、そのうち5曲は、デビューミニアルバム「READY TO GO」の中のおなじみの楽曲(READY TO GO、Re、Not Parfect、FOREVER、Dumpweed(blink182cover)だったかな~)で、あともう一曲は、この前のツアー初日の新宿ACBのライブでも披露したアルバムにも未収録の新曲(メンバーのCHIORIさんにタイトル聞いたんだけど忘れちゃったなあ。また聞いておこう)。
いつものようにパワフルなステージでO.Aを無事務め上げておりました。
お客さんのノリも良かったし、個人的にも、テンション上がりまくりでしたね☆

その後にいよいよチームライツのファイナルライブという事で、一時間くらいのライブだったのかな。
男女混合6人編成のポップでラウドで、ラップコアなミクスチャーロックバンドなんだけど、やっぱりボーカルのカオリンとのユウコリンのクロスオーバーするツインボーカルがかっこ良かったですね。
過去にメンバーチェンジも何回かあったようなんだけど、特に結成当初からボーカルを務めているカオリンには多くのファンが付いているようでしたね。9年の歴史があるバンドだそうです(!)。ほんと解散するのがもったいないなあと思いました(あ、でもメンバーは解散後もそれぞれで活動していくそうです)。

ライブは非常に盛り上がり、結局ダブルアンコールまでいったんだけど、ダブルアンコール用の曲を用意してなかったチームライツさん。
で、会場で一緒に盛り上がっていたニューストのMIKAさんの「(フリ付きで盛り上がった)踊りのやつ、やって!」の一言で、大きなフリ付きの楽曲(タイトル失念)をもう一度やり、見事に9年の歴史に幕を引きましたね。
会場にいたみんなが暖かく見守っている感じがして、最初から最後まで非常にいいライブ
でした。
チームライツのメンバーそれぞれの今度の活動にも注目していきたいなあと思っております。貰った無料DVD(ラス前の一月のライブが収録)も大事にしようっと。

さてさて、ニューストのメンバーとも色々お喋りをしたりしながら、この日は物販で新しいアイテム、ニューストのタオルをゲットし、また、ミニアルバム「READY TO GO」のジャケットにメンバー全員のサインを貰ったりなんかしながら、雪降る中、でも心はポカポカ暖かい感じで帰宅となりました。
いやあ、ほんと俺、ニュースト好きだわ~☆(しみじみ)いやあ、満足満足。

という事でライブレポ終わり☆イエイ!


■HOT BITCH's MARIE@1/31 新宿LOFT ■JinnyOops!@2/1 二子玉川PINK NOISE  ■Ray@2/2 ヤマハ池袋店

| EDIT

◇HOT BITCH's MARIE@1/31 新宿LOFT
1/31 新宿LOFT
<LOFT POWER PUSH!>
OPEN 18:00 / START 18:30
ADV ¥2000 / DOOR ¥2500
東京クレイジーソルツ/HOT BITCH'S MARIE/THE EMERALDS/Misty Drive JUICE

可愛らしさよりもかっこいい寄りになって来ているHOT BITCH's MARIE。
この日も新曲を3曲披露し、独自の世界観を見せていたと思います。
もうちょっと人気が出ても良いと思うんだけどなあ。次回のライブで今までにない新しい試みのイベントをやるとの事なので、是非楽しみにしたいなと思っております。

あと、この日は、THE EMERALDSも見れて嬉しかった。名古屋のイベントでアップルショップのインストアライブで見た事あるんだけど、いわゆる、シュッとした男前なお兄さん達のストレートな熱いロックンロールバンドなんですが、シンプルにカッコ良かったですね。またアメリカツアーに行かれるそうですが頑張って欲しいなと思いました。

--------
◇JinnyOops!@2/1 二子玉川PINK NOISE
2008/02/01(金) THERMOSTAD Present’s
「F.D.P Vol,2」
二子玉川 PINK NOISE
OPEN/18:30 START/19:00

[BAND]
THERMOSTAD
UNKNOWN LAST WORDS

Jinny Oops!!(from大阪)
ピンポンダッシュ!!
LONG LIFE COOLAND
[DJ]
KOCHANG

大阪で主に活動しているガールズブラスロックバンド、Jinny Oops!!(ジニーウップスと読むらしい)
ギター&ボーカル、ベース(&コーラス)、ドラム(&コーラス)に、トロンボーンとトランペットという編成。
いわゆるオルタナティブロックをブラスで、しかも女性だけのメンバーでやっているというなかなか珍しいバンド。
衣装は黒Tシャツとか黒ポロシャツにジーンズといういでたちで、正直めちゃくちゃかっこいいです。

数ヶ月前に新宿で某バンドを見に行ったときの対バンで、一目見て、衝撃を受けてしまい
また東京に来たときは絶対見てやろうと思ってたんですが、前に見た時よりも更に洗練されて、ふてぶてしい感じが増してカッコ良くなってましたね。
また3月くらいに東京に来るそうなので、楽しみにしたいなと思っております。

--------
◇Ray@2/2 ヤマハ池袋店(ミニライブ)
13:00~ 15:00~

ピアノとヴァイオリン、チェロの女性三人組のクラシックユニット。
前は違うグループ名だったんだけど、前の事務所を独立後、今の名前に変わったそうです。
たぶん見るのは半年以上ぶりなんだけど、相変わらず優雅で美しいルックスと音色でお客さんを喜ばせてましたね。オリジナル曲とカバー曲で各ステージ四曲~五曲くらい披露したんだったかな。
即売会で新しいアルバムも購入したんですが、顔も覚えていてくれて、少しだけ会話出来たのも嬉しかったです。
美しい女性の奏でる、クラシック音楽に浸りたい方は是非チェックしてみてはいかがでしょうか。

以上、溜まっていたライブレポ、一挙放出の巻でした~。

☆1st Full ALBUM "RATATATTAT!" 感想☆(その4 再びアルバム全体について)

| EDIT

●写真は、「RATATATTAT!」が発売された1/23の数日後に、渋谷タワーレコードの入り口近くに飾ってあった「RATATATTAT!」の宣伝の看板みたいなやつ。

20080210131030.jpg
店内に飾るのとお店の外に飾るのとどっちが宣伝効果が大きいんだろう。でもとても目立ってていい感じでしたよ☆

●さて、前回予告した「『RATATATTAT!』の感想 その4 ジェニ7000の逆襲(仮)」を書く前に、ちょっとアルバム全体の感想に戻ります。
(戻るんかい!構成力ゼロやな~。笑。そしてジェニさん&ジェニファンの皆さん少々お待ちを…)

結局このアルバムはどんなアルバムですかっていう問いには、いろんな雑誌のインタビューでアンドー!やcottonが答えていて、まあ大体の答えをまとめると、

結局、管楽器でロックをやりたいアンドー!の意志で、同じ専門学校内の仲間を募って結成されたのが、ピストルバルブというガールズホーンロックバンドで、

もちろん、これからもピスバルはガールズホーンロックという道を歩んでいくんだけれども、

同じロックが好きな10人の仲間だけれども、それぞれまた好きな音楽(スカだったり、ダンスミュージックだったり、ジャズだったり、クラシックだったり)があって、

じゃあ、小さい枠に囚われずみんながやりたい事をやってみよう!
色々やってみよう!

という事で作られたのが、今回のファーストアルバム「RATATATTAT!」ですという内容の事を言ってますね。
(ちなみに、「Wink up」3月号のインタビュー記事が一番分かりやすく、いい感じだったんでお薦めしておきます。
→余談だが「Wink up」、男性にとっては、女性ファッション誌よりも立ち読みするのが恥ずかしい雑誌かも…笑)

という事で、アーティスト側から、このアルバムはこういうアルバムです、という答えを言っているので、もうファン側としては何も言う事はない…
という立場をとってもいいんですが、

ファーストアルバム「RATATATTAT!」が、こういうバラエティに富んだ内容になった経緯について、これも外せないだろう、と思った事をとりあえず書いてみようと思います。

最初に答えをいうと、このアルバムの内容に影響を与えているのは他でもありません。

一つ目は、「Yippee Yippee Shake!」。
(昨年、2007年9月~11月の3回にわたって渋谷CHELSEA HOTELで行われたピストルバルブ マンスリーライブ )

二つ目は、ピスバルがレコーディングとプロモーションビデオで参加している、
昨年2007年9月に発売された、
Acid Black Cherry(以下ABC)の「Black Cherry」です。

●まず、マンスリーライブ 「Yippee Yippee Shake!」は、ロックな楽曲を中心にセットリストが組まれたライブで、洋楽や邦楽のロックのカバーを次々と披露。

ピスバルにカバーして欲しいロックな楽曲をお客さんからリクエストを受け付けたりもしていたんですが、
結果、ジェニさんのロックなヴァイオリンソロが素晴らしかった「ハイウェイスター」(ディープパープル)を始め、ピスバルらしいアプローチでアレンジされた珠玉のロックなカバーナンバーが披露され、非常に見応えと聴き応えのあったライブだったと思っています。

●そして、ABCの「Black Cherry」。

こちらもABCの楽曲ではありますが、ピスバルは音源やPVに参加して、そのハードでクールな世界観(←「ワイルドでセクシー」、が正しいかな?)を作るのに一役も二役も買い、結果、「Black Cherry」はピスバルが参加している楽曲の中では最高順位のオリコン初登場2位を獲得。

もちろん、Acid Black Cherryというアーティストの元々の実力ではあるのですが、ピスバルにとってもエポックメイキングとなった重要な楽曲だと思っています。

(個人的には「Black Cherry」は2007年のピスバルのベストワークの中の一つだと思っていて、かなり高く評価しています。可能であれば、ABCのyasuさんにピスバル用に曲を書き下ろしてくれないかなあ~と思ったりもしてます。まあ難しいでしょうけどね)

●で、この二つ、
「Yippee Yippee Shake!」と「Black Cherry」
にピスバルが関わっていた時期って、おそらく、ファーストアルバム「RATATATTAT!」の準備期間、またはレコーディング期間とかぶってる筈なんですね。

ロックな曲を披露するといったコンセプトのライブ「Yippee Yippee Shake!」、

そして去年発売されたピスバル(絡み)の楽曲の中で一番ハードで大人っぽいロックナンバーだった「Black Cherry」。

ピストルバルブのロックに対する試みが、それぞれ、ある一定の成果を持って達成されたわけです。

となると次に発表されるアルバムについては、また違うアプローチがされるのも、まあ必然かなといった感じですよね。

という事で、ファーストアルバム「RATATATTAT!」に今までのピスバルの楽曲と若干方向性が違うような実験的な要素(ジャズ、テクノ、バラード風なポップスetc…)が多く詰まっているのは、こういう背景もあるのではないかと思った訳です。

私、前にファーストアルバム「RATATATTAT!」は、「ピスバルの『現在・過去・未来』が詰まったアルバムだと言ったんですが、そういう意味では『現在・過去・未来』の全てが詰まっているとは言えないのかも知れないですね…
(別に何かケチをつけてる訳ではなくて、「RATATATTAT!」というアルバムはとても素晴らしいけど、現時点でのピスバルのすべてが詰まっている訳ではないという、ただそれだけのことです)
そういった他の楽曲やライブも含めてチェックしたうえで、今後のピスバルをこれからも見守っていこうと管理人は考えています。

もし、今までピスバルを知らなかった、または最近知ったという人の中で、ファーストアルバム「RATATATTAT!」が最初に買ったピスバルのCDだという人(意外と多い気もする)は、そういった背景も考えつつ、これからピスバルワールドにどっぷりハマっていっていただければ幸いだなあと思います。



という事で、今回はこれまで!

次回は、ファーストアルバム「RATATATTAT!」の楽曲の個別の感想とかを、また少し書こうかなと思ってます。まあ気長にお待ちください☆

ではでは、PEACE OUT~!☆


2/9 JR大宮駅でイベントだそうです!

| EDIT

こんなの見つけました!(公式HPより)
---
NACK5「NTTドコモ presents HITS! THE TOWN SPECIAL」 出演 NEW!!
2008年2月9日(土)12:55~17:45
■ゲスト:ピストルバルブ、加藤和樹、THEポッシボー
※JR大宮駅構内・西口イベントスペースより公開生放送、生ライブ出演予定

--
12:55~17:45のどの時間かは分かりませんが、2/9、時間のある人は是非遊びに行ってみましょう!(行けない人はラジオを聞きましょう!)
私は仕事で行けないっす~(泣)。


あとは公開番組かどうか分からないけど、こういうのも。

◇2008年2月12日(火)~24日(日)
HOT STUFF PROMOTIONのインターネットラジオ「RADIO RED HOT」に出演! NEW!!
http://www.red-hot.ne.jp/

ぢゃ、そゆことで。PEACE OUT~☆

「音リコ!」にゲスト出演!(2008/2/4)番組オリジナルテーマ曲制作&イヤなのはどっち?「しつこい人」or「自分がない人」でトーク)

| EDIT

日本テレビ、読売テレビ「音リコ!」
日本テレビ2008年2月4日(月)26:59~(読売テレビ2008年1月31日(木)24:29~)
30分番組の中で5分くらい出てましたね!めちゃ楽しかった!

●まず、最初に、ピスバルが番組用に作って来たというオリジナルの番組テーマ曲を披露!(ちなみに画像が全体的に白っぽくなってしまった。すいませぬ)
CA390029.jpg
ジェニさんのヴァイオリンとラムさんのトロンボーンが主旋律の担当かな。
で、アンドー!とcottonの「音リコ!」っていう掛け声が、耳に心地よく、なかなか良い曲ですね!

CA390030.jpg
メンバー紹介のテロップ。
この時のM-chanが、めちゃテンションが高くてノリノリです!(笑)

CA390031.jpg
ココリコ田中「この番組の為にわざわざ、作ってくれはったんですよね」
cotton「もちろん!!」

CA390033.jpg
ココリコ遠藤「そりゃそやね。『音リコ!』言うてるからね!」
メンバー「(笑)」

で、ココリコ田中に「どのくらいの準備期間があって、今の演奏になったんですか」と聞かれて、
CA390034.jpg
アンドー!「一日です!」

ココリコ田中「え~!!一日で出来るもんなんですか」
アンドー!「そうです。リハーサルをして…」

ココリコ遠藤「プロやもん。そりゃすぐや」
ココリコ田中「そうですけども」

CA390035.jpg
ココリコ田中「どのタイミングで『音リコ!』って行こうか迷うというか…」
メンバー「(笑)」

メンバー楽しそうだわ~(笑)。

で、ココリコ田中から、番組のテーマソングとして使ってもいいんですか、と聞かれて、
メンバー全員「是非!」
ココリコ遠藤「いいの?!」
メンバー「使ってください!」
cotton「番組テーマにふさわしく作ったつもりなんで」

ココリコ遠藤「全然(使いますよ)」
ココリコ田中「(番組スタッフに)オープニングと、間のCM前にもこれ入れましょうよ」
メンバー全員「(拍手)イエーイ!!」
CA390036.jpg
ココリコ田中「ボクらのトークいらないですから!!」
メンバー「(笑)」

ココリコさん、優しいわあ~。
本当にオープニングとCM前に流してくれたら、「音リコ!」毎週見るんで、「音リコ!」のスタッフの皆さん、是非よろしくお願いいたします!!(笑)

●で、次の「遠藤系」と「田中系」に分かれて、毎回違うテーマでトークをするというコーナーにも出演
Q.イヤなのはどっち?
A.しつこい人 B.自分がない人 という質問で、
CA390037.jpg
自分がない人がイヤ!(遠藤系)に行ったのは、cotton、アンドー!、ラム・アスカの三人。

CA390038.jpg
しつこい人がイヤ!(田中系)に行ったのは、とみぃ、ジェニさん、ヨーコさん、コリーナ、M-chan、Misaty、DJリリアの七人(とアシスタントの矢吹春奈さん)。

CA390039.jpg
こんな感じ。

CA390040.jpg
しつこい人がイヤ派のとみぃ。
とみぃ「しつこい人の方が害を与えられそう」
(笑)

CA390041.jpg
ストーカー的行為とかにおちいるのはしつこい人だと思う、って言ってましたね。

CA390042.jpg
ココリコ遠藤「ちなみにこのメンバーの中で『しつこいわこの人!』って人?」

CA390043.jpg
メンバーからのご指名を受けるDJリリア(笑)。

CA390044.jpg
M-chan「全然面白くないネタとかをずっとしつこく…」
メンバー「(笑)」

ココリコ田中「マジで!」
ココリコ遠藤「例えばどういう事なの?」

CA390045.jpg
M-chan「スーパーマリオのジャンプの音とか…」
ココリコ遠藤に「ちょっとやってみて」と言われて、

CA390046.jpg
DJリリア「(鼻をつまんでひっぱり)♪トゥウーン」
メンバー「(笑)」

CA390047.jpg
ココリコ遠藤「これ一回目はみんなワッと笑うやんか これをずっとやってんの!?」
cotton「しつこいんです。ほんとに」
アンドー!「しつこいね」

CA390048.jpg
DJリリア「(神妙な感じで)すいません!今後気をつけます!」
リリア、本当にちょっと凹んでたっぽい…(笑)

CA390050.jpg
自分がない人がイヤ派のcotton。
cotton「どっちが彼氏だったらイヤかって考えたんですね」。
ココリコ田中「なるほどなるほど」
しつこい人はうたれ強そうだから、「しつこいわ!」って言ったら済む気がする。自分の考えを持たない人はお人形と一緒かな、とcotton

CA390049.jpg
この、「お人形と一緒」発言の時に、お人形さんみたいなジェニさんが映ったのは意図的なんだろうか?(笑)
(もちろん中身がじゃなくて、外見が、ですよ!☆)

CA390052.jpg
アンドー!「一緒ですね。自分の考えを持たないってどういう人だって、
人なのかって事を疑っちゃうっていう…」

…自分の考えを持たない人はもはや人間ですらないみたいです(笑)

CA390053.jpg
で、この時に真面目にうんうんって頷いているcotton、いいっすねー(笑)。

CA390054.jpg
アンドー!「一緒にいる?いない?みたいな」
(笑)

ココリコ遠藤「ヒッキー(北風)君みたいに好き?嫌い?みたいな感じや。(パンツを上げ下げするポーズをしながら)いる?いない?みたいな」

と、この後、のっかっていく遠藤さんはさすがです(笑)。

あと、自分がないっていっても、そこまで夢遊病者みたいな人の事ではないと思うが…
>アンドー!さん(笑)

で、あらためて自分の彼氏とかだったらしつこい人の方がいいかな、などと言いだす、しつこい人イヤ派の皆さん(笑)。

CA390055.jpg
M-chan「でも、毎日電話で、『好きだよ、好きだよ」って、毎日毎日言われたら、『もう分かったよ~』ってならない?」
と突然、携帯を握るポーズ付きで、M-劇場が始まったりとか(笑)。

CA390056.jpg
M-chan「逆にこっちの気持ちが、ちょっと落ちて来る~♪みたいな」
「落ちて来る~♪」と身振り手振りで熱演するM-chan(笑)。
身振り手振りが大きいと言えばcottonですが、M-chanも相当ですね(笑)。M-chan、いいっすねー☆

CA390057.jpg
DJリリア「でももし自分が好きな人だったら、なんかしつこい、粘っこい方が良くない?」

CA390059.jpg
ココリコ遠藤「毎日、電話、メール。『お前なんやねん!? 今日のあのサックスの吹き方』みたいな…」
メンバー「(笑)」
DJリリア「全然いいです」

で、次にリリアの口から、問題発言が飛び出します!

CA390060.jpg
DJリリア「『何分何秒のあのカットが素敵だったよ』とか」

『何分何秒のあのカットが素敵だったよ』



え?俺?(←おいおい!笑)

でも、何分何秒の…とまでは言わないけど、似たような事やってるからね、ワシ。

そうか、そうだったのか…(妄想炸裂中)。

ということで、全国のリリアファンの皆さん、すいません。

リリアは私が、いただきました!\(●▽●)/

…すいません、調子に乗りました(いろんな人に怒られるわ!笑)。

でもまあ、とりあえず、

…フランス語の勉強でも始めようかな~
(ほんとすいません。アホ管理人の戯言なんでお許しを…)。


ということで、

最後は、番組開始から20分15秒後くらいのDJリリアの素敵な笑顔でお別れしましょう!(笑)
CA390061.jpg

(いや~、せっかくリリアがフッてくれたんだから、ここはのっかっとくべきでしょう。笑)

以上、しつこくて自分を持たない管理人の日記でした(笑)。

ピストルバルブの皆さん、ヨーロッパ公演、頑張ってくださいね!☆

PEACE OUT~!☆

明日というか今日(2/4)以降は「音リコ!」と「SOUND WEATHER」に注目せよ!

| EDIT

●お久しぶりです!皆さん、お元気でしょうか。
はい、という事で、「1st Full ALBUM "RATATATTAT!" 感想」、途中で止まってしまいました(苦笑)。

書きながら薄々感じてたんだよね。なんか途中で行き詰まるかもなあって(笑)。

でも、大丈夫、どんなに時間がかかろうと間違いなく完成させるんで、気長にお待ち下さい。
RATATATTAT!初回盤のオマケのDVDの感想や、「アメリカライブツアーDVD "Jump The Gun!」の感想ももちろん書くつもりなので、こちらも気長にお待ちいただければと思います。

●さて、私の近況としては、ここ数日間、色んなバンドのライブを見にライブハウスを回っておりましたね。やっぱライブは楽しいやね~。

で、ライブと言えば、今日というか昨日(2/3)は、ピスバルは岐阜県多治見市で「RATATATTAT ! TOUR '08」のツアー初日のライブでしたね。
行かれた方、感想はいかがでした?

今回私、ピスバルの地方のライブの遠征に行く予定は今のところないんですが、行ったら絶対楽しいと思うんだよなあ~。

都内のライブよりは、客席に余裕があるだろうから、間近でピスバルが見られるだろうし、地方でメンバーもリラックスしてるだろうから、ライブのMCも面白いと思うんだよねえ。

もちろんアルバムやDVDも素晴らしいんだけど、やっぱりピスバルはライブで見てなんぼのバンドだと思うんで、今回のツアーで比較的近くに回って来る地域の方は是非無理してでも行った方が良いと思いますよ。
生ピスバルを是非楽しんでいただけたらなあと思います。

●ところで、明日2/4(以降)は、二つ程気になる番組が放送されますねえ。
(以下公式HPからコピペ)

◆TV情報
◇フジテレビ「SOUND WEATHER」 ビデオクリップ放送 NEW!!
2008年2月4日(月)より放送開始
※日によって放送時間が変わります。詳細は番組サイトにてご確認下さい。

フジテレビ
http://www.fujitv.co.jp/

SOUND WEATHER、番組サイト
http://www.fujitv.co.jp/b_hp/sweather/

◇日本テレビ、読売テレビ「音リコ!」 出演 NEW!!
読売テレビ2008年1月31日(木)24:29~
日本テレビ2008年2月4日(月)26:59~
※その他の地域の放送時間はこちらをご覧下さい。

--
まず、こちらは関東ローカルかも知れないんですが、「SOUND WEATHER」ですね。

おそらく「OEDO-808」のPVが見られるんだと思うんですが、この番組、月~金か月~土の帯番組だったと思うんですが、放送時間が日々違っていて、日によって、PVもフルで流れる時と流れない時があるんですね。

で、今、「OEDO-808」のPVって、Mr.ビーンのHPからは見れたりするんですが、やっぱりネットじゃなくてテレビの大きな画面でキレイな画質で見たいじゃないですか。

今のところ、「OEDO-808」のPVがDVDで発売される予定がないので、この「SOUND WEATHER」で流れたのをばっちり録画して、出来ればフルバージョンで押さえたいなと、いうところですよね。

私も頑張るんで皆さんも頑張って、是非押さえちゃいましょう!

あと、「音リコ!」ですね。

テレビ雑誌を見たら、ピスバルが番組のジングルを制作!みたいな事が書かれてましたよ。これはちょっと楽しみですよね!

読売テレビでは、もう1/31に流れてしまったようだけど、関東や他の地域の方は、是非これもチェックしてみましょう!司会のココリコのお二人との絡みも何気に楽しみですね!

ということで、アルバムの感想はまたすぐに再開させていただきます!

ぢゃ、今日はこれまで!

ピスバルの皆さん、岐阜県のライブお疲れ様でした!!
ではでは~、PEACE OUT~♪

Dazzle Vision@1/24 四ッ谷アウトブレイク、@2/2 渋谷CYCLONE

| EDIT

2008 1/24(Thu)四ッ谷アウトブレイク
『四谷低音最前線』
OPEN/18:30  START/19:00
Dazzle Vision / SOO / A.T.FACT / N【nu】w / Mr.ばろうず

ヘウ゛ィロック系のバンドが集まったイベント。
他のバンドのライブもなかなか好感が持てたのだが、始まる瞬間に会場の空気をガラッと変えたDazzle Visionは、ちょっと他のバンドとは格が違うように見受けられた。
相変わらず、会場のお客さんに一人一人に笑顔で目線を飛ばしつつも、
メロディアスで力強く伸びのあるボーカルと、
ド迫力のデスシャウトと、
普通に可愛い声のMCで、魅力を振り撒くボーカルのMAIKOはんは、やっぱただ者ではないなと思いましたね☆

で、Dazzle Visionのライブはこれが3回目だったんですが、物販席にいたメンバーとちょっとだけお喋りが出来ました。

気さくかつ、真面目に音楽に取り込んでいる雰囲気があり、また自分の中で好感度がひとつ上がってしまいました(笑)。しかし、見応えあるいいバンドだよなあ~。

--------
2008 2/2(Sat) 渋谷CYCLONE
[マリグ☆ナイト2]
Open17:00 Start17:30
w/ Malignant Co./E.D.G.E Player/BAZOOKA/Dazzle Vision/デブパレード/r@m(姫川りな/@YOU/持田茜)

新曲「HERE」と、主にセカンドアルバム「amellia Japonica」の中の曲とで合せて5曲ぐらいやったんだったっけかな。

この日はどうやら、Dazzle Visionを初めて見るお客さんが多かったようで、この日唯一のアイドルグループr@m目当てのお客さんや他のヘウ゛ィロック系のバンドを見に来たお客さんも、みんな度肝を抜かれていたように見受けられました。

ライブ中のお客さんの反応も良かったけど、ライブ後にもお客さんが口々に感想を言っていて、やっぱパフォーマンスも楽曲もインパクトあるしなあと、あらためて思った次第でございます。

で、実は、この日のイベント、この後、超レアな趣向が施されてたんですよねえ。

全部のバンドのライブが終了後、全バンドのボーカルが勢揃いしセッションをやったんですが、

最後はなぜかみんなでマンガ「うる星やつら」のコスプレをし、「ラムのラブソング」を熱唱(笑)。
節分の日とかかっていたのかな?

で、

な、な、なんと!

Dazzle VisionのボーカルMAIKOさんが、
ラムちゃんの角を付けて、コギャルチックなセーラー服で登場!

(鼻血)

こ、これは、やられたわ~。

バンドのカラーからして、Dazzle Vision単独ではまず、こういう事はないからね。いやあ、いいもん見させていただきましたわ☆

この日のイベント自体も非常に面白く、最初のr@m以外は全部ヘウ゛ィロック系だったんだけど、

お笑い色が強かったり(デブパレード、BAZOOKA、Malignant Co.)、

HIP-HOP色が強いバンドだったり(E.D.G.E Player)、

一筋縄では行かない、それでいて実力派のバンドが揃っていて、途中全く飽きる事がなく、非常に楽しかったです。

全員100キロ超えの巨漢揃いで、

ファンク+HIP HOP+ヘウ゛ィロック、

そして楽曲とMCは全部デブネタという、

恐るべきバンド、デブパレードがすげえアホでカッコ良かったです!(笑)

赤青黄緑白の衣装に身を包んだ5人のデブが、

「全ての武器の替わりにお箸を!」と書かれたバックプリントのTシャツを着て(笑)、

ライブ中のピースは、人差し指と中指、薬指と小指をくっつけた、ブタのひづめがモチーフの「デブピース」(笑)、

「FUCK YOU!」の替わりに、小指を一本だけ伸ばして「FAT YOU!」(笑)、

両手を×にクロスさせるポーズは、X-JAPANのXジャンプではなく、メタボリックの「メ」ポーズ(笑)。

そして、あの懐かしいSPEEDの「BODY&SOUL」をカバーしてたりとか(しかもめちゃカッコ良い!)。

冗談抜きにいつメジャーデビューしてもおかしくないなと思いました。デブパレード、きてますね~(笑)。

そしてBAZOOKAやMalignant Co.もかなり衝撃的で楽しかったですね!(かなり面白かったのだが、書ききれないので割愛)

という事で、とても楽しく衝撃的なイベントでございました。以上でやんす~☆

Category: DAZZLE VISION
↑
<!-- [FC2 Analyzer] -->