12/1 ARIA ASIA@渋谷O-EAST(渋谷DESEO 11周年記念イベント)

| EDIT

2009/12/1@渋谷O-EAST
SHIBUYA DESEO 11th Anniversary~Live is Sugarless!! Vol.4
【メインステージ出演】
ARIA ASIA/Jack in the Box/天豚
REAL’/井の頭フォーキーズ/Lucille+Varayno
【サブステージ出演】
TeraNovel/4D UNDERGROUND/Carry Smile
開場17:30/開演18:00

▼現在、沖縄を中心に活動しているストリートロックヴァイオリンバンドARIA ASIAの久々の東京でのライブでした☆

スポンサーサイト

5/15 ARIA ASIA@渋谷CLUB QUATTRO(東京初ワンマンライブ!!)

| EDIT

2009/5/15(金) @東京・渋谷CLUB QUATTRO
「Aria Asia 東京初ワンマンライブ!」
開場 / 開演 18:00 / 19:00

◇ARIA ASIA(フルバンド)
ARIA(バイオリン)
D・A・I(ギター)
acchi(ベース)
DUCCI(ドラム)
※アコースティックVer.では、主に、ARIA(バイオリン)、D・A・I(アコースティックギター or キーボード)での演奏

◎以下、ゲスト&セットリストの情報はファンの方のブログやmixi日記などを参考にしています。
ありがとうございます。

◇ゲスト
五社義明(バグパイプ)
山平憲嗣(二胡)
タマトミカ(ヴィブラフォン、キーボード)
しんしん(ギター)
城間竜太(三線)
佐藤健作(和太鼓)

◇ARIA ASIAセットリスト
※上記のファンの方の日記を参考ししつつ、自分の記憶を交えて作成。やってない曲が混じってるかも?
アンコールは恐らく合ってるけども、それ以外の順番はぐちゃぐちゃです。

●The Glorious Daybreak~アルフヘイム宮殿の夜明け~
●Toss The Feathers
●※DUCCI氏作曲のオリジナル新曲(へヴィロック色強し。バグパイプも入ってめちゃかっこよし!)
●下弦の月
●戦場の花
●Morning Sunshine
●ドロップス(タマトミカ)
●少年時代(井上陽水)
●童神(古謝美佐子)
●春よ、来い(松任谷由実)
●ルパン3世のテーマ
●小さな恋の歌(Mongol800)
●遠雷(Do As Infinity)
●いいあんべえ
●Ryukyu Song
●ロックメドレー~雨あがりの夜空に(RCサクセション)、Canon Rock、Smells Like Teen Spirit(Nirvana)他~
●MIrage~蜃気楼の街~

EN.1:
●Gypsy Girl
●鳳凰の翼(※和太鼓)
●Triumphal Road~エトルリア王の凱旋~

EN.2:
●Yesterday & Today(Do As Infinity)

◇現在は主に沖縄で活動している、若き女性ロックヴァイオリニスト・ARIAさんを主軸としたバンド・ARIA ASIA。
そのバンド活動一周年の集大成とも言える、東京初のワンマンライブを観に行って参りました☆

◇開始予定時間の19:00から15分くらい遅れてのスタート。

一曲目終わりのARIAさんのMC。
「開演が遅れてしまって申し訳ありません。実はまだ場内に入りきれてないお客さんがいるんです。既に一杯ですけど、もう少しだけ前に一歩ずつ詰めていただけますか」

という事で、ライブハウスとしてはそこそこの大きさの渋谷CLUB QUATTROに、ほぼ超満員に近いお客さんが入っておりました!!

◇いつもはほとんどエレキヴァイオリンで演奏するARIAさんですが、今回は珍しくクラシックヴァイオリンでの演奏!

が、二曲目の途中で、弦が切れるアクシデント!

幸い足元に予備でエレキヴァイオリンを用意していたため、しばらくそれで演奏を進めるARIAさん。
ライブの中盤くらいで、無事、弦の張り替えが終ったクラシックバイオリンがARIAさんの手元に戻って来ます。

この時、見てる側は単純に、あ、ヴァイオリン無事に直って良かったなあ、ぐらいに思ってたんですが…

◇二、三曲ごとに豪華なゲストを招き入れてのライブで、音楽的にも視覚的にも飽きない構成になってました。

バグパイプが意外にロック向きの楽器だったことだったり、中国の弦楽器・二胡や沖縄の弦楽器・三線の暖かみのある美しい音色だったり、タマトミカさんの曲「ドロップ」や古謝美佐子さんの曲「童神」に心を癒されたり、沖縄の反戦の祈り・平和を願う気持ちが込められた「戦場の花」を聴いて心打たれたり、和太鼓とドラムの打楽器対決も素晴らしいへヴィロックな「鳳凰の翼」だったり…と、終始、感激&感動しまくりでした☆

◇そして、沖縄音楽とロックとクラブミュージックの素晴しい融合っぷり!!
小さな恋の歌(Mongol800) だったり、 沖縄らしい陽気な曲、いいあんべえだったり…めちゃくちゃかっこいいロックアレンジっぷりに、感心するしかなかったですね☆

そして先日亡くなられた忌野清志郎さんのバンドRCサクセションの「雨上がりの夜空に」を含むロックメドレーのバリバリのへヴィロックっぷりも素晴らしかった!
会場も終始ノリノリで、めちゃくちゃ盛り上がってましたね!!

◇そしてもちろんARIAさんのかっこよさ!☆やっぱロックヴァイオリンっていいよなあ~☆

普段J-POPしか聴かない人も、へヴィロック好きの人も、沖縄音楽好きの人も、民族音楽好きの人も、そしてヴァイオリンやさまざまな楽器の音色を楽しみに来た人も、全てが満足出来ると思われる素晴らしいライブだったと思います☆

◇「個人的な事ですけど、どうしても喋りたい事があるんですけどいいですか?」とライブ後半のMCで突然切り出すARIAさん。

「実は今日、会場にお母さんが観に来ているんです。

で、さっき途中でヴァイオリンの弦が切れて、今は、無事弦が張り直されて戻って来たんですけど、

実はお母さんが弦を直してくれたんです。

ヴァイオリンの弦を張り替えるのはのは大変で、(スタッフでも)なかなか直せる人はいないんですけど、ステージ上で弦が切れたって気がついた瞬間、バアーって真っ先に楽屋に駆けつけてくれて、お母さんが弦を直してくれて…」

と、ここで、ARIAさんが感極まって一度目の涙を…(泣)

お客さんから、暖かい拍手と声援☆

泣かないつもりだったのに、しかもこんなに早い段階で…(笑)と、照れながら涙を拭き、お母さんへの感謝の言葉と共に次の演奏を始めるARIAさん。
見てる側も感動しちゃいましたね。いい話だわ~☆

◇アンコールの二曲目辺りで、突然ハッピーバースデーの曲が演奏され、ARIAさん(5/16)とドラムのDUCCIさん(5/15)にサプライズのバースデーケーキが!
そして、お客さんとメンバーが共にハッピーバースデーを歌ったあと、あらかじめお客さんに配られていたクラッカーが鳴らされ、二人がローソクの火を吹き消した後、お客さんから「おめでとう!」の声が。

喜びとお礼の言葉を伝えた後、「びっくりした!え?なんでみんなクラッカー持ってるの?(笑)」と、完全に虚をつかれた感じのARIAさんが面白かったなあ~(笑)。

◇ダブルアンコールは、バンドではギター担当ながらもプロデューサーでもあるD・A・IさんとARIAさんだけがステージに登場。
D・A・Iさんはこの日初めてキーボードの前に座ります。

ARIA ASIAというバンド形式で活動を始める前の、まだ持ち曲も何もない状態で、D・A・Iさんと最初に演奏した曲で、何か節目の時には絶対また演奏しようと思っていたという、Do As InfinityのYesterday & Todayを演奏する二人(ちなみにD・A・IさんはDo As Infinityの元メンバーでプロデューサーでもあった人です)。

この時のMCでもARIAさんは、「ARIA ASIAは多くの人に支えられていて、今回アンコール用の衣装をお友達が作ってくれたり、ヘアメイクも仲の良いお友達の美容師さんにわざわざ今日の為に来て貰って…」と、そこでも感極まって涙を流しておられました☆
このシーンも感動的だったなあ。

◇最後は、お客さんへの感謝の言葉と、また秋にもワンマンをやりたいと思います!という言葉があり、感動的にライブは終わっていった訳です。

いやあ、本当に良いライブだったなあ~☆

◇会場の物販席では、翌日5/16が正式な発売日で、この日会場内だけで先行発売されるニューアルバム「Ryukyu Rock Violin」が売られており(定価1260円がこの日は1000円ポッキリ!笑)、もちろんすかさずゲットしちゃいました!!☆

島唄や花、小さな恋のうた、涙そうそうのカヴァー曲などが収録された、ARIA ASIA初のカヴァーアルバムだったんですが、沖縄音楽、ケルトヴァイオリンロック、クラブミュージックがARIA ASIAならではのアレンジで融合された、めちゃくちゃ素晴しいアルバムでした!!
大傑作だと思います!!
エッジが聴いてて、鳥肌が立ち程、めちゃくちゃかっこいい☆☆!!

今は沖縄とライブ会場だけでの限定発売ですが、いずれ、通販とかでも買えるようになると思うので、興味がある方はすかさずゲットされる事をお薦めします!!

今のところ今年出たアルバムで、自分が聴いた中で一枚だけ他人にお勧めするとしたら、ぶっちぎりでこのARIA ASIAの「Ryukyu Rock Violin」ですね。
それくらい素晴しいアルバムだなと思いました☆

×  ×  ×

以上、5/15 ARIA ASIAワンマンライブレポでした!!☆

3/4 ARIA ASIA@渋谷O-WEST

| EDIT

3/4 ARIA ASIA@渋谷O-WEST
マリーの伝言 ~ひな祭り後夜祭~
開場18:00 / 開演18:30
(出演順)歌姫楽団/MiyuMiyu/ARIA ASIA/日向ひとみ

■ARIA ASIA セットリスト(※ファンの方のブログを参考にしてます)

1.Gypsy Girl
2.Smells Like Teen Spirit(Nirvanaのカバー)
3.下弦の月
4.Ryukyu Song
5.遠雷(Do As Infinityのカバー)
6.小さな恋のうた(モンゴル800のカバー)
7.Aerial Garden~アドビス架空庭園~
8.Triumphal Road~エトルリア王の凱旋~

※1、2、7、8フルバンド
3、4、5(Vln、Gt、三線のアコースティックバージョン)
6(前半、Vln、Gt、三線のアコースティック。後半フルバンド)

▼久々のARIA ASIAライブでした。沖縄を皮切りに100日連続ライブを行っていたARIA ASIAですが、ARIAさんが腱鞘炎を発症して16日目で連続ライブはストップ(そりゃ、腱鞘炎にもなるって。ほんとこの100日連続ライブという企画は無謀としか思えない)。
その後、腱鞘炎の治療を継続しつつ、一部の公演を中止しながらライブは続行し、そして一ヶ月振りくらいの東京でのライブとなった訳です。

正直、一番気になってたのは、腱鞘炎の治り具合ですよね。行くかどうか迷ってたんですが、まあ、ライブに足を運ぶ事で少しでもARIAさんを力づけられればと思い、当日券で見て来ました。

▼対バンも知らないバンドばっかりだし、出演時間も短いだろうから、という事でそれ程期待せずに行ったんですが、これは正直観に行って良かったです!!☆
ARIA ASIAまたがっつり進化してましたね。めちゃくちゃ良かったわ~~!!!

▼まず、メンバー登場時に流れる出囃子が、ARIAさんの楽曲をクラブバージョンにリミックスしたような曲で、これがめちゃくちゃかっこいい!
そして、ARIA ASIA(バンドバージョン)メンバー登場!
とても元気そうなARIAさんのARIAスマイルを見て、ちょっと安心しましたね☆

▼ARIAさんは、ネックラインが広めの、ダボッとした薄手の黒のロングスリーブのTシャツ(たぶん)に、ショッキングピンク地に黒の英字がプリントされたロックテイストのスキニースパッツ。髪型は、いつものフワッとしたブロンドのショート。
ちなみに衣装は、渋谷や原宿にショップがあるBabyBurnというブランドから提供された衣装との事。今度、ショップのカタログにもモデルとして登場するみたいですよ。そちらもちょっと楽しみです!!

▼腱鞘炎の方も実際は分からないけど、演奏中には問題なさそうに見受けられました。だいぶ回復していると思われます。

▼で、この日、初めて聴いたのですが、二曲目のNirvanaのカバー曲がめちゃめちゃへヴィロックしててめっさカッコ良かったです!!個人的にこれが聴けただけでも元は取れましたね!

▼で、この後に出て来たゲストの沖縄の民族楽器の三線の名手、竜太さんとのコラボ演奏もめちゃ良かった!
特に、CMソングでもおなじみ、モンゴル800のカバー「小さな恋のうた」(※ARIAさんは去年の12月頃、モンゴル800のツアーにゲスト出演していた経緯あり)、すっげえ良い曲だわ~!!
ARIA ASIAカヴァーの「小さな恋のうた」は一聴の価値があるとご報告しておきます!

▼そして相変わらず、ARIAさんのMCはお喋りがしっかりしてて聴きやすかった!
今日、ライブ中に流していた波の音のSEは、実はプロデューサーでギター担当のDAI氏が、沖縄の砂浜に録音マイクを持って行って直接録音したものなんですというお話とか。
明るくニコニコと楽しそうに喋るのがいいですね☆

▼で、この日、5/15(金)に、渋谷CLUB QUATTROで、東京初のワンマンライブを行うという発表がありました。これはめちゃ楽しみです!
で、初のフルアルバムもそのワンマンの頃には発売されるとの事です。こちらも楽しみですね!

▼で、ライブ後、物販席で先行発売(そしてARIAさんが直接サインもしてくれる)という事で、ライブ後、チケット買っちゃいました!
ARIAさんに直接、腱鞘炎の治り具合(「いい感じになって来ました」との事)や、アルバムの内容(フルアルバムで、現在曲をセレクト中)、4月にも都内でライブがあるのか(「あるけど、一番来て欲しいのはやっぱり5月のワンマン」との事)を聞いてみたりしました。
近くでみるARIAさんもやっぱり素敵でしたね!!☆☆

×  ×  ×

ちなみに、ARIA ASIAの後にバンドと共に出て来た日向ひとみさん(ロック色が強いポップス歌手の方)もなかなか良かったですね。
とても良いライブで、また見に行くのもやぶさかではないなと思いました。

という事で、以上、ARIA ASIAライブレポでした!!☆☆


1/25 ARIA ASIA@アップルストア銀座(インストアライブ)

| EDIT

CA390815.jpg
2009/1/25(日)
アップルストア銀座・3Fシアター
■時間:start17:00(~17:50)
■料金:無料

▽セットリスト(覚えている範囲で)~島唄(カヴァー)、Mirage 蜃気楼の街、下弦の月、Moning Sunshine、MY HEART WILL GO ON(タイタニックのテーマ・カヴァー)、Gypsy Girl
EN:Ryukyu Song
(他2曲ぐらい)

●ARIA ASIAの(恐らく)今年初の都内でのライブでした!

アップルストア店内のイベントライブだったんですが、ある意味、ライブハウスでのライブよりも、落ちついて聴けて良かったかも知れない…(笑)。

3階全体が商品の売り場から全く独立したイベントスペースになっていて、プロジェクターで映像とかも見れるミニシアターみたいな空間になっておりました。
イスとかもちゃんと劇場用の柔らかいイスで、座り心地も良かったですね。

100人くらいが座れる座席が、きっちりお客さんで埋まっていて、更に後ろに立ち見が2~30人くらいいたかな?
客層はおそらく半分以上がこの日わざわざかけつけたARIA ASIAファンで、残りはたまたまこの日、お店に来てたお客さんだったような気がします。相変わらず、集客力凄いですね!☆

●今回はバンド編成ではなく、ギターのD・A・Iさんと二人でアコースティックバージョンでのライブでした。曲もややしっとりめの曲が多かったかな。
ヴァイオリンはいつもの通りのエレキヴァイオリンだったけど、マイクの性能も良かったし、欲を言えばアコースティックヴァイオリンだったらなお良かったのになあ…(アリアさんはライブではほとんどエレキヴァイオリンなんで難しいかも知れないけど…)

●この日は、最初はアリアさんもお客さんも若干固い感じだったけど、2~3曲目くらいから、良い感じに盛り上がって、中盤から後半はいつものアリアさんの笑顔と客席からの手拍子で、とても楽しい空間になったかと思います。インストアライブには珍しくアンコールも飛び出したしね(アリアさんは嬉しそうに「Ryukyu Song」を演奏しておりましたね!)。

●ARIAさんの衣装は、胸元が若干開き気味の黒のトップスに、黒のダボッとしたパーカー、黒のショートパンツに黒のタイツ。
キラキラとラメの入ったローズピンクの長目のマフラー、キラキラ光るネックレス。
そして右腕のブレスレット風の腕時計がゴージャスに光っておりましたね!☆

一見、カジュアルでスポーティーだけど実はリッチなコーディネイトが、銀座という場所に全然負けてなかったと思います(笑)。
アリアさんのファションは正直、若いけど高級品のさりげない取り入れかたとか、すごくセンスがいいなあと思います。正直衣装もいつも注目しています!☆(笑)

●あとこの日思ったのが、MCはアリアさんがほぼ一人で喋ってたんだけど、こちらも数をこなしているからなのか、もの凄く安心して聴けますね!
すぐにでもFM局の日曜日のお昼くらいの番組で、ラジオDJが出来るんじゃないかと思うくらい(笑)。
聴き心地の良いハキハキした喋りなので、正直、そっちも向いてると思いますね!

●この日、喋ってたのは、前日まで故郷の山梨にいて、祖父母と会って来たという話だったりとか。東京に戻ると伝える、もの凄く寂しがって祖父母は泣いていたとの事。でも今日のライブの事を伝えたら分かって貰えたという内容のお話でしたね。ええ話や~☆

●あと。今日は、久々の東京でのライブで不安もあったけど、いつものファンの皆さんが暖かく迎えてくれて嬉しかったっていう話もしてましたね。

●といったMCも交えつつ、50分くらいのがっつりしたライブで、とても得した気分になったし、とても楽しかったです。
×  ×  ×
ARIA ASIA、また今年もちょくちょく見に行かせていただきたいと思ってます☆

アリアさん、D・A・Iさん、おつかれさまでした!
以上です!☆

12/1 ARIA ASIA@赤坂BLITZ(初の1000人以上の規模のライブハウスでのライブ。和太鼓とのコラボを披露!)

| EDIT

ビッグハット
赤坂サカス内 ビッグハット(TBS放送センター)

ブリッツ
赤坂サカス内 赤坂BLITZ

森田
関係ないけど、目の前の広場で、生放送でお天気情報のコーナーをやっていたお天気キャスターの森田さん(後ろ姿)
-----------------------------------------------------------------------------------
2008年12月1日(月)
東京 赤坂BLITZ
SHIBUYA DESEO 10th Anniversary
~Live is Sugarless!!~

OPEN:17:30 START : 18:00
出演:ARIA ASIA(大トリ 21:30~22:15くらい)/scope/Jack in the Box/Mind of Tribe/REAL'/and more...
※ARIA ASIAライブゲスト:佐藤健作(和太鼓)

●渋谷DESEO10周年記念イベントの大トリに大抜擢されたARIA ASIAの、(おそらく)初の1000人(以上の)規模のライブハウスでのライブでした。

入場した瞬間目に入ったのは、ARIA ASIAの物販席。

この日から先日渋谷DESEOで収録されたライブPV(ちなみにその撮影には私もお客さんで参加してました☆)が売られていたので、すかさず、ゲット!この日は定価税込み1260円を特別価格1000円で売っておりました。いやあ、全然安い買物でしたね☆

●さて、この日は10組以上のバンドやアーティストが、メインとサブのステージで交互にライブを繰り広げたのですが、やっぱり一番盛り上がったのが、大トリで登場のARIA ASIAでしたね。

セットリストは、会場で売られているデモCDにも収録されているオリジナルやカヴァー曲を6~7曲くらい(?)と、あとこの日ゲストだった"和太鼓に選ばれた男"佐藤健作氏の叩く和太鼓とコラボした新曲を披露!

台の高さを合わせると身長の高さを遥かに超える、巨大なの和太鼓の力強い音色と、ケルトヴァイオリンとが織りなすハーモニーは、意外や意外、もの凄くマッチングしてて、どことなくアジア的な感じ、大陸的な雰囲気かつドメスティックな感じの力強い音色がやけに新鮮でしたね。

そして、今までのARIA ASIAの楽曲の中で、間違いなく一番ヘヴイロック色が強い楽曲となっていて、特に、ARIA ASIAバンドのドラムと和太鼓のセッションのド迫力、そしてかっこよさにめちゃくちゃしびれました!和太鼓、ええわあ~☆

●ARIAさんは相変わらず、ハキハキとした喋りといつものARIAスマイルで、大きなライブハウスでのライブを心から楽しんでいるように見受けられました。

イベントの終了時間が結構押したようで、最後の曲の演奏後、舞台の暗転と客出しの音楽が流れる中、お客さんからのアンコールの声と手拍子に呼ばれて、ステージに再登場したARIAさんでしたが、

ARIA「ごめんなさい。今日は終了時間が非常に押してしまったようで、アンコールが出来ないんですよ」
客「ええ~~っ!」

ARIAさん、そう言いながらも、
ARIA「(客席の方の関係者らしき人に向かって、懇願)一曲だけども無理ですか!渋谷DESEO!10周年(なんで)!…(OKが出たらしく)やった!」

粘り勝ち(笑)。急いで、アンコールの準備をするARIAバンドの皆さん。
アンコール曲はこちらもライブではお馴染み「カノン ロック」。あのクラシックの名曲「カノン」のロックバージョンでめちゃカッコいい曲ですね!

という訳で、アンコールも大盛り上がりで終了!
フロアのお客さんから花束を受け取ったり、握手したりしながら、満面の笑みで「ありがとう!」と礼を言って去って行ったARIAさんとARIAバンドの皆さんでした。

という事で、今回もめちゃ盛り上がったARIA ASIAのライブでした。

また、そのうち観に行きたいな~という事で。以上です!!☆

  • »
↑
<!-- [FC2 Analyzer] -->
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。