ピスバルニューアルバム「LOVE LOVE GUN」、試聴しました!

| EDIT

▼10/7発売のピストルバルブのニューアルバム「LOVE LOVE GUN」の全曲が、レコード会社IMPERIAL RECORDSのサイト内で、それぞれどの曲もちょっとずつ試聴出来るようになってます☆

早速聴いてみました☆

…とりあえず、早くも一番好きな曲発表していいですか?

(※とりあえず、既にシングルなどで先に発表されている、「Good-looking dreamer」、「My Voice」等は除きます。
…あ、「パイこそはすべて ~featuring Shinji Takeda~」だけひと言。武田真治のサックスの音色、めちゃかっこええなあ~)

▼ええっと…「Find it!」とどっちか迷ったけど…「赤いタンバリン」で!

いや、でもこれは浅井健一さんの原曲がめちゃ好きなのもあるんだけどね~。ちょっと反則でしょ。かっこ良過ぎるもん、この曲、マジで☆
カヴァーなんで原曲のイメージと比べたらどうこうっていうのはあるけど、全然悪くないと思うし、まずこの選曲を称えたいところだよなあ~☆

▼「Find it!」は、ベストハウスでちょっと前から流れてるけど、この曲やっぱええわあ~。本当かなり好きっす。
アレ、俺って、曲の好み、昔とちょっと変わった?(笑)

▼「GO GO STRAIGHT! ~featuring haderu from jealkb~」も意外と好きですよ(笑)。

haderuさんのビジュアル系バンドらしからぬ暑苦しい熱唱がツボです(笑)。

いや、でも曲自体も結構良いよね。…あれ、この意見も、もしかして少数派の意見?(笑)

▼「PEDAL」ってライブで聴いた時とちょっとイメージが違う…(笑)
もっと明るくてスイートな印象だったんだけどなあ(逆の印象の人もいるみたいね)。

いや、でも全然好きっす。

cottonが…☆

じゃなくてこの曲が…(もうなんやねん!笑)

いや、だってさあ~話はころっと変わるけど、10/2のアンドー!のブログ、「今からが頑張り所!!!!!」の謎の弦楽器の隣に立つcotton、可愛過ぎるっしょ☆★☆(ちょっと見ない間に、cotton、髪、伸びた?この長さの髪も結構良いよね☆)

おちゃめな表情がまた良いんだなあ、これが♪

…はい、この写真、携帯の待ち受けにします☆(笑)

▼他の曲も良曲揃いだけど、もうちょっとじっくり聴き込みたいかな。
細かい感想はその後という事で…

ハイ、んじゃね~!
Pease out~! Bye~!☆

スポンサーサイト

タワレコで、7/22発売のピスバルニューシングル「My Voice(初回盤DVD付き)」をフライングゲット!!☆

| EDIT

●はい、という事で、

タワレコに予約しておいた、
7/22発売の、ピスバルの久々のニューシングル「My Voice(初回盤/DVD付き)」
を、発売日の前日、7/21の夕方にゲットしましたよ!☆


CA390003.jpg
上はCDジャケット、下はタワレコ予約者限定のアンドー!ステッカー☆

んで、家でCDを聴き、DVDを見ているところです。



まず、感想をひと言。

おいおい、



ピスバル史上、最高の傑作シングルじゃねえか!☆
コノヤロー!!(≧▽≦)


みんな、
とりあえず大至急買いやがれ!
話はそれからだ!!


(口が悪くてごめんね。勢いを出したいなと思ってつい…☆笑)

My Voiceは、ベストハウスとかで一部分だけ聴くよりも、全体を聴いたらより素晴しい曲だという事が分かったし、

Good-looking dreamerは、もちろん、TSUTAYAレンタル限定ミニアルバム「TRIAL SHOOT! 」に収録されてた時から、大のお気に入りだし、

そして、EGO-WRAPPINのカヴァーのくちばしにチェリー、素晴らし過ぎでしょ!!なにこのカッコ良さ!(原曲よりも好きかも…)
みんな!ピスバルの楽曲でついにモッシュ出来るぜモッシュ!!☆やっほーい!(←テンションがおかいしいのは許して。笑)

●そしてDVDも最高じゃい!☆めちゃくちゃかっこええPV&楽し過ぎるメイキングだよね!!(メンバーはみんな大人っぽくなったね★)

…ということで、
まだ聴いてない人、DVD見てない人が多いだろうから、細かくは語れないが、
とりあえず、買って損なし!!
今すぐCDショップに飛び込んじゃいましょう!☆もちろん営業時間中にね!!(笑)

●いや、あのねえ、メジャーデビュー後のピスバルのシングルの中で、収録曲3曲とも全て100%以上にツボと言えるシングルは、正直、今回が初めて(もちろん、昔の曲も100%以上だったり、100%に限りなく近いくらい好きな曲ばっかりですが)。

少なくとも、自分の中では
ピスバル最強のシングル確定ですね☆

うわーん、もっと色々感想言いたい、言いたいわ~!!!

わ~ん、cotton、ありがとう!
(なんでcotton限定やねん!←そういうブログですけど何か?笑)

うそうそ、

ピスバルの皆さん、胸張って人に薦められる、素晴しいシングルをありがとう!!☆★☆

とりあえず、今日はCD、DVD、一万回くらいリピートしてから寝ます!!☆(一生かかっても一万回は無理だが…笑)

ではでは、おやすみなさい☆

Peace out~!Bye~!☆

レンタル専用盤 「TRIAL SHOOT! 」を借りて来た☆

| EDIT

トライアルCA391103
写真、中のカードが逆さまですな。ま、いっか(笑)。

●6/14レンタル開始(うちの近所のTSUTAYAは6/13)の、新曲二曲を含めたピストルバルブのレンタル専用CD、「TRIAL SHOOT! 」をTSUTAYAからレンタルして来ました!☆
早速iPodに落として聴いてますよ♪

CD初収録の「Good-looking dreamer」&「パイこそはすべて ~All You Need is Pie~」の二曲…ピスバルらしい魅力溢れる良曲だと思います!!

正直、実験的要素が強かった前アルバム「Stick 'em up !(ステカマッ!)」と比べても、よりピスバルらしさが戻って来た気がしますね!

「Good-looking dreamer」~明るくて楽しい感じの歌詞&楽曲ながらも、コーラスや音の分厚さ、ホーン隊の迫力でぐいぐい来る感じが夏らしくていい感じ。ゴスペルっぽい部分もありますね。

「パイこそはすべて ~All You Need is Pie~」~ピスバルが他のガールズ系のホーンバンドやスカバンドと比べても圧倒的に勝っていると思われる、ピスバルの真骨頂、「クールでヒップでワルの魅力」が溢れた名曲。

この二曲を比べた時に、最初は自分的には「パイこそはすべて ~All You Need is Pie~」のが好きかなと思ったけど(なんとなく古くからのピスバルファンはこっちの方が好きな気がするっしょ?笑)、なぜかさっきから「Good-looking dreamer」の方を多めにリピートして聴いております。

…ていうか「Good-looking dreamer」、この曲、良い曲過ぎねえ?
ピスバル史上5本の指に入る傑作のような気がする。
まあ、もちろん人の好みや感じ方なんて人それぞれだろうけど、CDで聴く限り(この前ライブでも聴いたが)、「Good-looking dreamer」、めっちゃいいっすね!!

どの曲も良いに決まってんだろ!という意見にも毛頭逆らうつもりはないけど(笑)、とりあえず、「Good-looking dreamer」、最高!と言っときます。

もちろん、「パイこそはすべて ~All You Need is Pie~」のカッコ良さも相当ですけどね。メジャーデビュー後のピスバルの楽曲の中でも自分的には相当上位に入りますね。

そのうち管理人が選ぶピスバルの楽曲お気に入りベストテンでもやりますか。ではそのうち機会があったらという事で…

●そんなこんなで、インディーズ時代の名曲も含めて、聴き応えバッチリの「TRIAL SHOOT! 」。
みんなでどんどんレンタルしちゃいましょうね!

ではではそゆことで。
Peace out~!Bye~!☆

ピストルバルブ 2nd Full ALBUM 「Stick 'em up !(ステカマッ!) 」感想その1~ぶっちぎりで好きな曲は…コレだ!!~(10/30 0:40 修正済み)

| EDIT

という事で、そろそろ書いた方が良いだろうという事で、10/22にリリースされたばかりの、ピストルバルブの2nd Full ALBUM「Stick 'em up !(ステカマッ!) 」の感想を書こうと思います。

でも、ちょっと待って!
本格的な、がっつりした感想は、やっぱりゆっくり書きたいかな。

出来れば、ピスバルのライブでアルバムの曲をもっと聴いてから…と、思ったけど、先にこれだけは言っておきたい!!
言った方が良いだろうという事で、これだけ早めに書かせていただきます。

今回のアルバム、実は私がぶっちぎりで大好きな曲が一曲あります!!
さて、どの曲だと思いますか?
皆さん、考えてみてください。

☆1st Full ALBUM "RATATATTAT!" 感想☆(その4 再びアルバム全体について)

| EDIT

●写真は、「RATATATTAT!」が発売された1/23の数日後に、渋谷タワーレコードの入り口近くに飾ってあった「RATATATTAT!」の宣伝の看板みたいなやつ。

20080210131030.jpg
店内に飾るのとお店の外に飾るのとどっちが宣伝効果が大きいんだろう。でもとても目立ってていい感じでしたよ☆

●さて、前回予告した「『RATATATTAT!』の感想 その4 ジェニ7000の逆襲(仮)」を書く前に、ちょっとアルバム全体の感想に戻ります。
(戻るんかい!構成力ゼロやな~。笑。そしてジェニさん&ジェニファンの皆さん少々お待ちを…)

結局このアルバムはどんなアルバムですかっていう問いには、いろんな雑誌のインタビューでアンドー!やcottonが答えていて、まあ大体の答えをまとめると、

結局、管楽器でロックをやりたいアンドー!の意志で、同じ専門学校内の仲間を募って結成されたのが、ピストルバルブというガールズホーンロックバンドで、

もちろん、これからもピスバルはガールズホーンロックという道を歩んでいくんだけれども、

同じロックが好きな10人の仲間だけれども、それぞれまた好きな音楽(スカだったり、ダンスミュージックだったり、ジャズだったり、クラシックだったり)があって、

じゃあ、小さい枠に囚われずみんながやりたい事をやってみよう!
色々やってみよう!

という事で作られたのが、今回のファーストアルバム「RATATATTAT!」ですという内容の事を言ってますね。
(ちなみに、「Wink up」3月号のインタビュー記事が一番分かりやすく、いい感じだったんでお薦めしておきます。
→余談だが「Wink up」、男性にとっては、女性ファッション誌よりも立ち読みするのが恥ずかしい雑誌かも…笑)

という事で、アーティスト側から、このアルバムはこういうアルバムです、という答えを言っているので、もうファン側としては何も言う事はない…
という立場をとってもいいんですが、

ファーストアルバム「RATATATTAT!」が、こういうバラエティに富んだ内容になった経緯について、これも外せないだろう、と思った事をとりあえず書いてみようと思います。

最初に答えをいうと、このアルバムの内容に影響を与えているのは他でもありません。

一つ目は、「Yippee Yippee Shake!」。
(昨年、2007年9月~11月の3回にわたって渋谷CHELSEA HOTELで行われたピストルバルブ マンスリーライブ )

二つ目は、ピスバルがレコーディングとプロモーションビデオで参加している、
昨年2007年9月に発売された、
Acid Black Cherry(以下ABC)の「Black Cherry」です。

●まず、マンスリーライブ 「Yippee Yippee Shake!」は、ロックな楽曲を中心にセットリストが組まれたライブで、洋楽や邦楽のロックのカバーを次々と披露。

ピスバルにカバーして欲しいロックな楽曲をお客さんからリクエストを受け付けたりもしていたんですが、
結果、ジェニさんのロックなヴァイオリンソロが素晴らしかった「ハイウェイスター」(ディープパープル)を始め、ピスバルらしいアプローチでアレンジされた珠玉のロックなカバーナンバーが披露され、非常に見応えと聴き応えのあったライブだったと思っています。

●そして、ABCの「Black Cherry」。

こちらもABCの楽曲ではありますが、ピスバルは音源やPVに参加して、そのハードでクールな世界観(←「ワイルドでセクシー」、が正しいかな?)を作るのに一役も二役も買い、結果、「Black Cherry」はピスバルが参加している楽曲の中では最高順位のオリコン初登場2位を獲得。

もちろん、Acid Black Cherryというアーティストの元々の実力ではあるのですが、ピスバルにとってもエポックメイキングとなった重要な楽曲だと思っています。

(個人的には「Black Cherry」は2007年のピスバルのベストワークの中の一つだと思っていて、かなり高く評価しています。可能であれば、ABCのyasuさんにピスバル用に曲を書き下ろしてくれないかなあ~と思ったりもしてます。まあ難しいでしょうけどね)

●で、この二つ、
「Yippee Yippee Shake!」と「Black Cherry」
にピスバルが関わっていた時期って、おそらく、ファーストアルバム「RATATATTAT!」の準備期間、またはレコーディング期間とかぶってる筈なんですね。

ロックな曲を披露するといったコンセプトのライブ「Yippee Yippee Shake!」、

そして去年発売されたピスバル(絡み)の楽曲の中で一番ハードで大人っぽいロックナンバーだった「Black Cherry」。

ピストルバルブのロックに対する試みが、それぞれ、ある一定の成果を持って達成されたわけです。

となると次に発表されるアルバムについては、また違うアプローチがされるのも、まあ必然かなといった感じですよね。

という事で、ファーストアルバム「RATATATTAT!」に今までのピスバルの楽曲と若干方向性が違うような実験的な要素(ジャズ、テクノ、バラード風なポップスetc…)が多く詰まっているのは、こういう背景もあるのではないかと思った訳です。

私、前にファーストアルバム「RATATATTAT!」は、「ピスバルの『現在・過去・未来』が詰まったアルバムだと言ったんですが、そういう意味では『現在・過去・未来』の全てが詰まっているとは言えないのかも知れないですね…
(別に何かケチをつけてる訳ではなくて、「RATATATTAT!」というアルバムはとても素晴らしいけど、現時点でのピスバルのすべてが詰まっている訳ではないという、ただそれだけのことです)
そういった他の楽曲やライブも含めてチェックしたうえで、今後のピスバルをこれからも見守っていこうと管理人は考えています。

もし、今までピスバルを知らなかった、または最近知ったという人の中で、ファーストアルバム「RATATATTAT!」が最初に買ったピスバルのCDだという人(意外と多い気もする)は、そういった背景も考えつつ、これからピスバルワールドにどっぷりハマっていっていただければ幸いだなあと思います。



という事で、今回はこれまで!

次回は、ファーストアルバム「RATATATTAT!」の楽曲の個別の感想とかを、また少し書こうかなと思ってます。まあ気長にお待ちください☆

ではでは、PEACE OUT~!☆


  • »
↑
<!-- [FC2 Analyzer] -->
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。